競技かるたのルールと決まり字一覧まとめ|百人一首

百人一首を用いて行う、競技かるた。
読み手が上の句を読み上げたらそれに合う下の句を取るという競技です。

この競技かるたの世界を描いた漫画「ちはやふる」などの影響によって、競技人口も増え始めています。
今回は、再び脚光を集めている競技かるたの世界をご紹介します。


[関連記事]
百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキングベスト20も!
映画ちはやふるに出てくる百人一首の歌まとめ

競技かるたのルール

まず、競技かるたとは一体どのようなルールで行うのかをご紹介します。

競技かるたの基本ルール

まず百首の札を裏向きのまま混ぜて、両者が25枚ずつ取り、自陣に並べます。

自陣の札を取ったら1枚減り、敵陣の札を取ったら1枚相手へ送る事が出来ます。
そして自陣の札をゼロにした方が勝者となります。

使わない残り50枚の札は空札といい、空札が読まれたのに札に触れてしまうとお手付きになります。

競技規定

基本ルールは上記の通りですが、ここで全日本かるた協会が定める競技規程もご紹介しておきます。

【(一社)全日本かるた協会 競技規程】

第一条 競技方法
競技は、小倉百人一首かるたを用い、相対座する二人の競技者の間で行う。
各自、取札百枚のうちから無作為に選んだ二十五枚を持札とし、読手の読み上げる札(以下、出札という)を取り合うことにより、早く持札が無くなった者を勝者とする。

第二条 判定
取りやお手つきなどの判定は、原則として競技者間で決定する。

第三条 礼節
競技に際しては、互いに相手を尊重するとともに、礼節を重んじなければならない。

第四条 競技線
競技者は、その座した前方に、横八十七センチメートル、上中下段の間に各一センチメートルをあけて縦に札三枚が並ぶ範囲を定め、各々の陣とする。その各々の陣の外周の各辺を競技線とよぶ。
双方の陣の上段の間隔は三センチメートルとし、左右の競技線の延長線は一致させる。

第五条 持札の配置
競技者は、持札全てを表向きにし、文字を自己の方に向け、整然と各々の陣の任意の位置に並べる。ただし、上中下の各段にまたがって並べてはならない。

第六条 持札の移動
競技者は、持札を移動させる場合、その都度対戦者に通告しなければならない。

第七条 暗記時間
競技者が持札を並べた後、競技を開始する前に、十五分間の暗記時間をとる。

第八条 構え
競技者は、左右どちらか一方の手を札を取る手(以下、有効手という)と定め、上の句が読み始められるまでは、畳に接した状態で自陣の下段よりも手前に置いておかなければならず、頭は自陣の上段より対戦者側に出してはならない。

第九条 読み
読手は、読札百枚の中から無作為に選んだ札を一枚ずつ読み上げるが、同じ札を読み上げることはない。

第十条 取りの成立
出札が競技線内にあるうちに、対戦者より早く有効手で直接触った者が出札を取ったものとする。(札直接の取り)
また、共に札直接の取りではなかった場合でも、出札を完全に有効手で競技線外に押し出したときは、その札を取ったものとする。(札押しの取り)

第十一条 同時の取り
共に札直接の取りで、同時に出札に触れた場合は、出札を持札としていた者が取ったものとする。

第十二条 紛失時の取り
紛失したままになっていた持札が出札となった場合は、対戦者の取りとする。

第十三条 取りの無効
上の句が読み始められる前に有効手を競技線の中に入れるなど、妨害行為を行った場合は、その都度その取りを無効とし、対戦者の取りとする。

第十四条 お手つき
出札が無い方の陣の札を、その札が競技線内にあるときに有効手で触れた場合、これをお手つきとする。

第十五条 共お手つき
相手との接触によりお手つきをさせられた場合は、双方共にお手つきをしたものとする。

第十六条 送り札
対戦者の陣にある出札を取った場合、もしくは、対戦者がお手つきをした場合、自己の持札一枚を対戦
者に送ることができる。
また、出札が双方いずれの陣にもない時に、対戦者が両方の陣の札にお手つきをした場合は、二枚送ることができる。

第十七条 送り札の選定
送り札の選定は送る側の任意とする。但し、送り札から手を離した瞬間から送り札の変更はできない。

第十八条 禁止事項
読みが下の句の余韻に入ってからは、声を発したり畳を叩いたりしてはならない。

第十九条 附則
本規程に明文のない事項については、本規程の細則にてこれを定める。

平成二十年九月改定

その他競技規程細則や競技会規程など、競技関係の規定は全日本かるた協会のHPにて公開されていますので、チェックしておくと良いでしょう。

決まり字

百人一首のカルタは全部で100首なので、上の句の最初の何文字かを聞けば下の句を特定する事が出来ます。
これを決まり字といい、決まり字には1字〜6字までの長さがあります。

競技かるたでは相手よりも早く札を取る必要があるので、この決まり字の聞き分けが重要になってきます。
例えば百首ある歌のうち、”む”から始まる札は【村雨の露もまだ干ぬまきの葉に 霧立ちのぼる秋の夕暮】の一首しかないので、”む”と聞いた段階でこの札を取りに行く事が出来ます。

競技かるたの世界で勝ち抜くためには、決まり字を覚える事はとても重要です。

文字数別決まり字一覧

それではここで、百人一首の決まり字一覧を文字数別でご紹介します。

一字決まり/7首

70番歌
びしさにやどをたちいでてながむれば
いづこもおなじあきのゆふぐれ
18番歌
みのえのきしによるなみよるさへや
ゆめのかよひぢひとめよくらむ
77番歌
をはやみいはにせかるるたきがはの
われてもすゑにあはむとぞおもふ
22番歌
くからにあきのくさきのしをるれば
むべやまかぜをあらしといふらむ
81番歌
ととぎすなきつるかたをながむれば
ただありあけのつきぞのこれる
87番歌
らさめのつゆもまだひぬまきのはに
きりたちのぼるあきのゆふぐれ
57番歌
ぐりあひてみしやそれともわかぬまに
くもがくれにしよはのつきかな

ニ字決まり/42首

52番歌
あけぬればくるるものとはしりながら
なほうらめしきあさぼらけかな
3番歌
あしびきのやまどりのをのしだりをの
ながながしよをひとりかもねむ
43番歌
あひみてののちのこころにくらぶれば
むかしはものをおもはざりけり
61番歌
いにしへのならのみやこのやへざくら
けふここのへににほひぬるかな
74番歌
うかりけるひとをはつせのやまおろしよ
はげしかれとはいのらぬものを
65番歌
うらみわびほさぬそでだにあるものを
こひにくちなむなこそをしけれ
5番歌
おくやまにもみぢふみわけなくしかの
こゑきくときぞあきはかなしき
26番歌
をぐらやまみねのもみぢばこころあらば
いまひとたびのみゆきまたなむ
72番歌
おとにきくたかしのはまのあだなみは
かけじやそでのぬれもこそすれ
82番歌
おもひわびさてもいのちはあるものを
うきにたへぬはなみだなりけり
51番歌
かくとだにえやはいぶきのさしもぐさ
さしもしらじなもゆるおもひを
6番歌
かささぎのわたせるはしにおくしもの
しろきをみればよぞふけにける
91番歌
きりぎりすなくやしもよのさむしろに
ころもかたしきひとりかもねむ
97番歌
こぬひとをまつほのうらのゆふなぎに
やくやもしほのみもこがれつつ
24番歌
このたびはぬさもとりあへずたむけやま
もみぢのにしきかみのまにまに
41番歌
こひすてふわがなはまだきたちにけり
ひとしれずこそおもひそめしか
10番歌
これやこのゆくもかへるもわかれては
しるもしらぬもあふさかのせき
40番歌
しのぶれどいろにいでにけりわがこひは
ものやおもふとひとのとふまで
37番歌
しらつゆにかぜのふきしくあきののは
つらぬきとめぬたまぞちりける
73番歌
たかさごのをのへのさくらさきにけり
とやまのかすみたたずもあらなむ
55番歌
たきのおとはたえてひさしくなりぬれど
なこそながれてなほきこえけれ
4番歌
たごのうらにうちいでてみればしろたへの
ふじのたかねにゆきはふりつつ
16番歌
たちわかれいなぱのやまのみねにおふる
まつとしきかばいまかへりこむ
89番歌
たまのをよたえなばたえねながらへば
しのぶることのよわりもぞする
34番歌
たれをかもしるひとにせむたかさごの
まつもむかしのともならなくに
17番歌
ちはやぶるかみよもきかずたつたがは
からくれなゐにみづくくるとは
23番歌
つきみればちぢにものこそかなしけれ
わがみひとつのあきにはあらねど
13番歌
つくばねのみねよりおつるみなのがは
こひぞつもりてふちとなりぬる
36番歌
なつのよはまだよひながらあけぬるを
くものいづこにつきやどるらむ
33番歌
ひさかたのひかりのどけきはるのひに
しづこころなくはなのちるらむ
90番歌
みせばやなをじまのあまのそでだにも
ぬれにぞぬれしいろはかはらず
14番歌
みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに
みだれそめにしわれならなくに
94番歌
みよしののやまのあきかぜさよふけて
ふるさとさむくころもうつなり
100番歌
ももしきやふるきのきばのしのぶにも
なほあまりあるむかしなりけり
66番歌
もろともにあはれとおもへやまざくら
はなよりほかにしるひともなし
59番歌
やすらはでねなましものをさよふけて
かたぶくまでのつきをみしかな
47番歌
やへむぐらしげれるやどのさびしきに
ひとこそみえねあきはきにけり
71番歌
ゆふさればかどたのいなばおとづれて
あしのまろやにあきかぜぞふく
46番歌
ゆらのとをわたるふなびとかぢをたえ
ゆくへもしらぬこひのみちかな
85番歌
よもすがらものおもふころはあけやらで
ねやのひまさへつれなかりけり
62番歌
よをこめてとりのそらねははかるとも
よにあふさかのせきはゆるさじ
20番歌
わびぬればいまはたおなじなにはなる
みをつくしてもあはむとぞおもふ

三字決まり/37首

79番歌
あきかぜにたなびくくものたえまより
もれいづるつきのかげのさやけさ
1番歌
あきのたのかりほのいほのとまをあらみ
わがころもではつゆにぬれつつ
39番歌
あさぢふのをののしのはらしのぶれど
あまりてなどかひとのこひしき
78番歌
あはぢしまかよふちどりのなくこゑに
いくよれざめぬすまのせきもり
45番歌
あはれともいふべきひとはおもほえで
みのいたづらになりぬべきかな
44番歌
あふことのたえてしなくばなかなかに
ひとをもみをもうらみざらまし
12番歌
あまつかぜくものかよひぢふきとぢよ
をとめのすがたしばしとどめむ
7番歌
あまのはらふりさけみればかすがなる
みかさのやまにいでしつきかも
56番歌
あらざらむこのよのほかのおもひでに
いまひとたびのあふこともがな
69番歌
あらしふくみむろのやまのもみぢばは
たつたのかはのにしきなりけり
30番歌
ありあけのつれなくみえしわかれより
あかつきばかりうきものはなし
58番歌
ありまやまゐなのささはらかぜふけば
いでそよひとをわすれやはする
21番歌
いまこむといひしばかりにながつきの
ありあけのつきをまちいでつるかな
63番歌
いまはただおもひたえなむとばかりを
ひとづてならでいふよしもがな
60番歌
おほえやまいくののみちのとほければ
まだふみもみずあまのはしだて
95番歌
おほけなくうきよのたみにおほふかな
わがたつそまにすみぞめのそで
48番歌
かぜをいたみいはうつなみのおのれのみ
くだけてものをおもふころかな
98番歌
かぜそよぐならのをがはのゆふぐれは
みそぎぞなつのしるしなりける
80番歌
ながからむこころもしらずくろかみの
みだれてけさはものをこそおもへ
84番歌
ながらへばまたこのごろやしのばれむ
うしとみしよぞいまはこひしき
53番歌
なげきつつひとりぬるよのあくるまは
いかにひさしきものとかはしる
86番歌
なげけとてつきやはものをおもはする
かこちがほなるわがなみだかな
25番歌
なにしおはばあふさかやまのさねかづら
ひとにしられでくるよしもがな
96番歌
はなさそふあらしのにはのゆきならで
ふりゆくものはわがみなりけり
9番歌
はなのいろはうつりにけりないたづらに
わがみよにふるながめせしまに
2番歌
はるすぎてなつきにけらししろたへの
ころもほすてふあまのかぐやま
67番歌
はるのよのゆめばかりなるたまくらに
かひなくたたむなこそをしけれ
35番歌
ひとはいさこころもしらずふるさとは
はなぞむかしのかににほひける
99番歌
ひともをしひともうらめしあぢきなく
よをおもふゆゑにものおもふみは
49番歌
みかきもりゑじのたくひのよるはもえて
ひるはきえつつものをこそおもへ
27番歌
みかのはらわきてながるるいづみがは
いつみきとてかこひしかるらむ
32番歌
やまがはにかぜのかけたるしがらみは
ながれもあへぬもみぢなりけり
28番歌
やまざとはふゆぞさびしさまさりける
ひとめもくさもかれぬとおもへば
8番歌
わがいほはみやこのたつみしかぞすむ
よをうぢやまとひとはいふなり
92番歌
わがそではしほひにみえぬおきのいしの
ひとこそしらねかわくまもなし
38番歌
わすらるるみをばおもはずちかひてし
ひとのいのちのをしくもあるかな
54番歌
わすれじのゆくすゑまではかたければ
けふをかぎりのいのちともがな

四字決まり/6首

29番歌
こころあてにをらばやをらむはつしもの
おきまどはせるしらぎくのはな
68番歌
こころにもあらでうきよにながらへば
こひしかるべきよはのつきかな
75番歌
ちぎりおきしさせもがつゆをいのちにて
あはれことしのあきもいぬめり
42番歌
ちぎりきなかたみにそでをしぼりつつ
すゑのまつやまなみこさじとは
88番歌
なにはえのあしのかりねのひとよゆゑ
みをつくしてやこひわたるべき
19番歌
なにはがたみじかきあしのふしのまも
あはでこのよをすぐしてよとや

五字決まり/2首

93番歌
よのなかはつねにもがもななぎさこぐ
あまのをぶねのつなでかなしも
83番歌
よのなかよみちこそなけれおもひいる
やまのおくにもしかぞなくなる

六字決まり/6首

31番歌
あさぼらけありあけのつきとみるまでに
よしののさとにふれるしらゆき
64番歌
あさぼらけうぢのかはぎりたえだえに
あらはれわたるせぜのあじろぎ
15番歌
きみがためはるののにいでてわかなつむ
わがころもでにゆきはふりつつ
50番歌
きみがためをしからざりしいのちさへ
ながくもがなとおもひけるかな
76番歌
わたのはらこぎいでてみればひさかたの
くもゐにまがふおきつしらなみ
11番歌
わたのはらやそしまかけてこぎいでぬと
ひとにはつげよあまのつりぶね

歌番号順決まり字

Sponsored Link

シェアする

関連

関連