競技かるたのルールと決まり字一覧まとめ|百人一首

歌番号順決まり字

この章では、百人一首の決まり字一覧を歌番号順でご紹介します。

1番歌
あきのたのかりほのいほのとまをあらみ
わがころもではつゆにぬれつつ
2番歌
はるすぎてなつきにけらししろたへの
ころもほすてふあまのかぐやま
3番歌
あしびきのやまどりのをのしだりをの
ながながしよをひとりかもねむ
4番歌
たごのうらにうちいでてみればしろたへの
ふじのたかねにゆきはふりつつ
5番歌
おくやまにもみぢふみわけなくしかの
こゑきくときぞあきはかなしき
6番歌
かささぎのわたせるはしにおくしもの
しろきをみればよぞふけにける
7番歌
あまのはらふりさけみればかすがなる
みかさのやまにいでしつきかも
8番歌
わがいほはみやこのたつみしかぞすむ
よをうぢやまとひとはいふなり
9番歌
はなのいろはうつりにけりないたづらに
わがみよにふるながめせしまに
10番歌
これやこのゆくもかへるもわかれては
しるもしらぬもあふさかのせき
11番歌
わたのはらやそしまかけてこぎいでぬと
ひとにはつげよあまのつりぶね
12番歌
あまつかぜくものかよひぢふきとぢよ
をとめのすがたしばしとどめむ
13番歌
つくばねのみねよりおつるみなのがは
こひぞつもりてふちとなりぬる
14番歌
みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに
みだれそめにしわれならなくに
15番歌
きみがためはるののにいでてわかなつむ
わがころもでにゆきはふりつつ
16番歌
たちわかれいなぱのやまのみねにおふる
まつとしきかばいまかへりこむ
17番歌
ちはやぶるかみよもきかずたつたがは
からくれなゐにみづくくるとは
18番歌
みのえのきしによるなみよるさへや
ゆめのかよひぢひとめよくらむ
19番歌
なにはがたみじかきあしのふしのまも
あはでこのよをすぐしてよとや
20番歌
わびぬればいまはたおなじなにはなる
みをつくしてもあはむとぞおもふ
21番歌
いまこむといひしばかりにながつきの
ありあけのつきをまちいでつるかな
22番歌
くからにあきのくさきのしをるれば
むべやまかぜをあらしといふらむ
23番歌
つきみればちぢにものこそかなしけれ
わがみひとつのあきにはあらねど
24番歌
このたびはぬさもとりあへずたむけやま
もみぢのにしきかみのまにまに
25番歌
なにしおはばあふさかやまのさねかづら
ひとにしられでくるよしもがな
26番歌
をぐらやまみねのもみぢばこころあらば
いまひとたびのみゆきまたなむ
27番歌
みかのはらわきてながるるいづみがは
いつみきとてかこひしかるらむ
28番歌
やまざとはふゆぞさびしさまさりける
ひとめもくさもかれぬとおもへば
29番歌
こころあてにをらばやをらむはつしもの
おきまどはせるしらぎくのはな
30番歌
ありあけのつれなくみえしわかれより
あかつきばかりうきものはなし
31番歌
あさぼらけありあけのつきとみるまでに
よしののさとにふれるしらゆき
32番歌
やまがはにかぜのかけたるしがらみは
ながれもあへぬもみぢなりけり
33番歌
ひさかたのひかりのどけきはるのひに
しづこころなくはなのちるらむ
34番歌
たれをかもしるひとにせむたかさごの
まつもむかしのともならなくに
35番歌
ひとはいさこころもしらずふるさとは
はなぞむかしのかににほひける
36番歌
なつのよはまだよひながらあけぬるを
くものいづこにつきやどるらむ
37番歌
しらつゆにかぜのふきしくあきののは
つらぬきとめぬたまぞちりける
38番歌
わすらるるみをばおもはずちかひてし
ひとのいのちのをしくもあるかな
39番歌
あさぢふのをののしのはらしのぶれど
あまりてなどかひとのこひしき
40番歌
しのぶれどいろにいでにけりわがこひは
ものやおもふとひとのとふまで
41番歌
こひすてふわがなはまだきたちにけり
ひとしれずこそおもひそめしか
42番歌
ちぎりきなかたみにそでをしぼりつつ
すゑのまつやまなみこさじとは
43番歌
あひみてののちのこころにくらぶれば
むかしはものをおもはざりけり
44番歌
あふことのたえてしなくばなかなかに
ひとをもみをもうらみざらまし
45番歌
あはれともいふべきひとはおもほえで
みのいたづらになりぬべきかな
46番歌
ゆらのとをわたるふなびとかぢをたえ
ゆくへもしらぬこひのみちかな
47番歌
やへむぐらしげれるやどのさびしきに
ひとこそみえねあきはきにけり
48番歌
かぜをいたみいはうつなみのおのれのみ
くだけてものをおもふころかな
49番歌
みかきもりゑじのたくひのよるはもえて
ひるはきえつつものをこそおもへ
50番歌
きみがためをしからざりしいのちさへ
ながくもがなとおもひけるかな
51番歌
かくとだにえやはいぶきのさしもぐさ
さしもしらじなもゆるおもひを
52番歌
あけぬればくるるものとはしりながら
なほうらめしきあさぼらけかな
53番歌
なげきつつひとりぬるよのあくるまは
いかにひさしきものとかはしる
54番歌
わすれじのゆくすゑまではかたければ
けふをかぎりのいのちともがな
55番歌
たきのおとはたえてひさしくなりぬれど
なこそながれてなほきこえけれ
56番歌
あらざらむこのよのほかのおもひでに
いまひとたびのあふこともがな
57番歌
ぐりあひてみしやそれともわかぬまに
くもがくれにしよはのつきかな
58番歌
ありまやまゐなのささはらかぜふけば
いでそよひとをわすれやはする
59番歌
やすらはでねなましものをさよふけて
かたぶくまでのつきをみしかな
60番歌
おほえやまいくののみちのとほければ
まだふみもみずあまのはしだて
61番歌
いにしへのならのみやこのやへざくら
けふここのへににほひぬるかな
62番歌
よをこめてとりのそらねははかるとも
よにあふさかのせきはゆるさじ
63番歌
いまはただおもひたえなむとばかりを
ひとづてならでいふよしもがな
64番歌
あさぼらけうぢのかはぎりたえだえに
あらはれわたるせぜのあじろぎ
65番歌
うらみわびほさぬそでだにあるものを
こひにくちなむなこそをしけれ
66番歌
もろともにあはれとおもへやまざくら
はなよりほかにしるひともなし
67番歌
はるのよのゆめばかりなるたまくらに
かひなくたたむなこそをしけれ
68番歌
こころにもあらでうきよにながらへば
こひしかるべきよはのつきかな
69番歌
あらしふくみむろのやまのもみぢばは
たつたのかはのにしきなりけり
70番歌
びしさにやどをたちいでてながむれば
いづこもおなじあきのゆふぐれ
71番歌
ゆふさればかどたのいなばおとづれて
あしのまろやにあきかぜぞふく
72番歌
おとにきくたかしのはまのあだなみは
かけじやそでのぬれもこそすれ
73番歌
たかさごのをのへのさくらさきにけり
とやまのかすみたたずもあらなむ
74番歌
うかりけるひとをはつせのやまおろしよ
はげしかれとはいのらぬものを
75番歌
ちぎりおきしさせもがつゆをいのちにて
あはれことしのあきもいぬめり
76番歌
わたのはらこぎいでてみればひさかたの
くもゐにまがふおきつしらなみ
77番歌
をはやみいはにせかるるたきがはの
われてもすゑにあはむとぞおもふ
78番歌
あはぢしまかよふちどりのなくこゑに
いくよれざめぬすまのせきもり
79番歌
あきかぜにたなびくくものたえまより
もれいづるつきのかげのさやけさ
80番歌
ながからむこころもしらずくろかみの
みだれてけさはものをこそおもへ
81番歌
ととぎすなきつるかたをながむれば
ただありあけのつきぞのこれる
82番歌
おもひわびさてもいのちはあるものを
うきにたへぬはなみだなりけり
83番歌
よのなかよみちこそなけれおもひいる
やまのおくにもしかぞなくなる
84番歌
ながらへばまたこのごろやしのばれむ
うしとみしよぞいまはこひしき
85番歌
よもすがらものおもふころはあけやらで
ねやのひまさへつれなかりけり
86番歌
なげけとてつきやはものをおもはする
かこちがほなるわがなみだかな
87番歌
らさめのつゆもまだひぬまきのはに
きりたちのぼるあきのゆふぐれ
88番歌
なにはえのあしのかりねのひとよゆゑ
みをつくしてやこひわたるべき
89番歌
たまのをよたえなばたえねながらへば
しのぶることのよわりもぞする
90番歌
みせばやなをじまのあまのそでだにも
ぬれにぞぬれしいろはかはらず
91番歌
きりぎりすなくやしもよのさむしろに
ころもかたしきひとりかもねむ
92番歌
わがそではしほひにみえぬおきのいしの
ひとこそしらねかわくまもなし
93番歌
よのなかはつねにもがもななぎさこぐ
あまのをぶねのつなでかなしも
94番歌
みよしののやまのあきかぜさよふけて
ふるさとさむくころもうつなり
95番歌
おほけなくうきよのたみにおほふかな
わがたつそまにすみぞめのそで
96番歌
はなさそふあらしのにはのゆきならで
ふりゆくものはわがみなりけり
97番歌
こぬひとをまつほのうらのゆふなぎに
やくやもしほのみもこがれつつ
98番歌
かぜそよぐならのをがはのゆふぐれは
みそぎぞなつのしるしなりける
99番歌
ひともをしひともうらめしあぢきなく
よをおもふゆゑにものおもふみは
100番歌
ももしきやふるきのきばのしのぶにも
なほあまりあるむかしなりけり

五十音別決まり字

Sponsored Link

シェアする

関連

関連