求人情報トップへ戻る

大神楽師の募集|古典芸能の後継者公募|伊勢大神楽講社 山本勘太夫社中の求人募集情報

詳細情報

求人名大神楽師の募集|古典芸能の後継者公募
事業所名伊勢大神楽講社 山本勘太夫社中
住所三重県桑名市
募集状況募集中
給与月給 24万 ~ 55万円
仕事詳細【伊勢大神楽とは ~旅する神楽~】
450年以上の歴史を持ち、国指定重要無形民俗文化財の指定を受ける古典芸能「伊勢大神楽」の大神楽師を募集しております。伊勢大神楽の大神楽師とは、一年を旅の空に過ごしながら西日本各地を巡行する職業です。

伊勢大神楽講社 公式サイト→http://www.kandayuyamamoto.jp

Youtube公式チャンネル→https://www.youtube.com/watch?v=4vXZj0Mwavk

【芸態・業務】
獅子舞や放下芸(曲芸)・萬歳(漫才)などで構成される神楽を奉納する仕事です。

山本勘太夫社中では、滋賀県・大阪府・岡山県への巡業や伊勢神宮など神社の祭礼に参加し神札を配札しながら一年を掛けて西日本を旅します。

年間巡業日数:約210日。約25日の巡業-約7日の連休を繰り返します。また4月末~6月は毎年約70日のOFFシーズンがあります。※OFFシーズンにも手当があるので、副業等を必要とせず、入門当初から芸能の上達に没頭が可能です。

現在は伊勢大神楽講社には約40名の大神楽師が在籍しており、当社中には平均年齢34歳の7名が在籍しており、伝統芸能における世代交代の時期を迎えております。



【若くして入門し、永い年月を掛けて技量を磨き上げる永年就労】
伊勢大神楽は神楽職(神職)であると同時に、いわゆるプロの芸能集団でもありますが、育成団体・下部組織はありません。篠笛や太鼓の演奏・舞や曲芸・漫才の稽古、そして神楽職として神道の勉強など、全て入門後に稽古を開始するので、一般職では味わう事のできない経験となります。離職率が低いという特徴があり平均20年~40年の就労と大変息の長い職業となっています。

一人ひとりがじっくり自身を磨き上げて一人前に育っていくのを支えるため、日本の古き良き永年就労という雇用形態も魅力かと思います。

【入門時点での音楽・舞踊などの経験は一切、問いません】
現在、伊勢大神楽講社に所属する大神楽師は日本全国に40名となっておりますが、9割は入門後に各職能の稽古を開始し、経験を磨いていきました。

450年の歴史を持つ日本屈指の"古い職業”ですが、現代においてその在り方は寧ろ、新鮮に映るかと思います。新卒・転職とわず入門者はやりがいある仕事を求め応募される方が多いです。
リンクindeed
締切日
雇用形態 正社員
Sponsored Link

シェアする

関連

関連