古典

古典

和歌16首解説|教科書の有名和歌|原文と現代語訳

高校古典教科書にも出てくる和歌十六首の原文と現代語訳・解説です。日本の有名な和歌や短歌を一覧でまとめてご紹介。
古典

平家物語「忠度の都落ち」原文と現代語訳・解説・問題

平家物語で高校古典教科書にも出てくる「忠度の都落ち」の原文・現代語訳・解説です。テスト対策問題にも。
古典

風姿花伝のわかりやすい解説と世阿弥の生涯|原文内容と現代語訳

風姿花伝は世阿弥が書いた能楽書で、室町中期に書かれました。原文の内容と意味・現代語訳など、詳しく解説しています。
Sponsored
古典

更級日記「あこがれ」原文と現代語訳・解説・問題

更級日記は平安時代後期に菅原孝標女によって書かれた日記です。 少女時代からの約40年間の人生を回想しながら書いた自叙伝的な日記となっています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる更級日記の中から「あこがれ」について詳しく解説し...
古典

紫式部日記「秋のけはひ」原文と現代語訳・解説・問題

紫式部日記はその名の通り、平安時代に書かれた紫式部による日記です。 宮廷生活の様子が描かれており、当時の生活様式がわかる貴重な記録で、日記文学の先駆けでもあります。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる紫式部日記の中から「秋のけ...
古典

和泉式部日記「夢よりもはかなき世の中を」原文と現代語訳・解説・問題

和泉式部日記(いずみしきぶにっき)は、歌人の和泉式部が平安時代に書いた日記です。 三人称で書かれている為、作者は和泉式部ではないという説もあります。 内容は贈答歌147首を中心とした歌日記で、情熱的な恋が率直に書かれています。 ...
古典

蜻蛉日記「うつろひたる菊」原文と現代語訳・解説・問題

蜻蛉日記は藤原道綱母が平安時代に書いた日記です。 上中下の三巻からなり、愛と苦悩で回想する女の一生を描いた最初の女流日記文学となっています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる蜻蛉日記の中から「うつろひたる菊」について詳しく解...
古典

大鏡「雲林院の菩提講」原文と現代語訳・解説・問題

大鏡(おおかがみ)は平安時代後期頃に成立した紀伝体による歴史物語で、作者などは詳しくわかっていません。 序・帝紀(本紀)・大臣列伝・藤原氏物語・雑々物語(昔物語)の五部から構成されています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる...
古典

古本説話集「丹後の国の成合のこと」原文と現代語訳・解説・問題

古本説話集(こほんせつわしゅう)は平安から鎌倉時代頃に成立した説話集で、編者などは詳しくわかっていません。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる古本説話集の中から「丹後(たんご)の国の成合(なりあい)のこと」について詳しく解説して...
古典

今物語「やさし蔵人」原文と現代語訳・解説・問題

今物語(いまものがたり)は画家・歌人の藤原信実が編んだといわれる説話集で、鎌倉時代に成立しました。 五十三話からなる全一巻の本で、簡潔な和文体で記されています。 今回は高校古典の教科書にも出てくる今物語の中から「やさし蔵人(くらうど...
タイトルとURLをコピーしました