大島紬の歴史と成り立ち、特徴について|鹿児島県の伝統工芸品

1.大島紬とは?

大島紬とは主に鹿児島県の奄美大島で生産される伝統的工芸品です。
泥染めと、締機(しめばた)という独特の工程を行うことで生み出される絣の美しさが特徴。

2.歴史と成り立ち

起源

大島紬自体の歴史は古く、7世紀頃から作られています。産地として形成されたのは18世紀に入ってからで、絣の技術を取り入れたのもこの頃です。

現在

現在、大島紬は経済産業省指定伝統的工芸品(1975年~)に指定されている。

3.製法

経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

経済産業省指定伝統的工芸品

技術・技法

1.次の技術又は技法により製織されたかすり織物とすること。
 1-1. 先染めの平織りとすること。
 1-2. かすり糸のかすりを手作業により柄合わせし、かすり模様を織り出すこと。
2. かすり糸の染色法は、「織締め」によること。

原材料

使用する糸は、生糸とすること。

4.特徴

締機を使って防染することから、「大島紬は二度織られる」とも言われます。
また、泥染めも大きな特徴で、テーチ木の染料で染色した後、染め専用の泥田の泥につけ込んで全体を馴染ませて染めていきます。
こうすることで、テーチ木染料のタンニン酸と泥の鉄分が化合して黒色に変色させ、強度もあげつつもふっくらとした肌触りの生地にしていきます。

【泥染めの起源】
昔、ある農家の主婦が自分の大島紬を年貢として持っていかれないよう、泥田の中に隠しました。
後で取り出してみるとテーチ木の染料で染めた茶褐色のものが、美しい黒色に変色していたことから泥染めが生まれたと言われています。

5.産地情報

名称 本場大島紬織物協同組合
住所 〒891-0123
鹿児島県鹿児島市卸本町4-7

6.まとめ

いかがでしょうか。
今回は鹿児島県の伝統的工芸品、大島紬についてご紹介しました。
その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
伝統工芸品一覧!日本全国・都道府県別の伝統的工芸品
どこが人気?日本の伝統工芸品の注目度ランキングを大発表!
伝統工芸品とは?工芸業界の現状と職人後継者について

Sponsored Link

シェアする

関連

関連