輪島塗の伝統と美しい風景が見どころ。輪島のおすすめ観光スポットをご紹介

輪島

【目次】
1.輪島塗
2.朝ドラ「まれ」と輪島
3.輪島工房長屋
4.輪島塗会館
5.輪島観光は秋がおすすめ

1.輪島塗


能登半島の輪島で作られる「輪島塗」は漆器の女王とも言われ、最高の品質を誇ります。

堅牢で優美と表される輪島塗。
木地(漆を塗る前の木製の器)の壊れやすい部分は布で補強します。
また、珪藻土由来の「輪島地の粉」を混ぜた漆を塗っては研ぐ「本堅地」(ほんかたじ)という最も頑丈に仕上がる工法で作られます。

塗面には繊細な装飾が施されます。
輪島塗では特に沈金が発達しました。
筆で描く蒔絵に対し、沈金はノミで掘って金粉や金箔で描いていく技法で職人の忍耐と高い技術が必要とされます。

完成まで一年かかることもあるというほど手間がかかる分お値段も張りますが、艶やかな表情となめらかな手触りは輪島塗ならでは。
量産品とは一線を画す優美なたたずまいは伝統の技によって受け継がれています。

2.朝ドラ「まれ」と輪島

2015年の前期に放送されていたNHKの朝ドラ「まれ」では主人公希が輪島で思春期を過ごします。
輪島塗のほか、港や塩田、棚田など奥能登の美しい風景や文化が見られるのもドラマの魅力の一つでした。
縁のあるスポットをいくつかご紹介しましょう。

輪島市大沢町宝来町

希たちが暮らす外浦村のロケ地として使われた大沢集落は竹の垣根が続く間垣の里として知られています。
オープニングでも映る港や砂浜、村人が集う神社などファンには聖地として一度は訪れたい場所です。

朝市


千年以上の歴史があると言われる輪島の朝市は希が高校時代に売り子のアルバイトをしていた場所。
200以上の露店が並び、新鮮な魚介類や農産物から民芸品まで手に入る大変活気のある市場です。
女性が多く活躍し、値段を直に交渉できるのも楽しみの一つです。

【場所】石川県輪島市河合町
【営業時間】8時~12時(1月1~3日、第2・4水曜は定休)

キリコ祭り


「まれ」でも描かれたキリコ祭りは夏から秋にかけて毎週のように能登のどこかで行われます。
特に毎年8月22日から26日に行われる「輪島大祭」は、夏の夜を熱く彩る能登最大級のお祭りです。

キリコとはこの祭りで曳かれる巨大な灯籠で形態や担がれ方はさまざまですが、約200回の祭りの間に700基以上が登場します。

そのキリコが常設展示されているのが輪島市内にあるキリコ会館です。
キリコには幻想的な明かりが灯され、祭りの雰囲気を楽しむことができます。

キリコ会館

場所 石川県輪島市マリンタウン6番1
開館時間 8時~17時(年中無休)
公式HP http://wajima-kiriko.com/

「まれ」ロケ地めぐりのモデルコースについては「能登輪島観光情報 輪島ナビ」をご参考ください。

3.輪島工房長屋

輪島工房長屋
輪島工房長屋では職人さんと語りながら輪島塗に親しむことができます。
朝市通りの近くなのでショッピングがてら立ち寄るのがおすすめ。
長屋風の建物がノスタルジックでとても素敵です。

館内は主に、職人さんの仕事が見学できる工房、体験や修理が依頼できる工房、漆器やお土産が買える工房、輪島塗について知識を深められる工房があり、漆器で食事をいただけるお食事処や、色々な作家さんの作品が展示されているギャラリーなども併設されています。

名称 輪島工房長屋
場所 石川県輪島市河井町4−66−1
営業時間 9時~17時(1~4月、9~12月)体験受付は15時半まで
9時~18時(5~8月)体験受付は16時まで ※毎週水曜日定休

入場料 入場料無料

4.輪島塗会館

輪島塗会館
出展:輪島塗会館

輪島市の中心に位置し、輪島漆器工業協同組合が直営する施設です。
1階の輪島塗SHOPには62の漆器専門店が一同に集まり、品質の保証された品を購入することができます。
2階部分の資料室では輪島塗に関する資料や歴史に残る名品を見学できます。

名称 輪島塗会館
住所 石川県輪島市河井町24-55
開館時間 8時30分~17時 年中無休
入場料 一般300円、高校生200円、中学生100円、小学生以下無料

5.輪島観光は秋がおすすめ

これまでいくつか輪島の見どころをお伝えしましたが、秋は輪島観光に最適な季節です。
特に秋に楽しめるスポットをご紹介します。

あぜのきらめき


世界農業遺産である白米千枚田が約2万個のLEDで彩られる「あぜのきらめき」が10月半ばから始まります。
場所:石川県輪島市白米町
公式HP:http://senmaida.wajima-kankou.jp/

曽々木海岸の窓岩

秋は夕日が美しい季節。「曽々木海岸の窓岩」では日本海の絶景を楽しめます。
場所:石川県輪島市町野町曽々木
曽々木観光協会:http://noto-sosogi.com/

男女滝(なめたき)

@tma.piが投稿した写真


寄り添うように流れる2本の美しい滝はやがて1つとなることから夫婦になぞらえられます。
県指定名勝であり四季折々美しいですが、秋の紅葉の時期は格別です。
場所:石川県輪島市西二又町 
輪島ナビ:http://wajimanavi.lg.jp/www/view/detail.jsp?id=1269

日本海の幸や新米など味覚も楽しめる秋。
北陸新幹線の開通で首都圏からのアクセスも格段に良くなり、日帰り旅行も可能です。
秋の行楽に輪島へお出かけになってはいかがでしょうか?


シェアする

フォロー

Twitterアイコン画像
googleplusアイコン画像
feedlyアイコン画像
follow us in feedly
RSSアイコン画像
RSS

関連