日本のこけしが大集結!全国こけし祭りとは?

こけし祭り
第3次こけしブームといわれる程、人気が高まっているこけし。
そんなこけしファンにはたまらないイベントが、「全国こけし祭り」です。
そこで今回は、こけし祭りについて調べてみました。

【目次】
1.こけし祭りとは
2.第62回全国こけし祭りの開催スケジュール
3.交通情報・アクセス
4.まとめ

こけし祭りとは

第62回全国こけし祭りポスター
出展:全国こけし祭り

奥州三名湯のひとつに数えられる鳴子温泉郷の中心部にある鳴子温泉。
ここは全国的に有名な鳴子こけしの産地でもあります。

「こけし通り」と名付けられた商店街、郵便ポストや公衆電話などあちこちで鳴子こけしが出迎えてくれます。

そんな「こけしのまち」で日本各地の伝統こけしが勢ぞろいする「全国こけし祭り」は1948年に「鳴子こけし祭り」としてはじまり(1953年より「全国こけし祭りと名称変更)、今年で62回目を迎えます。

こけし供養祭、こけし奉納式、各産地の伝統こけしの実演展示販売、こけしの絵付け体験、こけし座談会、こけしコンクール、シュールなハリボテこけしやこけし柄の浴衣でのフェスティバルパレードとこけしに関するイベントがもりだくさんで大勢のこけしファンの熱気に包まれます。
こけし、こけし、とにかくこけし尽くしの3日間!
是非、遊びにきてけらいん!
引用:全国こけし祭り

上記の説明にある通り、こけし祭りとは鳴子こけしの産地でもある、鳴子温泉街で開催されるお祭りです。
全国各地のこけしが集結し、大変な賑わいとなります。

上記の動画でも見ることが出来ますが、ハリボテこけしが温泉街を練り歩くパレードはなんともいえないシュールさを醸しだしており、要チェックです。
中に入りたい!という人は、事前に全国こけし祭りHPなどで募集情報がアップされますので、応募してみてくださいね!(2016年度の募集は終了しています。)

2016年、第62回全国こけし祭りの開催スケジュール

【開催期間】平成28年9月2日(金)〜9月4日(日)

日付 イベント 時間 場所
9月2日(金) こけし供養祭 18:00- 温泉神社
9月3日(土) こけし奉納祭 9:00- 温泉神社
こけし祭り・鳴子漆器展開会式 10:00- 鳴子小学校
こけし実演展示即売 10:00-18:00 鳴子小学校体育館
江戸下町職人展・実演展示即売 10:00-18:00 鳴子小学校校庭
近隣市町物産展 お祭り広場 17:00- ゆめぐり広場
フェスティバルパレード 18:30- 鳴子温泉街
9月4日(日) こけし実演展示即売 9:00-17:00 鳴子小学校体育館
江戸下町職人展・実演展示即売 9:00-14:00 鳴子小学校校庭
近隣市町物産展 9:00-17:00 鳴子小学校校庭
全国こけし祭り表彰式 15:00- 鳴子ホテル

各イベントの内容

こけし供養祭
人形には魂が宿っていると言うように、こけしにも持ち主や製作者の思いが込められています。
全国から寄せられたこけしをしっかり供養しすると同時に、こけし業界の発展も祈る行事となっています。
こけし奉納式
「全国こけし祭り」の成功を願うと同時に、こけしに対する感謝や願い、こけし業界の発展を祈る儀式です。
各地のこけし工人が心を込めて作ったこけしを神社に奉納します。
こけしコンクール
全国のこけし工人が作った300点のこけしの中から、文部科学大臣賞など31の賞が授与されます。
受賞作品は祭りの期間中、鳴子小学校体育館で展示されています。
こけしの実演展示即売
祭りに招待された伝統こけし工人が、目の前で絵付けを披露、販売も行なわれています。
朝から行列が出来る程の大盛況ぶり。こけしファンの熱気に驚かされます。
こけし座談会(こけしフォーラム)
こけし工人、こけし愛好家、タレントやクリエイターが集うトークイベントです。
フェスティバルパレード
全国こけし祭りフェスティバルパレードでは、御神輿や鳴子踊りの披露、「張りぼてこけし」も一緒に祭りを盛り上げます。
この「張りぼてこけし」は全部で16体。中に入る人と誘導する人の2人1組で、毎年一般募集が行なわれています。
18歳以上であれば、どなたでも応募出来ます。
定員に達した時点で締め切られるため、早い者勝ちです。
応募はメール、もしくはFAXのみとなっています。

交通情報・アクセス

全国こけし祭りの会場、鳴子温泉街への主なアクセスをまとめました。

鉄道

東北新幹線「仙台」駅から「古川」駅まで約15分。
そこから陸羽根東線快速で「鳴子温泉」駅まで約40分で到着です。

東北自動車道「古川IC」から国道47号線で約27kmの道のりを進んで到着です。

高速バス

仙台駅から鳴子温泉までは高速バスが運行しています。
料金も1,300円とリーズナブルなのでありがたいですね。
詳細は宮城交通HPをご確認下さい。

まとめ

こけし祭り
こけしファンで溢れかえる「全国こけし祭り」。
こけしの町と言われる鳴子温泉には、こけしの販売や絵付け体験を行なう店も多く、「日本こけし館」では、こけしの歴史やこけし作りの工程、ロクロ実演コーナーなどが見られるようになっています。

日本で生まれた「こけし」の良さを伝え続ける「全国こけし祭り」。
最近ではこけし好きの女子、通称「こけ女」の方々の参加も増えています。
こけし好きな人はもちろん、こけしに興味がなかった人も、ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。
お祭りを楽しむついでに温泉も入っちゃう!なんて贅沢な過ごし方も良いですよね。

[こけし関連記事]
第三次ブーム到来!こけし好き女子、通称こけ女が急増中


シェアする

フォロー

Twitterアイコン画像
googleplusアイコン画像
feedlyアイコン画像
follow us in feedly
RSSアイコン画像
RSS