春夜桃李の園に宴するの序(李白)の原文・書き下し文・現代語訳|単語の意味・漢詩漢文解説|春夜宴桃李園序

オミナエシ
Sponsored

李白の「春夜宴桃李園序」は古文真宝に収録されている有名な漢詩です。
高校の漢文の授業でも習いますよね。

今回は漢詩の中でも特に有名な李白の「春夜桃李の園に宴するの序(春夜宴桃李園序)」について、原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説と合わせてご紹介したいと思います。

Sponsored

李白「春夜桃李の園に宴するの序(春夜宴桃李園序)」の原文

【春夜宴桃李園序】李白夫天地者万物之逆旅、光陰者百代之過客。而浮生若夢、為歓幾何。古人秉燭夜遊良有以也。況陽春召我以煙景、大魂仮我以文章。

会桃李之芳園、序天倫之楽事。群李俊秀、皆為恵連。吾人詠歌、独慚康楽。幽賞未已、高談転清。開瓊筵以坐花、飛羽觴而酔月。不有佳作、何伸雅懐。如詩不成、罰依金谷酒数。

李白「春夜桃李の園に宴するの序(春夜宴桃李園序)」の書き下し文

夫れ天地は万物の逆旅にして、光陰は百代の過客なり。
而して浮世は夢のごとし、歓を為すこと幾何ぞ。
古人燭を秉りて夜遊ぶ、良に以有るなり。
況や陽春我を招くに煙景を以てし、大塊我に仮すに文章を以てするをや。

桃李の芳園に会して、天倫の楽事を序す。
群季の俊秀は、皆恵連たり。
吾人の詠歌は、独り康楽に慚づ。
幽賞未だ已まず、高談転た清し。
瓊筵を開きて以て花に坐し、羽觴を飛ばして月に酔ふ。
佳作有らずんば、何ぞ雅懐を伸べん。
如し詩成らずんば、罰は金谷の酒数に依らん。

李白「春夜桃李の園に宴するの序(春夜宴桃李園序)」の現代語訳

そもそも天地とは、万物を迎えては送り出す宿屋(のようなもの)であり、年月は永遠の旅人(のようなもの)である。
そしてはかない人生は、夢のよう(に短くはかないもの)であって、歓楽を尽くそうとしたところで、どれくらい(の時間が)あるだろうか。
昔の人は灯火を手に持って夜まで遊んだ(と古詩にいう)が、なるほどもっともなことである。
ましてうららかな春が、かすみたなびく春景色で私を呼び招き、天地を作った造物主が、詩文の才を私に一時貸し与えてくれたのだから、なおさら(楽しむべき)なのだ。

桃や李の花咲く庭園に集まって、兄弟たちの楽しみを次々と繰り広げるのである。
優れた詩才をもつ多くの年少の者たちは、皆(南朝宋の詩人)謝恵連のよう(に詩に巧み)である。
(それに比べて)私の作る詩だけは、康楽に及ばず恥ずかしい。
心静かに(風景を)味わう楽しみはまだ終わることなく、高尚な談話は、ますます清らかになっていった。
立派な宴会を開いて、(桃李の)花のもとに座り、鳥が羽を広げた形の杯をやりとりして、月を眺めつつ酔う。
(このような時に)立派な詩ができなければ、どうして心の中の風流な心情を十分に述べることができようか(、いや、できない)。
もし詩ができなかったならば、罰として金谷園の故事にならって杯の酒を三杯飲ませることにしよう。

李白「春夜桃李の園に宴するの序(春夜宴桃李園序)」の単語

夫れ

さて。そもそも。

主語をはっきりと掲示する助字。

而して

そして。順接を表す接続詞。文頭にある場合は訓読する。

幾何

疑問を表す。

俊秀

ここでは、詩才が優れていること。また、その人。

吾人

本来は一人称複数の「我々」の意で用いられるが、ここでは「自分(李白)」の意。

転清

いよいよ清らかになった。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は高校古典の教科書にも出てくる、漢詩の中でも特に有名な李白の「春夜桃李の園に宴するの序(春夜宴桃李園序)」について、原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説と合わせてご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美