若手大神楽師の募集ー芸能入門者公募ー|古典芸能の後継者|伊勢大神楽講社 山本勘太夫社中の求人募集情報

Sponsored
求人情報トップへ戻る

詳細情報

求人名若手大神楽師の募集ー芸能入門者公募ー
事業所名伊勢大神楽講社 山本勘太夫社中
住所三重県桑名市
募集状況募集終了
仕事詳細伊勢大神楽とは ~旅する神楽~

450年の歴史を持つ古典芸能「伊勢大神楽」の大神楽師を募集しております。伊勢大神楽とは、一年を旅の空に過ごしながら西日本各地を巡行する神楽職です。古来より定められた巡業日程に沿って町から町へ・家から家へと神楽を奉納して回ります。※勤務地: 三重県とありますが99%が地方巡業となります。

現代の若者たちが伝統を受け継ぐ"山本勘太夫社中"への配属

また、この度の募集による配属先は国指定重要無形民俗文化財の指定団体である"伊勢大神楽講社"山本勘太夫社中となります。江戸時代より活動が続く歴史ある社中でありながら、現在は若手への世代交代を進めており、キャリア2年~10年の若手が多数在籍しております。

山本勘太夫社中 公式サイト→http://www.kandayuyamamoto.jp

Youtube公式チャンネル→https://www.youtube.com/watch?v=4vXZj0Mwavk

日本文化が世界的に再評価される現代だからこそ選ぶべき古典芸能の伝承者。現職大神楽師の9割が入門時点で音楽・舞踊など未経験。

現在、伊勢大神楽講社に所属する大神楽師は約40名となっておりますが、9割は入門後に各職能の稽古を開始し経験を積んでいます。

舞踊など縁がない・楽器の演奏など初めて・運動経験が殆ど無い

現職の大神楽師の多くは「多くの人と出会う賑やかな仕事に就きたい。何か一つの事に打ち込む職人に憧れて」など、誰もが持つ小さな興味から伊勢大神楽の世界へと飛び込んできました。入門後から長い年月を掛け稽古を積み、実際に大神楽師の職に従事する過程で、自身なりに目標や目的を見つけ皆、成長していくのです。

現職の大神楽師から一言

普通の会社勤めに楽しみを見つける事ができず、自分自身が楽しみや目標を見つけられる仕事の方が良い。当初はそれだけの理由で入門しました。仕事にやりがいを求める方、職人が工芸品を磨き上げるが如く、生涯を通じ一つの物事を突き詰める喜びが感じられる方にはピッタリの職業と感じます。

永い年月を掛けて技量を磨き上げる永年就労

山本勘太夫社中では、篠笛や太鼓の演奏・舞や曲芸など、一人ひとりがじっくり自身を磨き上げて一人前に育っていくのを支えるため、日本の古き良き永年就労という雇用形態を守っています。その為、離職率が低いという特徴があり退職=引退年齢が65歳~70歳と高く、勤続年数も平均20年~45年の就労と大変息の長い職業となっています。

現職大神楽師の例

※大阪府出身 22歳で入門(大卒)→現在25歳で放下師(曲芸の演者)

※三重県出身 21歳で入門(大卒)→現在32歳で放下師(曲芸の演者)

※千葉県出身 25歳で入門(元介護士) →現在33歳で道化師(萬歳・漫才担当)

※三重県出身 16歳で入門(中卒) →現代62歳で神楽師(舞手・篠笛・太鼓奏者)

長い歴史を持ち、昭和後期までは三重県出身者・中高卒の入門者が多数を占めましたが、現在は担い手の出身地・経歴共に多様化しています。
リンクindeed
締切日
雇用形態 正社員 
Sponsored
四季の美をフォローする

関連

四季の美
タイトルとURLをコピーしました