畏饅頭の原文・書き下し文・現代語訳|単語の意味・漢文解説

ナズナの写真|冬に咲く花
Sponsored

高校古典の授業で出てくる漢文「畏饅頭」。
今回は孟母断機の原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説と合わせてご紹介したいと思います。

Sponsored

畏饅頭の原文

有貧士、餒甚。見下市有中鬻饅頭。偽大呼仆地。主人驚問其故。曰、「吾性畏饅頭。」

主人因設曰数十枚干空室中、而閉士干内、冀三相困以為一笑。久之寂如。乃啓門見、其搏食過半。詰之則曰、

「不知何故。忽不覚畏」主人怒叱曰、「汝得無尚有他畏乎。」曰、「無他。此際只畏苦茶両腕。」

畏饅頭の書き下し文

貧士あり、餒甚だし。
市に饅頭を鬻ぐ者有るを見る。
偽りて大呼して地に仆る。
主人驚きて其の故を問ふ。
曰はく、「吾が性饅頭を畏る。」と。
主人因りて数十枚を空室中に設け、而して士を内に閉ぢ、相困しめて以て一笑を為さんことを冀ふ。
之を久しくして寂如たり。
乃ち門を啓きて見れば、其の搏食半ばを過ぐ。
之を詰れば則ち曰はく、
「何れの故かを知らず。忽ち畏るる覚えず。」と。
主人怒り叱して曰はく、
「汝尚ほ他に畏るるもの有ること無きを得んや。」と。
曰はく、「他無し。此の際只だ苦茶両腕を畏るるのみ。」と。

畏饅頭の現代語訳

貧乏な音がいて、ひどく腹をすかせていた。
(男は)町で饅頭を売る店があるのを見た。
(すると男は)わざと大声をあげて地面に倒れた。
(店の)主人が驚いてその(=大声をあげて倒れた)理由を問うた。
(男は)「私は生まれつき饅頭が怖いのです。」と言った。
(それを聞いた)主人はそこで数十個(の饅頭)を空き部屋に入れ、その中に男を閉じこめ、苦しめて笑いものにしてやろうと思った。
(男を閉じこめて)しばらくたったが(部屋は)ひっそりしている。
そこで出入り口を開けて(部屋の中を)見ると、(男は)手づかみで(饅頭を)貪り食うこと、半分以上であった。
(主人が男を)問い詰めると、(男は)
「どんな理由かわかりません。急に(饅頭が)怖くなくなったのです。」と言った。
主人は怒りどなって
「おまえはまだ他に怖いものがあるだろう。」と言った。
(すると男は)「他にありません。今はただ苦いお茶二杯が怖いだけです。」と言った。

畏饅頭の単語

それが原因で、の意を表す接続詞。

…野場合には。

不(レ) 知(二) 何 故

どんな理由であるのかわからない。

不意に。

二人称の代名詞

得(レ) 無(三) 尚 有(二) 他 畏(一) 乎

否定詞を含む反語の構文。

干 空 室 中

空いた部屋に。

「而」は順接、逆接の両方に用いる接続詞。

以 為 一 笑

笑いものにしてやろうと思った。

久 之

しばらくの間。

此 際

今。この時。

只 畏 苦 茶 両 腕

ただ苦いお茶二杯が怖いだけだ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は高校古典の教科書にも出てくる、漢文の「畏饅頭」の原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説と合わせてご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美