十日町明石ちぢみの歴史と成り立ち、特徴について

十日町明石ちぢみとは?

十日町明石ちぢみとは新潟県(十日町市)で主に生産される伝統的工芸品です。
緯糸に強く拠りをかけた強撚糸(きょうねんし)を用い、湯もみすることで出来るシボが特徴の絹織物です。

  • 1. 歴史と成り立ち
  • 2. 製法
  • 3. 特徴
  • 4. 産地情報

1. 歴史と成り立ち

起源

十日町明石ちぢみは、19世紀、既に織られていた撚透綾(よりすきや)を改良したことが起源となっています。

現在

現在、十日町明石ちぢみは経済産業省指定伝統的工芸品(1976年~)に指定されています。

2. 製法

経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

経済産業省指定伝統的工芸品

技術・技法

1. 絣織にあっては、次の技術又は技法により製織されたしぼ出し織物とすること。
 1-1. 先染めの平織りとすること。
 1-2. かすり糸は、たて糸及びよこ糸又はよこ糸に使用すること。
 1-3. かすり糸の、かすりを手作業により柄合わせし、かすり模様を織り出すこと。
 1-4. かすり糸の染色法は、手作業による「くびり」又は「摺り込み」によること。
2. 縞織、格子織及び色無地にあっては、次の技術又は技法により製織されたしぼ出し織物とすること。先染めの平織、綾織、朱子織、又はこれらの変化織とすること。
3. しぼ出し織物に用いる地よこ糸は、「明石緯」を使用すること。「明石緯」に使用する糸は、「八丁式撚糸機」により下撚りをした後、布のり、わらびのりその他の植物性糊料を手作業によりもみ込むこと。
4. しぼ出しは、「湯もみ」によること。

原材料

使用する糸は、生糸若しくは玉糸又はこれらと同等の材質を有する絹糸とすること。

3. 特徴

緯糸に強撚糸を使用している為、湯もみの工程を経るとシボが出てきます。
そのシャリっとした清涼感のある肌触りで、夏の着物の代表ともされています。

4. 産地情報

名称 十日町織物工業協同組合
住所 〒948-0003
新潟県十日町市本町6 クロス10 4階
電話 025-757-9111

シェアする

フォローする