海水浴はいつから始まった?最初はレジャーじゃなかった海水浴・・・日本人と海の歴史

海水浴はいつから始まった?最初はレジャーじゃなかった海水浴・・・日本人と海の歴史

TRIP

夏のレジャーと言えば海水浴。 泳ぐことだけに限らず、砂遊びや磯釣り、サーフィンやボディボード、最近ではフライボードなど、楽しみ方もいろいろあります。 …

笹飾りに願いを込めて。たなびく吹き流しに心奪われる仙台七夕まつり

笹飾りに願いを込めて。たなびく吹き流しに心奪われる仙台七夕まつり

CULTURE, TRIP

写真提供:仙台七夕まつり協賛会 杜の都仙台を彩る色とりどりの吹流し。 400年の歴史を誇る江戸風の七夕まつりは「たなばたさん」として仙台っ子に親しま…

お盆の時期が地域によって違うのはなぜ?歴史やお供え物からお盆を知ろう

お盆の時期が地域によって違うのはなぜ?歴史やお供え物からお盆を知ろう

CULTURE

都市部に住む人たちが一斉に地元へ向かう「帰省ラッシュ」が起こるのは正月、そしてお盆の時期です。 親戚の家に集まったり、お墓参りをしたり。「お盆休み」という…

土用の丑の日、2017年はいつ?興味深い由来や風習を紹介します

土用の丑の日、2017年はいつ?興味深い由来や風習を紹介します

FOOD, CULTURE

夏になると、スーパーマーケットの店頭に「土用の丑の日」のキャッチコピーとともにウナギが並びます。 そもそも土用の丑の日とは、何の日でしょうか。 なぜウナ…

ねぶた祭りは見てよし、踊ってよし。雪国の夜を焦がす巨大燈籠とじょっぱり魂

ねぶた祭りは見てよし、踊ってよし。雪国の夜を焦がす巨大燈籠とじょっぱり魂

CULTURE, TRIP

青森の夏といえば「ねぶた祭」。毎年8月2日から7日にかけて行われ、300万人の人出を誇ります。 曳き回される巨大燈籠ににぎやかな音楽、「ラッセラー」の威勢…

房州うちわに京うちわ、丸亀うちわ…日本の夏にかかせない日本三大団扇

房州うちわに京うちわ、丸亀うちわ…日本の夏にかかせない日本三大団扇

CRAFT

夏になると自宅で、お祭りで、BBQなどでも活躍する「うちわ」。 今では「扇ぐ」ことに使っていますが、その昔うちわは翳したり祓ったりして、儀式や占い、祈願や…

東京都内で浮世絵が買えるお店一覧と情報まとめ

東京都内で浮世絵が買えるお店一覧と情報まとめ

TRIP

テレビや雑誌などのメディアでもよく取り上げられる、浮世絵。 興味を持って本を読んだり、美術館や博物館によく行くという方も多いと思います。 浮世絵は、もと…

浮世絵関連の美術館、博物館一覧まとめ

浮世絵関連の美術館、博物館一覧まとめ

TRIP

江戸時代に庶民の娯楽として広まった浮世絵。 人気の歌舞伎役者の浮世絵や、行ったことのない場所が描かれた風景画などを見て楽しんでいたそうです。 そこで…

もっと気軽に、そして自由に!暮らしの中に華道を取り入れよう

もっと気軽に、そして自由に!暮らしの中に華道を取り入れよう

CULTURE

「池坊」「小原」「草月」の三大流派を筆頭に、全国に2,000から3,000もの流派があるという華道。 もし「華道は難しい」「しきたりが多くて敷居が高い」と…

盆栽からBONSAIへ 日本の伝統を受け継ぎながらアートとして楽しむ海外のファンが急増中

盆栽からBONSAIへ 日本の伝統を受け継ぎながらアートとして楽しむ海外のファンが急増中

CULTURE

「盆栽」と聞くと、「なんだかむずかしそう」というイメージをお持ちではないですか? 今や「盆栽」は「BONSAI」となって、世界中に人気が広まり、盆栽目当て…

万祝(まいわい)~日本の染め物文化のもうひとつの姿~

万祝(まいわい)~日本の染め物文化のもうひとつの姿~

CRAFT

日本古来から染め物と聞くと、淡い色使い、あるいは屏風絵のような繊細な図柄をイメージされる方が多いと思います。 しかし、これは染め物文化の一面だけを切り取っ…

日本民藝館で用の美を感じる〜柳宗悦と民芸〜

日本民藝館で用の美を感じる〜柳宗悦と民芸〜

TRIP, CRAFT

伝統的工芸品は、日常の生活に用いる日用品であると同時に、目で楽しむ・使って楽しむ身近な美術品という一面もあります。 このような伝統的工芸品の美術的側面に焦点を…

生きた染料、日本の藍染めの魅力と伝統

生きた染料、日本の藍染めの魅力と伝統

CRAFT

藍色、紺色、浅葱色…藍四十八色という言葉があり、明治時代に日本を訪れた外国人からジャパンブルーとも呼ばれたほど、私たちにとって特別な色、藍。 決して声…

こぎん刺し〜手作りもできるレトロ可愛い伝統工芸

こぎん刺し〜手作りもできるレトロ可愛い伝統工芸

CRAFT

家庭科の授業で、刺繍をした経験はありませんか? 今回ご紹介する伝統工芸は「こぎん刺し」。 無地の布に伝統的な柄を刺繍していく、きっと一度は見たことのある…

銅鐸から曲がる金属まで?高岡銅器の魅力に迫ります

銅鐸から曲がる金属まで?高岡銅器の魅力に迫ります

CRAFT

富山県の高岡市で主に生産されている工芸品、高岡銅器。 曲がる金属として話題の錫製品など、様々な製品を生産する高岡銅器の魅力をご紹介します。 【目次】…

1 4 5 6 7 8 9 10 13