求人情報トップへ戻る

目指せ浮世絵職人!伝統木版画の技術研修生を募集します。

浮世絵、神奈川沖浪裏

日本を代表する伝統文化、浮世絵版画。
その始まりは江戸時代で、色鮮やかで大胆な構図の浮世絵は庶民が楽しめる娯楽として大流行しました。

その伝統を受け継ぐ工房が、東京の目白にあります。
名前は、アダチ版画研究所。
建物は地下1階がショールームで、2階が工房という作りになっています。

アダチ版画研究所の外観

浮世絵は絵を描く絵師、それを元に彫りの作業を行う彫師、そしてそれを紙に刷る摺師の三者によって作られます。
その一連の流れをプロデュースするのが、版元です。
アダチ版画研究所はそれぞれの職人を工房に抱える版元として、日本で唯一となっています。
伝統技術を受け継ぎ、浮世絵の復刻を始め、近年では世界で活躍するアーティストである草間彌生さんや山口晃さんといった現代の木版画制作も行っています。

草間彌生「わが心の富士はかたる」
山口晃「新東都名所 芝の大塔」

また、伝統木版技術の保存・継承を目的として平成6年に文化庁の認可のもと「公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団」を設立し、後継者の育成や啓蒙普及活動にも力を入れています。
今回、この公益財団法人による木版画技術研修生を募集します。

研修期間は半年間。
工房に併設した研修所で職人から直接技術を学ぶことが出来ます。

また、研修生への応募を検討している方を対象に、インターンシップ型ワークショップを開催しています。
4日間のワークショップを通じて、どのような仕事なのか感じてもらえる内容になっていますので、参加希望の方は別途こちらの参加応募ページよりお申込み下さい。

浮世絵版画職人作業風景

伝統を受け継ぎ、未来へ繋ぐ木版画職人。
自分の手仕事で、多くの人に感動を与えてみませんか。

研修生出身で、摺りを始めて4年目の山田咲さんにお話を伺いました。

アダチ版画研究所の研修生、山田さん

写真:砺波周平

Q.この仕事を始めたきっかけを教えてください。
絵はもともと好きでした。
小学生くらいから図鑑や日本史の資料集などで浮世絵を見て、好きになりました。
そして趣味として美術館や展覧会に行ったりしていたのですが、やっぱり手仕事の方が面白いかもしれないと感じ、研修生に応募しました。

Q.研修生になって最初はどういう作業をしていたのでしょうか。
最初の半年は基礎から教えてもらうので、絵の具を作ったりとか、小さな版木から摺る練習をして、紙に色が付くようになる練習をします。

研修が終わり社員になることが出来た後は、商品になるものを少しずつ摺り始めます。
最初は難易度の低い、比較的簡単なものから始めていきました。

Q.浮世絵が好きだったのが、自分で摺れるようになったのは嬉しかったですか。
そうですね、嬉しいですね。
美術館に飾ってあったり、資料集にあるような絵を自分の手元で起こしていくという作業は、最初は変な感じがするんですけど、出来上がるとやっぱり絵として元々完成度が高い絵なので、嬉しさはありますね。

Q.浮世絵の見方は変わりましたか。
そうですね。
絵の具の濃さとか、同じものでも色合いが違ったりするので、ここはこれを置いているんだとか、ぼかしの幅とか、そういうところも見るようになりました。

Q.これまで4年続けて、大変だったところは?
一般的な仕事と違って手作業なので、覚えることが多いのと、あと人それぞれで加減が違うので、その感覚を自分の中で見つけていくのが難しいですね。
半年だけじゃその感覚は全然身につかないので。

Q.どれくらいで身につくものなのでしょうか。
こういう感じかなと思い始めたのは、ホント最近なので。
続けるのが大変かなと思います。

Q.この仕事をしていて良かったことは?
好きなことを仕事にしているので。
大変なこともあるんですけど、少しずつ摺れるようになっていくのは嬉しいですね。

Q.この仕事に興味がある、職人を目指している人へアドバイスはありますか。
やっぱり浮世絵に興味があったり、木版に興味があったり、あと手仕事が好きっていう気持ちは大切だと思います。
そういう、仕事でやっているからというよりも、好きっていう気持ちがある程度無いと続けるのが難しい仕事だと思うので、前向きに取り組んでもらいたいなぁというのはありますね。

詳細情報

求人名伝統木版画技術研修生募集
事業所名公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団
住所東京都新宿区下落合3-13-17
募集状況募集中
電話03-3951-1267
就業時間午前8時30分より午後5時まで
給与研修助成金として、月額10万円支給
休日日曜、祭日、第1・第3土曜日、その他正月・夏期休暇など
通勤手当交通費全額支給
仕事詳細6カ月間で基本的な摺り作業ができるように、簡単な摺り作業を能力に合わせて、題材を変えながら練習を繰り返す。
道具の手入れ、工房の掃除や親方、先輩のお手伝いなど付随業務。


◯募集内容
(1)職種
 伝統木版画技術者 摺師(すりし)
(2)募集人数
 1名(予定)
(3)研修期間
 6ヶ月間(前期:平成30年4月1日より/後期:平成30年9月1日より)
(4)研修場所
 東京都新宿区下落合3-13-17(JR山手線 目白駅より徒歩8分)
(5)応募資格
 18歳から22歳位までの健康な男女で、高等学校卒業以上の学歴をもつ者
リンク公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団
締切日2017年12月24日
雇用形態 その他雇用形態
応募方法・流れ※注意事項
応募をご検討の方は、夏に実施する研修生向けのインターンシップ研修をなるべく受講するようにしてください。選考におけるミスマッチをお互いに防ぐためにも、選考基準の一つにしています。

◯応募方法
下記のフォームより連絡の上、書類(履歴書と小論文)を下記財団事務局へ郵送、又は持参。
履歴書はB4・横書、小論文用紙はB4・縦書・20×20使用して下さい。
小論文課題 「私がこの仕事を志す理由」(800字~1000字)
※応募書類は返却しません。

◯選考方法
書類選考後、応募者全員に合否結果を郵送にて通知、その後面接。

◯合否決定
面接終了後、研修生採用審査員により審議を行い、合格者を決定します。

応募フォーム

<お読み下さい>
・送信後、自動で確認メールが届きます。届かない場合はメールアドレスの入力ミスの可能性がございますので、再度ご応募をお願い致します。

性別
男性女性

シェアする

フォローする

関連