桂林荘雑詠示諸生(広瀬淡窓)の原文・書き下し文・現代語訳|単語の意味・漢詩漢文解説|天草洋に泊す

なでしこ|四季の美
Sponsored

広瀬淡窓の「桂林荘雑詠示諸生(桂林荘雑詠諸生に示す)」は遠思楼詩鈔に収録されている有名な日本の漢詩文です。
高校の漢文の授業でも習いますよね。

今回は漢詩の中でも特に有名な広瀬淡窓の「桂林荘雑詠示諸生」について、原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説と合わせてご紹介したいと思います。

Sponsored

広瀬淡窓「桂林荘雑詠示諸生」の原文

【桂林荘雑詠示諸生】広瀬淡窓休道他郷多苦辛同袍有友自相親柴扉暁出霜如雪君汲川流我拾薪

広瀬淡窓「桂林荘雑詠示諸生」の書き下し文

「桂林荘雑詠諸生に示す」
道ふを休めよ他郷苦辛多しと
同袍友有り自ら相親しむ
紫扉暁に出づれば霜雪のごとし
君は川流を汲め我は薪を拾はん

広瀬淡窓「桂林荘雑詠示諸生」の現代語訳

「桂林荘で心に浮かんだことを詠み、塾生たちに示す」
言うのはやめなさい、他郷(の勉学)はつらいことが多いと。
(ここには)一枚の綿入れの着物を使い合う仲の友人がいて、おのずと親しみ合っているではないか。
早朝に粗末な戸を開けて外に出ると、霜がまるで雪のように真っ白に降りている。

広瀬淡窓「桂林荘雑詠示諸生」の単語

雑詠

題をつけずに、心に浮かんだことを詠んだ詩。

諸生

多くの学生。門下生たちのこと。

他郷

よその土地。

苦辛

つらく苦しいこと。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は高校古典の教科書にも出てくる、漢詩の中でも特に有名な広瀬淡窓の「桂林荘雑詠示諸生(桂林荘雑詠諸生に示す)」について、原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説、テスト問題と答えと合わせてご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美