信州紬の歴史と成り立ち、特徴について

信州紬とは?

信州紬とは長野県で主に生産される伝統的工芸品です。
長野県の全域で織られている織物(松本紬、上田紬、飯田紬、伊那紬、山繭紬)を総称して信州紬といいます。

  • 1. 歴史と成り立ち
  • 2. 製法
  • 3. 特徴
  • 4. 産地情報

1. 歴史と成り立ち

起源

信州紬は、古く奈良時代頃から織られていた「あしぎぬ」という織物が起源とされています。
そして江戸時代には信州全域で産地として栄え、京都などにも出荷されるようになりました。

現在

現在、信州紬は経済産業省指定伝統的工芸品(1982年~)に指定されています。

2. 製法

経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

経済産業省指定伝統的工芸品

技術・技法

1. 次の技術又は技法により製織されたかすり織物又はしま織物若しくはこれに類する織物とすること。
 1-1. 先染めの平織りとすること。
 1-2. たて糸に使用する糸は生糸(山繭糸を含む。)、玉糸又は真綿の手つむぎ糸とし、よこ糸に使用する糸は玉糸又は真綿の手つむぎ糸とすること。
 1-3. よこ糸の打ち込みには、「手投杼」を用いること。
2. かすり糸の染色法は、「手くくり」によること。

原材料

使用する糸は、生糸(山繭糸を含む)、玉糸又は真綿の手つむぎ糸とすること。

3. 特徴

信州紬は、真綿の手つむぎ糸を用いた素朴な風合いが特徴です。

4. 産地情報

名称 長野県織物工業組合
住所 〒399-4106
長野県駒ヶ根市東町2-29
久保田織染工業株式会社内
電話 0265-83-2202

シェアする

フォローする