七五三の儀式に込められた意味~平安時代から伝わる大切な文化に思いを馳せよう

七五三の女の子
七五三とは「男子は三歳と五歳、女子は三歳と七歳とに当たる年の十一月十五日におこなう祝い。七五三の祝い。」と書かれています(三省堂国語辞典第六版)。
昔は子どもが健康に育つことは決して当たり前ではなく、幼い時期に亡くなってしまうことも珍しくありませんでした。
そこで子どもの健康を願う儀式が行なわれるようになり、それが現在の七五三の始まりと言われています。

【目次】
1.七五三の儀式とは
2.なぜ十一月十五日なの?
3.千歳飴
4.平安時代から受け継がれてきた大切な思い

1.七五三の儀式とは

三歳…「髪置の儀」

江戸時代の頃までは三歳未満の乳幼児は髪を剃る風習がありました。
これは男女関係なく行なわれていたとも言われています。
髪を不浄の物と見なしていたという説や、幼い頃に剃っておくと将来健康な毛髪が生えてくると信じられていたなど、いくつかの理由が見られます。
三歳の「髪置の儀」を境に髪を剃ることを終了。この日から男女共に髪を伸ばすことが許されたそうです。
         

五歳…「袴着の儀」

五歳になった男の子が初めて袴を着ける儀式です。これは大人への仲間入りの重要な儀式でもありました。
碁盤の上に立ち、吉方を向きながら袴に着替える、もしくは冠をかぶって四方の神を拝んだとも言われています。
これは勝負の場において、四方の敵を制することができるようにとの願いが込められています。
古くは平安時代に貴族の間で、その後武家から庶民へと伝わりました。
男の子の儀式とされたのは江戸時代以降のことで、それ以前は男女関係なく行なわれていたようです。

七歳…「帯解き(紐落とし)の儀」

七歳未満の女の子は帯ではなく、胴の部分に紐を縫い付けて結ぶタイプの着物を着用していました。
七歳になってからこの「帯解きの儀」で、本仕立ての着物と帯を着られるようになったと言われています。
男の子が五歳で行なう「袴着の儀」と同様、大人への仲間入りを意味する、また子ども本人もそれを自覚する儀式だったと考えられます。

「碁盤の儀」

皇室では七五三の当たるものとして「碁盤から飛び降りる」という儀式が行なわれています。
これには「碁盤の目のように筋目正しく育つ」「ひとり立ちする」「運を自分で開く」という願いが込められているそうです。
この「碁盤の儀」を行なっている神社もあるので、HPや電話などで問い合わせてみるといいでしょう。

2.なぜ十一月十五日なの?

十一月十五日になった理由には諸説ありますが、ここではその主な説をご紹介します。

  • 旧暦の十一月といえば、農家では収穫を無事に終える時期に当たります。その月の満月の日である十五日に、収穫と子どもの成長をあわせて氏神様に感謝する祈りがささげられていたと言われています。
  • 旧暦の十五日は二十八宿(中国古代での星座の区分)の鬼宿日(鬼が出歩かない)にあたるため、何をするにも大吉である日とされていたから。
  • 十一月である理由ははっきりしないが、日にちにおいては七+五+三=十五日という説。
  • また五代将軍徳川綱吉の長男の健康祈願を十一月十五日に盛大に執り行ったことから、これにあやかり七五三のお祝いをこの日にするようになったという説もあります。

3.千歳飴

七五三の千歳飴
七五三と言えば千歳飴。
七五三の祈祷をしてもらうと、授与品として千歳飴を頂ける神社もあります。
千歳飴には「千歳=千年=長寿、長生きする」という願いが込められています。

「細く長く粘り強く」という思いがあの形状に表れているのです。また色も紅白、外袋には鶴・亀、松竹梅などの縁起の良い物が描かれています。
赤が苺ミルク味、白がミルク味というのがオーソドックスな千歳飴ですが、最近では抹茶ミルク味やレモン味、グレープ味などの商品も販売されています。

4.平安時代から受け継がれてきた大切な思い

七五三の由来は諸説ありますが、この儀式自体は平安時代からあったとも言われています。
最初は貴族の間だけで行われていた儀式でしたが、時代と共に武家の間に広まり、一般庶民へと浸透していきました。
「七五三」という言葉が使われ始めたのは明治時代になってからで、大正時代以降に現在のようなお祝いの形に変わってきたとされています。

子どもの健やかな成長を願う儀式として、古くから伝えれてきた七五三。
その形は変わっても、子ども達の幸せと共に大切な日本の文化としても守り続けていきたいものですよね。



シェアする

フォローする

関連