漱石枕流の原文・書き下し文・現代語訳|単語の意味や漢文の解説も

原稿用紙の画像|四季の美
Sponsored

高校古典の授業で出てくる漢文「漱石枕流」。
今回は漱石枕流の原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説と合わせてご紹介したいと思います。

Sponsored

漱石枕流の原文

孫子荊、年少時、欲隠。
語王武子、当枕石漱流、誤曰、 「漱石枕流。」 王曰、 「流可枕、石可漱乎。」 孫曰、 「所以枕流、欲洗其耳。所以漱石、欲礪其歯。」

漱石枕流の書き下し文

孫子荊、年少き時、隠れんと欲す。
王武子に語るに、当に石に枕し流れに漱がんとすべきに、誤りて曰はく、
「石に漱ぎ流れに枕す。」
王曰はく、
「流れは枕すべく、 石は漱ぐべきか。」と。
孫曰はく、
「流れに枕する所以は、其の耳を洗はんと欲すればなり。 石に漱ぐ所以は、其の歯を礪かんと欲すればなり。」と。

漱石枕流の現代語訳

孫子刑は、若い頃、(俗世間を離れて)隠遁しようと思っていた。
(そこで)友人の王武子と話していて、石を枕に、川の流れで口をすすぐとすべきところを、間違って
「石でくちをすすぎ、川の流れを枕にする。」と言ってしまった。
(これを聞いた)王は、
「川の流れを枕にして眠ることができるだろうか、石で口をすすぐことができるだろうか。」と(からかって)言った
孫は、「川の流れを枕にするのは、俗事で汚れた耳を洗うためだ。石で口をすすぐのは、俗世のものを食べて汚れた歯を磨くためだ。」と(負け惜しみを)言った。

漱石枕流の単語

【欲隠】

俗世間から離れて住もうと思う。隠遁しようと思う。

【当枕石漱流】

「漱石枕流」が正しい言い方だということ。

【流可枕、石可漱乎】

川の流れを枕にすることができるだろうか、石で口をすすぐことができるだろうか。

【所以枕流】

川の流れを枕にするのは。

【洗其耳】

太古の聖天子であった堯から天下を譲ろうという話を聞いた許由が、汚れた話を聞いたと耳を洗った故事に基づく。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は高校古典の教科書にも出てくる、漢文の「漱石枕流」の原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説と合わせてご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美