弓浜絣の歴史と成り立ち、特徴について

弓浜絣とは?

弓浜絣(ゆみはまがすり)とは鳥取県(米子市、境港市)で主に生産される伝統的工芸品です。
素朴な絵柄と、藍色と白のコントラストが特徴の絣織物です。

  • 1. 歴史と成り立ち
  • 2. 製法
  • 3. 特徴
  • 4. 産地情報

1. 歴史と成り立ち

起源

弓浜絣は、18世紀頃から織られ始めました。
元々は農民の自家用として織られたものなので、素朴でざっくりとした風合いが感じられます。

現在

現在、弓浜絣は経済産業省指定伝統的工芸品(1975年~)、鳥取県指定無形文化財(1978年~)に指定されています。

2. 製法

経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

経済産業省指定伝統的工芸品

技術・技法

1. 次の技術又は技法により製織されたかすり織物とすること。
 1-1. 先染めの平織りとすること。
 1-2. かすり糸は、よこ糸に使用すること。
 1-3. かすり糸のかすりを手作業により柄合わせし、かすり模様を織り出すこと。
2. かすり糸の染色法は、「手くくり」によること。

原材料

使用する糸は、綿糸とすること。

3. 特徴

弓浜絣は、元々農家が自家用の衣料用に織り始めたことから、素朴で生活に関係した絵柄が多く用いられます。

4. 産地情報

名称 鳥取県弓浜絣協同組合
住所 〒684-0052
鳥取県境港市麦垣町86
電話 0859-45-0926

シェアする

フォローする