京繍の歴史と成り立ち、特徴について

京繍とは?

京繍とは京都府(京都市、宇治市)で主に生産される伝統的工芸品です。
京都らしい、雅な色使いや図柄が特徴の刺繍です。

  • 1. 歴史と成り立ち
  • 2. 製法
  • 3. 特徴
  • 4. 産地情報

1. 歴史と成り立ち

起源

京繍の歴史は古く、奈良時代まで遡ります。平安建都の際に、京都に刺繍の職人をかかえる織部司(おりべのつかさ)という部門が設置され、衣服の装飾を縫い始めたのが起源となっています。

現在

現在、京繍は経済産業省指定伝統的工芸品(1976年~)に指定されています。

2. 製法

経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

経済産業省指定伝統的工芸品

技術・技法

1. 染糸を使用する場合においては、糸染めをした後、糸巻きをすること。
2. より糸は、「こまより」又は「手より」によること。
3. 「繍」は、「手繍針」を用いる「繍切り」、「まつい繍」、「駒使い繍」、「刺し繍」、「渡り繍」、「霧押え繍」、「割り繍」、「菅繍」、「組紐繍」、「相良繍」、「割付文様繍」、「芥子繍」、「肉入れ繍」、「竹屋町繍」又は「鎖繍」によること。

原材料

1. 「繍」に使用する糸は、絹糸、漆糸、金糸、銀糸、金平箔糸又は銀平箔糸とすること。
2. 「繍下地」は、絹織物又は麻織物とすること。

3. 特徴

京繍は、金糸や銀糸などを用い、優雅で気品のある図案を縫い上げていきます。
現在では和装品から祭礼品など、様々な幅広い製品を生産しています。

4. 産地情報

名称 京都刺繍協同組合
住所 〒603-8116
京都府京都市北区紫竹上本町32-3
電話 075-493-4006

シェアする

フォロー

Twitterアイコン画像
googleplusアイコン画像
feedlyアイコン画像
follow us in feedly
RSSアイコン画像
RSS