本場黄八丈の歴史と成り立ち、特徴について

本場黄八丈とは?

本場黄八丈とは東京都八丈島で生産される伝統的工芸品です。
島に自生する植物(コブナグサ、タブノキ、シイ、マダミなど)を使用し、黄、樺(茶)、黒の三色で染めた糸を縞や格子模様に織り上げる絹織物です。

  • 1. 歴史と成り立ち
  • 2. 製法
  • 3. 特徴
  • 4. 産地情報

1. 歴史と成り立ち

起源

本場黄八丈の歴史は古く、室町時代には貢納品として島で織られた白紬を納めていました。
現在の染色技法になったのは寛政年間ごろで、江戸時代の中期には縞や格子の模様も織られ始めました。
また、本居宣長が書き残した書物に「黄八丈を織り始めたところから八丈島と名が付いた」と記述があることから、島の名前の元になったとされています。

現在

現在、本場黄八丈は経済産業省指定伝統的工芸品(1977年~)に指定されています。

2. 製法

経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

経済産業省指定伝統的工芸品[本場黄八丈]

技術・技法

1.製織は、次の技術又は技法によること。
 1-1. 先染めの平織り又は綾織りとすること。
 1-2. よこ糸の打ち込みには、「手投杼」を用いること。
2. 染色は、手作業による浸染とすること。この場合において、染料は、コブナグサ、タブノキ又はシイを原料とする植物性染料とし、媒染剤は木灰又は泥土とすること。

原材料

使用する糸は、生糸、玉糸、真綿のつむぎ糸又はこれらと同等の材質を有する絹糸とすること。

3. 特徴

黄、樺(茶)、黒の三色で染めた絹糸を縞や格子模様に織り上げています。
八丈島で自生する草木を原料とする天然染料で染め上げることから、変色しにくく、洗うたびに色が鮮やかさを増してきます。

4. 産地情報

名称 黄八丈織物協同組合
住所 〒100-1621
東京都八丈島八丈町樫立346-1
電話 049-967-0516

シェアする

フォロー

Twitterアイコン画像
googleplusアイコン画像
feedlyアイコン画像
follow us in feedly
RSSアイコン画像
RSS