「 CULTURE 」一覧

伝統工芸好きは必見!工芸品を取り扱うテレビ番組4選

伝統工芸好きは必見!工芸品を取り扱うテレビ番組4選

CULTURE

伝統工芸に関する情報は、書籍やインターネットでも集めることが出来ます。 しかし、映像で見ることが出来るテレビは、やはり感動の度合いが大きいですよね。 そこで…

男も惚れる格好良さ!幕末の志士、高杉晋作

男も惚れる格好良さ!幕末の志士、高杉晋作

CULTURE

400年続いた江戸時代に終止符をうち、明治という新しい時代を切り開く。 そんな激動の幕末時代を生きたのが、高杉晋作です。 高杉が仕えたのは、反幕府勢…

艶やかさに視線も心も釘付けに…一度は見たい都踊りと花街の風情

艶やかさに視線も心も釘付けに…一度は見たい都踊りと花街の風情

CULTURE

Cherry dance in Kyoto; 京都、 都をどり 5 / Nullumayulife 修学旅行などで京都に行くと、偶然芸妓さんを見かけて一緒に写…

舞妓さん、芸妓さんとお座敷遊び~受け継がれてきた大人の遊びの文化とは

舞妓さん、芸妓さんとお座敷遊び~受け継がれてきた大人の遊びの文化とは

CULTURE

ちょっと敷居が高いイメージのあるお座敷遊び。 でもあの美しい舞妓さんや芸妓さん達と一緒に飲むのは「大人の贅沢な遊び」であり、憧れる人も多いのではないで…

四季の花〜春編〜季節の花25選

四季の花〜春編〜季節の花25選

CULTURE

百花繚乱の春は、様々な花が咲き乱れる季節です。 花を見ていると、癒されるのはなぜなんでしょうか。不思議ですよね。 今回は「四季の花 春編」として、春の主…

日本の美を愛した文豪、川端康成

日本の美を愛した文豪、川端康成

CULTURE

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。 あまりにも有名な上記の文は、川端康成の小説「雪国」の冒頭の一節です。 日本ペンクラブ…

江戸しぐさとは?現代にこそ見直したい江戸の知恵、江戸しぐさで心豊かに!

江戸しぐさとは?現代にこそ見直したい江戸の知恵、江戸しぐさで心豊かに!

CULTURE

江戸時代、当時世界で一番人口の多かった都市をご存知でしょうか。 それは、”江戸”。 人口の多い江戸の街で、みんなが快適に過ごすには、様々なマナーや工夫が…

障子は日本の建築文化の象徴~心身を健康に保つ障子の秘密とは?

障子は日本の建築文化の象徴~心身を健康に保つ障子の秘密とは?

CULTURE

日本の建築文化の象徴とも言える障子。 襖と共に和室を引き立て、重厚感や荘厳な雰囲気を醸し出ている障子もあります。 見た目の美しさだけではなく、様…

春の訪れを告げる梅の花~食用や薬としても大活躍する梅のエピソード

春の訪れを告げる梅の花~食用や薬としても大活躍する梅のエピソード

CULTURE

桜ほど艶やかではないものの、その奥ゆかしさや香りに魅せられる人も多い梅の花。 春告草という別名を持ち、春の訪れを一番早く感じさせてくれる花でもあり…

花見は心の文化~昔から日本人が桜を愛でる花見とは

花見は心の文化~昔から日本人が桜を愛でる花見とは

CULTURE

春と言えば桜、桜と言えば花見。 桜を愛する心は日本人の伝統文化のひとつです。 花見は奈良時代の貴族が始めたイベントという説が有力で、最初は桜…

出会いと別れの季節…今、卒業式を思い出してみませんか?

出会いと別れの季節…今、卒業式を思い出してみませんか?

CULTURE

春は出会いと別れの季節。三月の行事といえば卒業式ですね。 街で袴姿の卒業生を見かける機会も増える時期です。 今回は、誰もが必ず経験したことのある「卒業式…

一幅の掛け軸、一輪の花、ちょっとした思いやりに~おもてなしの心が表れる

一幅の掛け軸、一輪の花、ちょっとした思いやりに~おもてなしの心が表れる

CULTURE

日本の家に昔からある和室。 畳や障子、襖などの風情に落ち着きを感じる人も多いですよね。 近年はあまり重要視されなくなりましたが、和室には必ず…

何歳になっても祝いたい!女性だけの行事・ひな祭り

何歳になっても祝いたい!女性だけの行事・ひな祭り

CULTURE

3月3日はひな祭り。子どもだけのものと思っていませんか?長い歴史があり、伝統的工芸品としての見どころもある行事、子どもだけのものにしてはもったいないです…

日本の伝統の代表格・茶道~ひとつひとつの道具に心を込めて

日本の伝統の代表格・茶道~ひとつひとつの道具に心を込めて

CULTURE

お茶を飲む習慣は平安時代に遣唐使によってもたらされ、千利休が完成させたとされる「侘茶」は安土桃山時代に流行しました。 侘びとは「貧しい中にも心の落…

もうすぐ節分!今年はちょっと伝統的な節分にしてみませんか?

もうすぐ節分!今年はちょっと伝統的な節分にしてみませんか?

CULTURE

2月3日は節分です。子どもの頃の節分といったら「鬼はーそとー、福はーうちー」の豆まきが思い浮かびましたが、今では恵方巻きを真っ先に思い出す人も多いのでは…

1 2 3 4 5