冬夜読書(菅茶山)の原文・書き下し文・現代語訳|単語の意味・漢詩漢文解説|冬夜書を読む

冬に咲く花クリスマスローズ
Sponsored

菅茶山の「冬夜書を読む(冬夜読書)」は黄葉夕陽村舎詩に収録されている有名な日本の漢詩文です。
高校の漢文の授業でも習いますよね。

今回は漢詩の中でも特に有名な菅茶山の「冬夜読書」について、原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説と合わせてご紹介したいと思います。

Sponsored

菅茶山「冬夜読書」の原文

【冬夜読書】菅茶山雪擁山堂樹影深憺鈴不動夜沈沈閑収乱帙思疑義一穂青灯万古心

菅茶山「冬夜読書」の書き下し文

「冬夜書を読む」
雪は山堂を擁して樹影深し
憺鈴動かず夜沈沈
閑かに乱帙を収めて疑義を思ふ
一穂の青灯万古の心

菅茶山「冬夜読書」の現代語訳

「冬の夜に書物を読む」
雪は山中の家を埋め尽くして、(周囲の)木々の影は(黒々として)奥深い。
軒端につるした風鈴も、(風がないので)動かず(ひっそりとして)、夜はしんしんと更けてゆく。
帙から出して取り散らかした書物を、心静かに元どおりに収めながら、(今しがた読んだ書物の)意味のわからないところを考え続ける。
(すると)一つの(稲穂のような)青白い灯火が燃え立ち、大昔の聖賢の心を明るく照らし出してくれる。

菅茶山「冬夜読書」の単語

擁(二)山堂(一)

山中の家を埋め尽くして。

夜沈沈

夜はしんしんと更けてゆく。漢詩の「春夜」に用いられた有名な表現で、ここでは冬の静けさを表現している。

心静かに。

書物をまとめて包むもの。転じて、書物。

疑義

意味のわからないところ。疑わしいところ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は高校古典の教科書にも出てくる、漢詩の中でも特に有名な菅茶山の「冬夜書を読む(冬夜読書)」について、原文と書き下し文・現代語訳を単語の解説、テスト問題と答えと合わせてご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美