遊山西村(陸游)の原文・書き下し文・現代語訳|単語の意味・漢詩漢文解説

オキザリス
Sponsored

陸游の「遊山西村」は宋詩選註に収録されている有名な漢詩です。
高校の漢文の授業でも習いますよね。

今回は漢詩の中でも特に有名な陸游の「遊山西村」について、原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説と合わせてご紹介したいと思います。

Sponsored

陸游「遊山西村」の原文

【遊山西村】陸游莫笑農家臘酒渾
豊年留客足鶏豚
山重水複疑無路
柳暗花明又一村


簫鼓追随春社近
衣冠簡朴古風存
従今若許閑乗月
拄杖無時夜叩門

陸游「遊山西村」の書き下し文

笑ふ莫かれ農家臘酒の渾れるを
豊年客を留むるに鶏豚足る
山重水複路無きかと疑ふに  
柳暗花明又一村
簫鼓追随して春社近く
衣冠簡朴にして古風存す
今より若しか閑に月に乗ずるを許さば
杖を拄いて時無く夜門を叩かん

陸游「遊山西村」の現代語訳

農家の年の暮れに作った酒が白く濁っていることを、どうかお笑いくださる。
(去年は)豊作で、お客さまをお引きとめてもてなす鶏と豚は十分にございます(と村人は言う。)
(この村に着くまでは)山が重なり、川が入り組んで、道がつくてしまうのではと疑ったが、(さらに進むと)柳が茂ってほの暗く、花の明るく咲き誇るところに、もう一つ村があった。
笛や太鼓の音が(私を)追いかけるように鳴り響いて、春の日も近づいたようだ。
(村人たちの)祭りの衣装は簡素で飾り気がなく、古い風俗を残している。
これから先も暇を見ては月明かりを頼りに(この村を)訪ねることを許してくださるのならば、杖をついて、勝手な時に夜中(あなたの家の)門をたたくとしよう。

陸游「遊山西村」の単語

莫レ 笑

笑わないでくれ。

「臘酒」が濁っていること(=濁り酒であること)を言う。

留レ 客

お客様を引き止める。

足二 鶏 豚

鶏や豚(の肉)が十分にある。

山 重 水 複 疑レ 無レ 路

第四句と対句をなしている

簫 鼓 追 随 春 社 近

第六句と対句をなしている。

衣 冠

着物と冠。

そのままの状態である。

従レ 今

今から。

若 許二 閑 乗一レ 月

もし、暇をみては月明かりを頼りに尋ねることを許してくださるなら。

叩レ 門

門をたたくとしよう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は高校古典の教科書にも出てくる、漢詩の中でも特に有名な陸游の「遊山西村」について、原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説と合わせてご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美