東京染小紋の歴史と成り立ち、特徴について

東京染小紋とは?

東京染小紋とは東京都で生産される伝統的工芸品です。
武士の裃への模様付けを起源としており、遠くから見ると無地に見えるほどの細かい模様を型紙で染め上げます。

  • 1. 歴史と成り立ち
  • 2. 製法
  • 3. 特徴
  • 4. 産地情報

1. 歴史と成り立ち

起源

江戸時代、諸大名や武士の裃に染められたのを起源とし、その後町人にも広まっていきます。
幕府より豪華な装飾が制限されたことから、遠くからみると無地に見えるほどの細かい模様になっていきました。

現在

現在、経済産業省指定伝統的工芸品(1974年~)に指定されています。

2. 製法

経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

経済産業省指定伝統的工芸品[東京染小紋]

技術・技法

1. 色彩及び図柄は、小紋調とすること。
2. 型紙は、柿渋を用いて手漉和紙を貼り合せた地紙又はこれと同等の地紙に彫刻したものとすること
3. 型付けは、手作業により柄合わせすること。
4. 地染めは、引き染め又は「しごき」によること。
5. なせんのりは、もち米粉に米ぬか及び食塩等を混ぜ合わせたものとすること。

原材料

生地は、絹織物とすること。

3. 特徴

型紙を用いて精緻で細かな柄を連続模様で染め上げます。
柄が細かければ細かい程「粋」とされていました。

4. 産地情報

名称 東京都染色工業協同組合
住所 〒169-0051
東京都新宿区西早稲田3-20-12
電話 03-3208-1521

シェアする

フォロー

Twitterアイコン画像
googleplusアイコン画像
feedlyアイコン画像
follow us in feedly
RSSアイコン画像
RSS