岡崎石工品の歴史と成り立ち、特徴について

岡崎石工品とは?

岡崎石工品とは愛知県(岡崎市)で主に生産される伝統的工芸品です。
元々は自社仏閣の燈明が作られていましたが、現在は常夜燈や庭園用具など様々なものに利用されています。

  • 1. 歴史と成り立ち
  • 2. 製法
  • 3. 特徴
  • 4. 産地情報

1. 歴史と成り立ち

起源

岡崎石工品は16世紀、岡崎城主の田中吉政が城下町の整備の為に石工を招いて作らせたのが起源とされています。
付近には良質の花崗岩があり、矢作川を使って製品を関東や関西まで運ぶことが出来たので、大きく発展していきました。

現在

現在、岡崎石工品は経済産業省指定伝統的工芸品(1995年~)に指定されています。

2. 製法

経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

経済産業省指定伝統的工芸品

技術・技法

1. 使用する石材は、「こもりきず」又は「くさり」のないものとすること。
2. 型造りには、「のみ」、「たたき」、「こやすけ」及び「びしやん」を用いること。
3. 多重塔の相輪と笠の接合は、ほぞ接ぎによること。
4. 彫りは、「のみ」、「こべら」又は「びしやん」を用いる浮き彫り、筋彫り又は透かし彫りとすること。
5. 仕上げは、「こべら仕上げ」、「つつき仕上げ」、「たたき仕上げ」、「びしやん仕上げ」又は「むしり仕上げ」によること。

原材料

原石は、岡崎花崗岩とすること。

3. 特徴

岡崎石工品は主に自社仏閣に製品を卸していましたが、現在は立燈籠型や雪見型、鉢物などの庭燈籠が多く生産されています。

4. 産地情報

名称 岡崎石製品協同組合連合会
住所 〒444-0039
愛知県岡崎市花崗町5番地
電話 0564-22-0455

シェアする

フォローする