2016年話題になった伝統工芸業界ニュースを総復習!

2016年も様々な動きがあった、伝統工芸業界。
四季の美でも、サイト上の記事のほか、TwitterFacebookでも様々なニュースをご紹介してきました。

そこで今回は、今年話題になった伝統工芸に関するニュースの中から主なものをピックアップして振り返りたいと思います。

【目次】
1.有田焼400周年事業
2.職人男子発売
3.女性職人シンポジウムの開催
4.三井ゴールデン匠賞の創設
5.こけしブーム
6.真っ赤なカープ仏壇登場
7.グーグル「Made in Japan:日本の匠」を公開
8.様々なアニメと工芸品のコラボ
9.北斎美術館オープン
10.まとめ

1.有田焼400周年事業

2016年で創業400年を迎えた有田焼。
これを記念し、2013年度から4年間に渡って17の「400年事業」を推進しています。

節目の400周年を迎えた今年は、海外の展示会への出展や複数企業合同の新ブランド開発など、次の400年に向けた様々な事業を展開しました。
事業は今後も継続されていく予定です。

2.職人男子発売

伝統工芸に従事する若手男性職人を紹介する「職人男子」が2015年12月24日に発売されました。
”佐川男子”や”書店男子”などと同様、若手の伝統工芸職人にも注目が集まりました。

3.女性職人シンポジウムの開催

伊勢志摩サミットの開催に合わせ、各国の政府関係機関、女性職人達が一堂に会し、シンポジウムが行われました。
近年、伝統工芸の職人の中で女性職人が占める割合が伸び始めており、業界の活性化をひっぱる存在になっています。

4.三井ゴールデン匠賞の創設

プロ野球のゴールデン・グラブ賞の主催としても有名な「三井広報委員会」が、日本の伝統文化に革新的なアイデアを取り入れて発展させた個人・グループを表彰する「三井ゴールデン匠賞」を創設しました。
贈賞式が3月29日に行われ、第一回のグランプリが高岡銅器の能作に決定しました。

5.こけしブームの加速

こけし
近年、こけしが再び脚光を浴びています。
特にこけし好きの女性を「こけ女(こけじょ)」と呼ぶなど、女性を中心にじわじわとブームが広がりました。

様々なこけし関連の新商品も発表され、様々なメディアでも取り上げられています。

関連記事:第三次ブーム到来!こけし好き女子、通称こけ女が急増中。全国こけし祭り情報も!

こけし缶

こけし缶
出展:しまぬき

仙台の民芸品店「こけしのしまぬき」が発売した「こけし缶」が大ヒットとなりました。
5センチ程の小さなサイズのこけしと、こけしを作る際に出た木くずを緩衝材として詰めた可愛らしい缶で、発売早々に完売。
友人へのプレゼントとして買われる方も多いそうです。

防災明かりこけし

防災明かりこけし
出展:しまぬき

普段はこけしとして飾りながら、地震などで倒れると自動でライトが点灯する防災明かりこけしが発売。
アイデアグッズとして複数のウェブメディアなどで取り上げられています。

こけス

こけし+チェスで、こけス。
ルールはチェスそのままに、駒をこけしにするというこのアイデアは青森の黒石商業高校の生徒が考案し、「新 東北みやげコンテスト」で入賞したことで話題になりました。

6.真っ赤なカープ仏壇登場

カープ仏壇
出展:木原仏壇

プロ野球の広島カープが25年ぶりのリーグ優勝を果たした2016年。
リーグ優勝によって大変な盛り上がりとなった一方、真っ赤なカープ仏壇も話題になりました。
この仏壇は自身もカープファンである木原仏壇の木原さんが開発したもので、カープ躍進の波に乗って様々なメディアで取り上げられました。

7.グーグル「Made in Japan:日本の匠」を公開

Googleが日本の伝統工芸を紹介するコンテンツ「Made in Japan:日本の匠」を公開しました。
日本の美しい工芸品を高画質で鑑賞する事ができ、歴史や製作工程も学ぶことが出来るコンテンツになっています。

8.様々なアニメと工芸品のコラボ

近年盛り上がりを見せる日本の伝統工芸とアニメのコラボですが、2016年も様々なコラボが行われました。

animejapan2016で発表されたコラボ一覧

  • アイドルマスター シンデレラガールズ×岐阜和傘
  • あらいぐまラスカル×香川漆器
  • おそ松さん×京友禅
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ×京くみひも
  • 装甲騎兵ボトムズ×信楽焼
  • 刀剣乱舞-ONLINE-×玉虫塗
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝×伊賀焼
  • Fate/Grand Order×金沢箔
  • 文豪ストレイドッグス×甲州印伝

また、今年大ヒットとなった映画「シン・ゴジラ」と「君の名は。」にも伝統工芸品が登場し、話題となりました。

シン・ゴジラでは、作中の首相が秋田県出身の設定ということで執務室に様々な秋田の工芸品が飾られました。

また、「君の名は。」では作中に重要なアイテムとして伊賀くみひもが使われたことから、組紐の販売店に注文が殺到。
公式の組紐グッズが発売される事が発表されると、多くの予約によって予定の納期が遅れる程の人気となりました。

9.北斎美術館が墨田区にオープン


2016年11月22日、東京都の墨田区に「すみだ北斎美術館」がオープンしました。
オープン時より大勢の人が来館し、浮世絵、そして北斎人気の高さが話題になりました。

関連記事:北斎美術館が墨田区にオープン!注目は幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」

10.まとめ

いかがでしたでしょうか。
様々な動きがあった2016年。

訪日観光客の増加、東京オリンピックなど伝統工芸が注目される機会も増えており、2017年も更なる盛り上がりが期待されます!


シェアする

フォロー

Twitterアイコン画像
googleplusアイコン画像
feedlyアイコン画像
follow us in feedly
RSSアイコン画像
RSS

関連