古典

古典

十訓抄「安養の尼上の小袖」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

十訓抄(じっきんしょう)は1252年(建長4年)に書かれた説話集で、作者は六波羅二臈左衛門入道こと湯浅宗業です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる十訓抄の中から「安養(あんよう)の尼上(あまうえ)の小袖」について詳しく解説していき...
古典

大鏡「都府楼の鐘・菅原道真の左遷」原文と現代語訳・解説・問題|歴史物語

大鏡(おおかがみ)は平安時代後期の歴史物語で、作者はわかっていません。 藤原氏の繁栄と政権争奪等を描いた物語となっています。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる大鏡の中から「都府楼の鐘」について詳しく解説していきます。 (教...
古典

源氏物語「萩の上露」原文と現代語訳・解説・問題|紫式部

源氏物語(げんじものがたり)は1008年(寛弘五年)に書かれた長編小説で、作者は紫式部です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる源氏物語の中から「萩の上露」について詳しく解説していきます。 【目次】 源氏物語「萩の上露」...
Sponsored
古典

枕草子「二月のつごもりごろに」原文と現代語訳・解説・問題|平安時代の随筆

枕草子(まくらのそうし)は清少納言が書いた随筆で、1001年(長保3年)頃に書かれました。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる枕草子の中から「二月のつごもりごろに」について詳しく解説していきます。 【目次】 枕草子「二月...
古典

宇治拾遺物語「小野篁、広才のこと」原文と現代語訳・解説・問題|説話文学

宇治拾遺物語(うじしゅういものがたり)は13世紀前半頃に書かれた説話文学で、作者はわかっていません。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる宇治拾遺物語の中から「小野篁(おののたかむら)、広才のこと」について詳しく解説していきます。 ...
古典

十訓抄「博雅の三位と鬼の笛」原文と現代語訳・解説・問題|高校古典

十訓抄(じっきんしょう)は1252年(建長4年)に書かれた説話集で、作者は六波羅二臈左衛門入道こと湯浅宗業です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる十訓抄の中から「博雅の三位と鬼の笛」について詳しく解説していきます。 【目...
古典

源氏物語「明石の君の苦悩」原文と現代語訳・解説・問題|母子の別れ、母子の離別

源氏物語(げんじものがたり)といえば世界最古の長編小説として知られ、日本文学の最高傑作ともいわれています。 作者は紫式部で、平安時代に書かれました。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる源氏物語の中から「明石の君の苦悩」について...
古典

枕草子「九月ばかり」原文と現代語訳・解説|平安時代の随筆

枕草子(まくらのそうし)は1001年(長保3年)頃に清少納言が書いた随筆です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる枕草子の中から「九月(ながつき)ばかり」について詳しく解説していきます。 【目次】 枕草子「九月ばかり」の...
古典

源氏物語「廃院の怪」原文と現代語訳・解説・問題|世界最古の長編小説

源氏物語(げんじものがたり)は1008年(寛弘五年)に書かれた長編小説で、作者は紫式部です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる源氏物語の中から「廃院の怪」について詳しく解説していきます。 【目次】 源氏物語「廃院の怪」...
古典

源氏物語「心づくしの秋風」原文と現代語訳・解説・問題|紫式部

源氏物語(げんじものがたり)は1008年(寛弘五年)頃に書かれた世界最古の長編小説で、作者は紫式部です。 今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる源氏物語の中から「心づくしの秋風」について詳しく解説していきます。 【目次】 源...
タイトルとURLをコピーしました