都内の和カフェ 注目の6店を厳選~一度は味わいたい和カフェのテイスト

外国の人にはもちろん、日本人にも人気の和カフェ。

抹茶や煎茶などの日本茶を提供することをメインに、その風味をより引き立たせるような和のスイーツも注目を集めています。

近年、次々オープンしている都内の和カフェ。
それぞれのカフェの個性に着目して御紹介します。

1.山本山 日本橋本店


出典:(山本山公式HP)

お茶と海苔で有名な山本山。

茶器の展示や販売もしています。
1日限定10食(平日のみ)来店2日前までに要予約の、秘伝の抹茶塩を添えて頂くレアなお茶漬けは、2種各1,000円。
本日のおすすめ煎茶セット400円は、カステラやどらやきなどと一緒に厳選された美味しい煎茶を頂けます。

CHECK
お好みの煎茶、抹茶、玉露にお茶請けをセットにしたメニューでは、
・お茶と和菓子のセット700~800円
・お茶とおせんべいのセット500円
があります。
このセットでは日本橋菓子司「長門」の和菓子、山本山の「のりせんべい」が楽しめます。

住所:東京都中央区日本橋2-10-2
HP:https://www.yamamotoyama.co.jp/shops/honten/index.html#nav04

2.都路里 大丸東京店

京都祇園に本店があるこのお店。

都内にありながら、そこはもう京都の風情に包まれています。
宇治抹茶、宇治玉露、宇治煎茶、宇治玄米茶などお好みに合わせてお茶の種類が選べます。

CHECK
抹茶わらびもち、ほうじ茶ゼリー、抹茶むうす、ところ天、あんみつ、各種パフェ、冬季はぜんざい、夏季には氷などの甘味メニュー。
宇治抹茶を使用した抹茶そば、抹茶うどん、また季節のご飯といった軽食メニューもあります。
パフェは1,500円前後の商品が多く、抹茶そば・うどんは各896円、お得なセットメニューもあります。

住所:東京都千代田区 東京駅八重洲北口 大丸東京店 10階

3.舟和本店 喫茶室

芋ようかんやあんこ玉で有名な舟和。
あまり知られていませんが、甘味の代表格でもあるみつ豆を考案したのも舟和なのです。
浅草の新仲見世通りとオレンジ通りの角にある舟和本店。
1Fが売店で2~3Fが喫茶店になっています。

そんな和カフェの代表格である舟和のメニューは・・・

  • 芋ようかんと抹茶、あんこ玉と抹茶のセット
  • みつ豆
  • あんみつ
  • くずきり(抹茶付き)
  • 抹茶パフェ

このほかにも焼き芋ようかんと抹茶のセットや、和菓子が少しずつ食べられる和のデザートプレートなどのメニューがあります。

CHECK
この本店の喫茶のほかに「ふなわかふぇ」が浅草、自由が丘、高田馬場にもあるので是非一度足を運んでみて下さい。
ふなわかふぇオリジナルの「お芋ラッテ」。
さつまいもとミルクを合わせた絶妙の味が楽しめます。

住所:東京都東京都台東区浅草1丁目22−10

4.表参道 茶茶の間

日本茶ソムリエインストラクターが一杯ずつ淹れてくれるお茶。
そのお茶も、
・味わいを楽しむ緑茶12種
・香りを楽しむ緑茶12種
・ほうじ茶4種
・ティーバッグ、その他6種
と種類も豊富。
事前にHPから品種、産地、採取方法、製法、そして甘味、旨味、渋み、残香のレベルもチェックすることが出来ます。

小豆、白玉、手炒り焙じ寒天、わらびもち、ミルクムース、アイスが入った茶茶パフェ。
抹茶とのセットや最高級の抹茶を使用した抹茶の生チョコレートセットなどが人気です。

冷やしアイスクリームぜんざいのセットなどは日本茶に合わせることを考えて甘さを控えめにしているそうです。

CHECK
店頭やオンラインショップで茶葉と茶器の販売もされています。
また茶茶の間の店主であり日本茶ソムリエインストラクターの資格を持つ和多田喜氏は、日本茶を美味しく楽しむための各種セミナー、サロンなども積極的に開催しています。

住所:渋谷区神宮前5-13-14

5.茶庭 然花抄院 渋谷ヒカリエShinQs店

京都の室町通りに本店のある然花抄院。
渋谷ヒカリエShinQsには2012年の4月にオープンしました。
店内には茶釜があり、本店の京の風情も楽しめる雰囲気になっています。

  • 抹茶
  • 煎茶
  • コーヒー・紅茶
  • アイス抹茶オレ
  • 然の膳(然のカステラと飲み物のセット)

然花抄院のカステラは半生タイプなので、カステラには珍しいしっとり感が味わえます。

CHECK
そのほかのメニューも充実。
抹茶の寒天とアイス、カステラの入った「香り抹茶丸」、焙じ茶の寒天とアイスに和栗の甘露煮が添えられている「焙じ和栗丸」といったちょっと変わった和風のパフェ。
また京都・嵯峨野の湧水で作られた季節限定の水車厘(水ゼリー)、軽食メニューでは大豆と昆布の入ったおこわに、こだわりの漬物5種が添えられ、香り高いお茶をかけて頂く「ぶぶ膳」が人気。

都会の景色を眺めながら、しばし落ち着いた時間を過ごすことが出来ます。

住所:東京都渋谷区渋谷2丁目21-1 渋谷ヒカリエ

6.紫野和久傳 丸の内店

「料亭が作る菓子専門店」がコンセプト。
ほかの和カフェとは一線を画しています。
本わらび粉のみを使用した「出来たてわらび餅」は、オーダーが入ってから作られるので出来立てのアツアツを頂けます。
口直しにきくらげが添えられているのが心憎いところです。

CHECK
和久傳の代表的なお菓子である「れんこん菓子 西湖」は、和三盆の甘味とれんこんのもちもち感が絶妙。笹の葉で丁寧に巻いてある風情ある和菓子です。
また鱧や蟹を素材としたおかき、山椒あいす、ぜんざいといったメニューも人気です。

そして「むしやしない」も見逃せません。
「むしやしない」とは京の言葉で、「腹の虫を養う程度の食事」=空腹を一時的にしのぐ食べ物という意味です。
月替わりのメニューになっていて、

(例)
青竹酒
季節の先付
鯖寿司または鯛味噌茶漬け
赤出汁
香の物
れんこん餅

といったものが付いています。
四季折々の食材を使った和久傳の「むしやしない」。おススメです。

住所:東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1階

7.和カフェで過ごすご褒美の時間

「和カフェ」とひとくちに言っても、それぞれに個性がありメニューもいろいろ。

まずは実際に味わってみることがおススメ。
お店の雰囲気も「味に無関係」とは言えない大切なポイントなので、是非足を運んでみて下さい。

ゆったりほっこりと和のテイストに舌鼓を打ちながら、毎日頑張っている自分への「ご褒美の時間」を過ごしてみませんか。

Sponsored Link

シェアする

関連

関連