塩沢紬の歴史と成り立ち、特徴について

塩沢紬とは?

塩沢紬とは新潟県(南魚沼市)で主に生産される織物の伝統的工芸品です。
越後上布の技法を、絹織物に取り入れて織られています。
お召しの「本塩沢」とは別物です。

  • 1. 歴史と成り立ち
  • 2. 製法
  • 3. 特徴
  • 4. 産地情報

1. 歴史と成り立ち

起源

塩沢紬は、江戸時代頃から織られ始めたもので、そのルーツは越後上布にあります。
奈良時代から織られていた麻織物の越後上布の技法を、絹織物に取り入れたのが塩沢紬の起源です。

現在

現在、塩沢紬は経済産業省指定伝統的工芸品(1975年~)、ユネスコ無形文化財(2009年~)に指定されています。

2. 製法

経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

経済産業省指定伝統的工芸品

技術・技法

1. 次の技術又は技法により製織されたかすり織物とすること。
 1-1. 先染めの平織りとすること。
 1-2. たて糸に使用する糸は生糸又は玉糸とし、よこ糸に使用する糸は真綿の手つむぎ糸とすること。
 1-3. よこ糸の打ち込みには、「手投杼」を用いること。
2. かすり糸の染色法は、「手くくり」、「手摺り込み」又は「板締め」によること。

原材料

使用する糸は、生糸、玉糸又は真綿の手つむぎ糸とすること。

3. 特徴

紬糸を使用して織られており、細かい絣模様は「蚊がすり」とも呼ばれます。
また、柔らかく肌触りが良い生地は着心地も抜群です。

4. 産地情報

名称 塩沢織物工業協同組合
住所 〒949-6435
新潟県南魚沼市目来田107-1
電話 025-782-1127

シェアする

フォローする