伊豆の中でも人気の観光地・伊東市~絶景スポットや温泉、史跡が楽しめるエリアへ

【目次】
1.背伸びせずに陶芸を楽しめる「MONO FACYORY」
2.高級な木材と職人の繊細な技術が堪能できる「東海館」
3.七つの幸福が授かると伝えられる「伊東温泉七福神めぐり」
4.歴史ある伊東の温泉
5.海を見ながらくつろげる「道の駅 伊東マリンタウン」
6.山全体が国の天然記念物「大室山」
7.絶壁が連なる雄大な景色の「城ヶ崎海岸」
8.もちろん海も美しい伊東の海水浴場
9.伊東を贅沢に堪能しよう

背伸びせずに陶芸を楽しめる「MONO FACYORY」

オーナーの中島誉史男さんは法政大学を卒業後、不動産業界で活躍しながらも「気付いたら退職届を出し、知人の陶芸家に師事し兵庫県姫路へ」というプロフィールの持ち主。
初めての陶芸は学生時代に行った丹波焼きの工房で、その後も趣味で陶芸は続けていたとのこと。
趣味だと思っていた陶芸が、「人生はつまらない、虚しい」と感じていた中島さんの意識を変えることに繋がったんですね。

「もっとより多くの人にとって器づくりを身近なものにしたい」
「土の感触やモノ作りの楽しさをより多くの人に伝えたい」
「それ以上引くことも付け足す必要もないそんなシンプルな器を作りたい」
「流行を追うのではなく50年後、100年後に生き続け残る器を作りたい」
「より多くの方に手仕事の器のもつ良さを届けたい」
これがぼくが陶芸をしている理由です。
一般的な陶芸の敷居の高さを取り除きたい 
そんな風に思っています

これが「MONO FACTORY」オーナーの中島さんのコンセプト。
陶芸をする人に限らず、共感できると思う人は多いのではないでしょうか。
「MONO FACTORY」の業務内容は、陶芸教室や陶器の受注製作卸し、通信販売業務、釉薬の調合販売、イベントの企画運営、投資業務、名刺等のデザイン、WEBサイトの制作と多岐に渡っています。

販売されている商品にはティーポット、急須、マグカップ、お皿、ボウル、徳利、一輪挿し、表札、そして土偶のレプリカまで様々なものがあります。もちろんオーダーメイドも受け付けています。
そして人気があるのが陶芸体験。料金等は次のようになっています。

陶芸体験

[60分コース]
3,240円 1ヶ  A5サイズ 手びねり…土600g
[100分コース]
3,900円 2ヶ  A4サイズ 手びねり…土1,000g
上記どちらのコースもオプションにて時間延長、追加焼成(サイズ変更)、釉薬のセレクト、配送、取っ手付け加工、装飾等も可。
初心者や子どもの場合は説明しながら少しずつ作っていくので安心。
電動ロクロは使い放題となっています。
無料で貸し出してもらえるエプロンがあるので、手ぶらで気軽に陶芸体験ができます。
観光がてら、ぶらりと立ち寄って、「MONO FACTORY」で土の感触を楽しんでみてはいかがでしょうか。

住所 静岡県伊東市富戸1020-648
電話 0557-51-6877
定休日 月曜日と火曜日(月曜日は時々営業)
営業時間 10時から19時
HP http://monofactory31.com/

高級な木材と職人の繊細な技術が堪能できる「東海館」

東海館の画像
昭和3年に庶民の温泉宿として開業した東海館。廊下や階段、客間の入り口など館内の随所に職人たちの手工を凝らした建築美、桧や杉などの高級な木材や変わった木々をふんだんに用いた美しい和風建築を堪能できます。

平成9年に70年近く続いた旅館の歴史に幕を下ろしましたが、保存要望が強かったことから伊東市に寄贈されることになりました。昭和初期の旅館建築の代表的な建造物であることから、その文化財的価値が認められ、伊東市の文化財に指定されています。

住所 伊東市東松原12-10
電話 0557-36-2004
休館日 第三火曜日(祝祭日の場合は翌日休館)
営業時間 9時から21時
料金 大人200円(150円) 子ども100円(50円) ()内は団体料金

入浴について

利用可能日 土曜日、日曜日、祝祭日
時間 11時から19時まで(男性11時~12時45分、15時~16時45分 女性13時~14時45分、17時~19時 都合のより変更になる可能性あり)
入浴料金 大人500円 子ども300円
HP http://itospa.com/feature/tokaikan/index.html

七つの幸福が授かると伝えられる「伊東温泉七福神めぐり」

七福神の安置されている寺社を巡拝する「七福神巡り」。水難、火難、盗難など7つの災害が除かれ、生命財産が守られて、七つの幸福を授かると言われています。
伊東の風光明媚な景色を楽しみながら、幸せを手にしてみませんか。

恵比寿神 新井神社

伊東港や魚市場を見下ろし、遠くに相模湾を望む高台にある神社です。
豊漁・豊作の神としても知られています。

住所 伊東市新井2-15-1
電話 0557-37-5555

大黒天神 海上山 朝光寺

帝釈天、鬼子母神、七面堂には七面大明神が祀られています。その七面堂の垂木は「四方垂木」と呼ばれる大変珍しいもので、文化財として保存されるぐらいの価値があります。また山門を入った右側には、樹齢200年といわれるツツジの木があります。

住所 伊東市岡416-1
電話 0557-37-2278

毘沙門天王 海光山 仏現寺

古来より厄除け祖師として仰がれ、病人の病気平癒祈願にも訪れる人が多くなっています。
「天狗の詫び状」と伝えられてきた判読不能の巻物があることでも知られています。日本三大句碑のひとつ荻原井泉水の句碑もあります。

住所 伊東市物見ヶ丘2-30
電話 0557-37-2177

弁財天 桃源山 松月院

その名の通り立派な松が植えられ、庭園には珍しい早咲きの彼岸桜をなど、「桜寺」の別名にふさわしくいろいろな種類の桜を見ることができます。眺望もよく、伊東温泉を一望にできる絶景スポットでもあります。

住所 伊東市湯川377
電話 0557-37-2691

寿老神 宝珠山 最誓寺

蛭ヶ小島に配流となっていた源頼朝と、伊東祐親の娘八重姫の一子であった千鶴丸。その子の存在が祐親の怒りに触れ淵に流され亡くなったことから、供養のために八重姫が建立したと言われています。

住所 伊東市音無町2-3
電話 0557-37-3752

布袋尊 東林寺

伊東祐親の嫡子河津三郎祐泰は、同族の怨みを受け不慮の死を遂げてしまいます。祐親は息子の菩提を弔うため東林院殿寂心入道と称し、その法名に因んで久遠寺という名称から東林寺に改称、伊東家代々の菩提寺となっています。

住所 伊東市馬場町2-2
電話 0557-37-3416

福禄寿 水東山 林泉寺

本堂に向かって左側には、文化年間に作られたとされる一刀彫の三十三体観世音菩薩および薬師如来が奉祀されています。また境内を埋めるほどの藤の花は県の指定文化財になっており、その花の長さは最長で1.5mに達するほど。4月下旬から5月上旬頃が見頃です。

住所 伊東市荻90
電話 0557-37-7804

歴史ある伊東の温泉

伊東温泉の画像
伊東市の温泉の開湯は平安時代と歴史が古く、3代将軍徳川家光に献上されていたと伝えられています。
明治時代の末期から手掘りではなく機械掘りへと進化したことで源泉の数が急増。
その豊かな湯量は静岡県内で一番の量を誇っています。

伊東温泉の泉質は「単純泉」と「弱食塩泉」が中心。単純泉とは肌に優しいさらりとしたお湯で、刺激が少ないため乳幼児から高齢者まで安心して入浴できます。
またリウマチ、脳卒中の回復期、骨折や外傷、病後の回復期などに効果があると言われています。
弱食塩泉とは温泉水1kgに食塩が1g以上5g未満を含んでいて、保温効果が高く血行を促進させる効果があります。

こちらも刺激が少ないため乳幼児から高齢者まで入浴できます。
慢性関節リウマチ、手足の冷え、打撲傷、捻挫、外傷や火傷などに適しています。
温泉に入れる施設は旅館やホテルに限らず、民宿やペンション、昔ながらの共同浴場などでも利用できます。
更に市内各所には足湯や手湯もあり、散策の途中で気軽に立ち寄れる人気のスポットにもなっています。

伊東と言えば、やはり温泉。
日帰り入浴が可能な施設も増えているので、いろいろなお風呂を楽しんでみるのもオススメです。
日帰り入浴が可能な施設の情報については、こちらをご覧下さい。
→ 
http://itospa.com/spa/daytrip_ok/

海を見ながらくつろげる「道の駅 伊東マリンタウン」

伊東マリンタウンの画像
遊覧船や温泉、レストラン、おみやげ店などが一度に楽しめる施設「道の駅 伊東マリンタウン」。
観光案内所では周辺の観光スポット、観光施設の前売り券販売、宅急便の手配、また交通情報なども提供しています。

遊覧船

イルカ型の「はるひら丸イルカ号」と海賊船をイメージした「ゆ~みんフック」が運航しています。どちらも半潜水式海中展望船で、伊豆の海を海中と海上から楽しむことができます。
 [料金]
「はるひら丸イルカ号」 大人1,600円 中高生1,200円 小人800円
「ゆ~みんフック」   中学生以上1,600円  小人800円
所要時間:約45分

温泉

海を見ながらゆっくりくつろげる「シーサイドスパ」。地下1,000mから湧き出る温泉です。
海が一望できる階段状の大浴場と露天風呂、ドライサウナやアロマバスもあります。
料金:

大人(中学生以上) 子ども(3歳以上)
朝湯(5:00~10:00) 540円(1,000円) 270円(540円)
通常営業(10:00~22:00) 1,000円(1,500円) 540円(750円)
ナイト(18:00~22:00) 860円 430円

()内は年末年始、GW、お盆などの特定日料金

レストラン

新鮮な海の幸や希少価値の高いブランド牛・伊豆牛を使ったメニューなどが味わえるレストラン。
お寿司に麺類、定食やピザ、スイーツなど充実したメニューが揃っています。

伊豆牛&海鮮レストラン 海辺の食卓

年間120頭とわずかしか流通しない伊豆牛。その伊豆牛を使ったプレミアムハンバーガーが復活。
限定食なのでお早めに!更にここでは伊豆鹿の肉を使った伊豆鹿丼、伊東の近海で揚がった地金目を使用したお茶漬け、駿河しらすてんこ盛りパスタなどのメニューも楽しめます。

伊豆高原ビール 海の前のカフェレストラン

伊豆高原ビール創業当時当時のイタリアンメニューをはじめ、新鮮な魚介がたっぷり詰まった見た目もゴージャスな丼ぶり・漁師の漬け丼、194円から食べられるリーズナブルなサザエのつぼ焼きなど和洋折衷のメニューが楽しめます。

このほかにも「生わさびチョコ」、「香りの静岡」といった地元ならではのメニューが味わえる「海を見ながら食べると幸せになれるアイス」。あさりがたっぷり入ったラーメンやさざえごはんが食べられる「らぁめん じゃんまりん」。
片手で気軽にバリバリ食べられる揚げ干物3枚をカップに詰めた伊豆カップグルメが注目を浴びている「伊豆中ばんばん食堂」など、ここでしか出会えない新鮮食感を堪能できます。

おみやげ

伊東のおみやげでも人気が高い、くせになる味「磯丸」の磯キムチ。
地サイダーやしずおかコーラが人気の「祇園」。
骨なしの干物や金目のみそ漬け、姿煮など海の幸が楽しめる「伊豆中」。
伊豆の銘茶・ぐり茶を使った伊東ブランドのぐり茶プリンが人気の「いっしん」など、幅広い世代に人気のおみやげが揃っています。

名称 道の駅 伊東マリンタウン
住所 伊東市湯川571-19
電話 0557-38-3811
HP http://ito-marinetown.co.jp/

山全体が国の天然記念物「大室山」

大室山の画像
標高580mの休火山で、お椀を伏せたような柔らかなシルエットが美しい大室山。
単成火山の典型例として2010年に国の天然記念物に指定されました。山頂からは相模湾に浮かぶ大島、伊豆七島、天城連山、更に富士山、箱根へと続く山並みを眺めることができます。

春には麓の「さくらの里」の桜が咲き誇り、秋には山を覆うススキの穂が銀色になびく、四季折々の風情豊かな景色を楽しめます。
また噴火口を周回する「お鉢めぐり」は約1kmの道のりとなっており、遮るものがない絶景をゆっくり眺めながら散策できます。

毎年2月の第2日曜日には、山の保全と良質なカヤを採取するために始まったとされる山焼きが行われています。700年以上の歴史を持つこの山焼きは、伊豆の春を告げるイベントとしても人気が高く、毎年多くの観光客が訪れています。
大室山は山全体が国の天然記念物に指定されているため、保護の観点から徒歩での登山は禁止されており、山頂まではリフトを利用して往復します。

リフト料金は中学生以上が往復500円、4歳以上が250円となっています。
元旦のみ朝5時40分から営業を行っており、山頂でご来光を眺めることも可能となっています。
大室山リフトHP:
http://omuroyama.com/home/
山頂の売店には地元のおいしい牛乳や手作りのまんじゅうや団子、軽食、おみやげや記念になるオリジナル商品等を販売しています。
またすり鉢状の噴火口跡には、8台のターゲットを備えたアーチェリー場があります。
初心者から上級者まで気軽に楽しめるようになっています。
アーチェリー料金(1時間)
入場料(見学も含む):中学生以上600円  4歳以上400円
道具代(弓・矢5本):1式400円

絶壁が連なる雄大な景色の「城ヶ崎海岸」

城ヶ崎海岸の画像
大室山が約4,000年前に噴火したときに溶岩が海に流れ出し、波の浸食によって削られて出来た9kmにわたる雄大な溶岩岩石の海岸です。
その海岸線は絶壁が連なっており、幾重にも深く入り組んだ岩礁、それが岬から岬へと続く眺めはまさに壮観と言える景色になっています。

また遊歩道では城ヶ崎海岸一帯に自生するアジサイやスカシユリ、イソギクやツワブキといった季節の花々を見ることができます。
城ケ崎海岸にはピクニカルコース(全長約3km)という人気のハイキングコースもあり、のんびり歩いて90分、幕末頃の砲台跡や門脇吊橋など見どころ満載の散策が楽しめます。

門脇灯台

昭和35年に建設された灯台ですが、平成7年に展望台付きの灯台に改築されました。
地上17mの高さに収容人員30名の第一展望台、地上4mに収容人員60名の第二展望台があり、天気が良ければ伊豆七島や天城連山の峰々を望むことができます。

門脇吊橋と橋立吊橋

門脇吊橋は高さが23m、長さが48mの吊橋で、ぼら納屋と海洋公園間のハイキングコースの中間点にあり、城ヶ崎海岸の人気スポットとなっています。
断崖絶壁に架けられた吊橋から見る景色の美しさ、そして下に目を向けた時のスリル感はなかなか他では味わえないでしょう。
一方の橋立吊橋は門脇吊橋から5kmほど南下した場所に架けられた吊橋で、その高さは18m、長さは60mに及びます。
門脇吊橋に比べると駐車場からのアクセスが少し悪いせいなのか、観光客もまばらですが、その分ゆっくりと城ケ崎海岸の美しい風景を楽しむことができます。

もちろん海も美しい伊東の海水浴場

フェニックスが揺れ南国ムードが漂うビーチで、水着のまま濡れて戻って入れる温泉が魅力の「伊東オレンジビーチ」。
相模湾が目の前に広がる遠浅の「宇佐美海水浴場」。玉石の海辺と透き通る静かな海が自慢の「川奈海水浴場」。
このほかにも「川奈いるか浜公園」、「赤沢海岸」など、伊東の美しい海での海水浴や磯遊びを堪能できます。

伊東を贅沢に堪能しよう

都心からもそう遠くない為、観光地としても人気が高い伊東市。
美しい海と雄大な絶壁が広がる海と、四季折々の豊かな自然にあふれる山、伊東祐親ゆかりの史跡など幅広い世代が楽しめるエリアとなっています。
海の幸や山の幸を味わい、ゆっくり温泉に浸かって、様々な体験にもチャレンジしながら、伊東を贅沢に堪能してみませんか?






シェアする

フォローする

関連