舞妓さん、芸妓さんとのお座敷遊びとは?体験スポットもご紹介

舞妓画像|四季の美|伝統工芸と文化の情報サイト
Sponsored

舞妓画像|四季の美|伝統工芸と文化の情報サイト
ちょっと敷居が高いイメージのあるお座敷遊び。

でもあの美しい舞妓さんや芸妓さん達と一緒に飲むのは「大人の贅沢な遊び」であり、憧れる人も多いのではないでしょうか。

海外でも人気があり、注目を集める芸妓や舞妓。
特に舞妓は映画にもなり、知られざるその世界に興味を覚えた人も少なくありません。

大切に受け継がれてきた大人の遊びの文化。
ちょっとのぞいてみませんか?

Sponsored

舞妓ってどんな人?

舞妓とは芸妓になる前の未成年(15歳から20歳くらいまで)の少女のことです。

舞妓として約5年間修行した後、芸妓になります。
舞妓・芸妓は京都の祇園をはじめとする花街の置屋に所属していて、そこから各お茶屋へ送り出されます。

花街
お茶屋や置屋が集まって形成している街のこと
置屋
舞妓・芸妓が所属している店のこと  しきたりや芸事も教える
お茶屋
お座敷と呼ばれる部屋をいくつか持ち、お客の要望に応じて芸妓やお酒、料理など遊興に必要とする全てのものを段取りする店のことを指す

(日本文化いろは辞典より)

舞妓とは芸妓の修業時代のこと。
関東では舞妓のことを半玉(はんぎょく)や雛妓(おしゃく)とも言います。

舞妓になるにも、その前にいろいろな修行が必要です。

先輩にあたるお姉さん方や女将さんと一緒に置屋で生活しながら、その立ち居振る舞いや行儀作法、着物の着付け、舞などを学ぶ修行を経て、およそ半年~1年後に舞妓としてデビューできるのです。

この期間を「仕込み」と呼びます。

それからの5年間が舞妓としての修業期間。
お客様に対する接待の仕方はもちろん、舞や唄、三味線、お囃子などの芸事を一通り学びます。

舞妓の着物の衿は赤ですが、芸妓は白。
舞妓の修業期間が終わると「襟かえ」という儀式を行なって、一人前の芸妓である白衿に変わります。

舞妓と芸妓の見分け方

舞妓
20歳までという年齢制限がある。
舞妓の着物は艶やかな色や柄が使われている。
「だらりの帯」と呼ばれる5~6mもある帯を着用、その先端は足首の辺りまで垂れ下がる。
「おこぼ」と呼ばれる高さ10cmほどの丸い下駄を履いている。
髪は自毛を使って結い上げ、華やかな簪などを付けている。
芸妓
年齢制限はない。
芸妓の着物は黒や無地で普通の帯と草履を着用。
髪はかつらで、基本的に華美な飾りは付けない。

舞妓より芸妓のほうが地味であることが分かります。
段々と落ち着いていく、内側から出る美しさをまとえるようになる…ということなのでしょう。

まとめ:大人の遊びも大切な文化

舞妓や芸妓の数はピーク時に比べるとかなり減ってはいるものの、その伝統は現在に至るまで受け継がれてきました。

これは昔も今も日本独特の「女性の美」を愛する人が多い証拠でもあります。
外見だけではなく、ひとつひとつの所作や言葉に気品があり、その内側からにじみ出る美しさに誰もが引き付けられます。

舞妓や芸妓、お座敷遊び、お茶屋、置屋が集まる花街。
これからも「日本の大人のお洒落な遊び」として、大切に残していきたい文化だと言えるでしょう。

関連記事:花街、都踊りとは?一度は見たい都踊りと花街の風情



文化
Sponsored
シェアする

関連

四季の美