古典

文化

大和言葉一覧!恋愛と自然の言葉|美しい日本語で心豊かに

大和言葉(やまとことば)というものをご存知でしょうか。 実は私たちが普段話している言葉は、漢語・外来語・大和言葉の三つに大別する事が出来ます。 大和言葉には厳密な定義はありませんが、古来から日本に伝わる言葉を総じて大和言葉と呼んでい...
古典

徒然草「静かに思へば」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

徒然草(つれづれぐさ)は鎌倉時代末期に兼好法師(けんこうほうし)が書いた随筆です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる徒然草の中から「静かに思へば」について詳しく解説していきます。 【目次】 徒然草「静かに思へばの解説 ...
古典

枕草子「御方々、君たち」原文と現代語訳・解説・問題|清少納言

枕草子(まくらのそうし)は清少納言が1001年(長保3年)頃に書かれた随筆です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる枕草子の中から「御方々、君たち」について詳しく解説していきます。 【目次】 枕草子「御方々、君たち」の解...
Sponsored
古典

徒然草「よろづのことは、月見るにこそ」原文と現代語訳・解説・問題|兼好法師

徒然草(つれづれぐさ)は兼好法師(けんこうほうし)が鎌倉時代末期に書いた随筆です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる徒然草の中から「よろづのことは、月見るにこそ」について詳しく解説していきます。 【目次】 徒然草「よろ...
古典

枕草子「野分のまたの日こそ」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

枕草子(まくらのそうし)は1001年(長保3年)頃に書かれた随筆で、作者は清少納言です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる枕草子の中から「野分(のわき)のまたの日こそ」について詳しく解説していきます。 【目次】 枕草子...
古典

大鏡「中納言争ひ」原文と現代語訳・解説・問題|平安時代の歴史物語

大鏡(おおかがみ)は平安時代後期に書かれた歴史物語で、作者は不明となっています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる大鏡の中から「中納言争ひ」について詳しく解説していきます。 【目次】 大鏡「中納言争ひ」の解説 まとめ...
古典

徒然草「花は盛りに」原文と現代語訳・解説・問題|兼好法師

兼好法師(けんこうほうし)が鎌倉時代末期に書いた随筆、徒然草(つれづれぐさ)。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる徒然草の中から「花は盛りに」について詳しく解説していきます。 【目次】 徒然草「花は盛りに」の解説 まと...
古典

枕草子「村上の先帝の御時に」原文と現代語訳・解説・問題

1001年(長保3年)頃に書かれた随筆、枕草子(まくらのそうし)。 作者は清少納言です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる枕草子の中から「村上の先帝の御時に」について詳しく解説していきます。 【目次】 枕草子「村上の...
古典

徒然草「丹波に出雲といふ所あり」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

鎌倉時代末期に書かれた随筆、徒然草(つれづれぐさ)。 作者は兼好法師(けんこうほうし)です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる徒然草の中から「丹波に出雲といふ所あり」について詳しく解説していきます。 【目次】 徒然草...
古典

枕草子「賀茂へ参る道に」原文と現代語訳・解説・問題|清少納言

枕草子(まくらのそうし)は1001年(長保3年)頃に書かれた随筆で、作者は清少納言です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる枕草子の中から「賀茂へ参る道に」について詳しく解説していきます。 【目次】 枕草子「賀茂へ参る道...
タイトルとURLをコピーしました