江戸べっ甲の歴史と成り立ち、特徴について

江戸べっ甲とは?

江戸べっ甲とは東京都で主に生産される伝統的工芸品です。
熱を加えて自由に加工出来る為、様々な製品が作られます。

  • 1. 歴史と成り立ち
  • 2. 製法
  • 3. 特徴
  • 4. 産地情報

1. 歴史と成り立ち

起源

鼈甲(べっこう)自体の歴史は非常に古く、奈良時代に海外から伝わったとされています。
江戸時代には庶民にも身につけられるようになり、広く普及していきました。

現在

現在、江戸べっ甲は経済産業省指定伝統的工芸品(2015年~)に指定されています。

2. 製法

経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

経済産業省指定伝統的工芸品

技術・技法

1. 生地の表面は、雁木、キサギ、トクサ等を用いて、平らにすること。
2. 生地は、鏝又は金ばんを用いて熱し、万力等を用いて圧することにより張り合わせること。

原材料

使用する素材は、タイマイの甲羅、爪甲及び腹甲とすること。

3. 特徴

江戸鼈甲は熱を加えると自由に加工出来るようになる性質を持つ為、余分な接着剤などを使わずに製品を作ることが出来ます。

4. 産地情報

名称 東京鼈甲組合連合会
住所 〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-27-7
(株)東京装粧会館408号
電話 03-5607-0888

シェアする

フォロー

Twitterアイコン画像
googleplusアイコン画像
feedlyアイコン画像
follow us in feedly
RSSアイコン画像
RSS