陶器市

益子陶器市と笠間の陶炎祭(ひまつり)の情報最新版|両方行きたい!

年々来場者数も増えて、盛大な盛り上がりとなっている「益子陶器市」と「笠間の陶炎祭(ひまつり)」。 この2つの陶器市、開催期間がほぼ開催期間が被っているんですよね。 栃木県と茨城県にまたがっていますが、実は距離的にはそれほど離れて...
人物

高杉晋作の生涯は男も惚れる格好良さ|長州藩・幕末の志士高杉の一生とエピソード

400年続いた江戸時代に終止符をうち、明治という新しい時代を切り開く。 そんな激動の幕末時代を生きたのが、高杉晋作です。 高杉が仕えたのは、反幕府勢力の中心的存在であった長州藩(現在の山口県萩市)。 長州藩は西洋列強や幕府との...
工芸

どこが人気?日本の伝統工芸品の注目度ランキングを大発表!

年々注目度が増してきている日本の伝統工芸品。 日本全国に工芸品産地があり、それぞれの特色や規模も様々です。 そこで今回は、「月間検索数(一ヶ月の間にどれくらいその工芸品名で検索されたか)」を調査することで、今その工芸品がどれくら...

春に咲く花25選〜四季の花、春編〜|季節の花々

百花繚乱の春は、様々な花が咲き乱れる季節。 花を見ているだけで癒されるのは不思議ですよね。 今回は「四季の花 春編」として、春に咲く主な花を25ピックアップしました。 それではご覧ください。 春の七草の種類|いつ...
近代文学

川端康成の生涯と代表作|作品年表、ノーベル文学賞受賞講演「美しい日本の私」全文も

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。 あまりにも有名な上記の文は、川端康成の小説「雪国」の冒頭の一節です。 日本ペンクラブの会長を努め、日本だけでなく世界的にも活躍し、ノーベル文学賞を受賞した川端康成。...
着物

着物の染めと織り。着物(和服)に使用する生地について

日本の民族衣装といえば、着物。 豊かな自然とはっきりとした四季が着物を美しく発展させてきました。 しかし、洋服の登場により日本の着物(和服)は急速に出番が減ってしまいます。 ところが近年、着物を使った観光客誘致やイベント開催な...
工芸

南部鉄器の取り扱い方や保管方法、洗い方について。鉄瓶と鉄鍋、急須。

南部鉄器は岩手県の盛岡市、奥州市の伝統工芸品です。 奥州市で作られていた南部鉄器は11世紀、藤原清衝が近江の鋳物師を呼び寄せ、生産を始めたのが起源とされています。 また、盛岡市で作られていた南部鉄器は16世紀、盛岡藩の奨励によっ...
タイトルとURLをコピーしました