結城紬の歴史と成り立ち、特徴について

結城紬とは?

結城紬とは茨城県結城市、栃木県小山市の鬼怒川周辺にまたがる地域で生産される伝統的工芸品です。
真綿の手紡ぎ糸を使い地機で織る手織り紬で、紬の織物の代表とも言われています。

  • 1. 歴史と成り立ち
  • 2. 製法
  • 3. 特徴
  • 4. 産地情報

1. 歴史と成り立ち

起源

結城紬の歴史は古く、今から遡ること2000年。
美濃から茨城の久慈郡に移り住んだ多屋命(おおねのみこと)という人物が作り始めた「長幡部絁(ながはたべのあしぎぬ)」と呼ばれる織物が起源になっています。
平安中期には「常陸絁(ひたちあじきぬ)」、鎌倉時代には「常陸紬(ひたちつむぎ)」と呼ばれるようになり、江戸時代から「結城紬」と呼ばれるようになりました。

現在

現在、結城紬は重要無形文化財(1956年~)、経済産業省指定伝統的工芸品(1977年~)、ユネスコ無形文化遺産(2010年~)に指定されている。

2. 製法

重要無形文化財、経済産業省指定伝統的工芸品に指定されている要件は下記の通りです。

重要無形文化財

技術・技法

1. 使用する糸はすべて真綿より手つむぎしたものとし強撚糸を使用しないこと。
2. 絣模様を付ける場合は手くびりによること。
3. 地機で織ること。

経済産業省指定伝統的工芸品

技術・技法

1.次の技術又は技法により製織された織物とすること。
 1-1. 先染め又は先練りの平織りとすること。
 1-2. 製織には「いざり機」を用いること。
2. かすり織物におけるかすり糸の染色法は、「手くくり」によること。
3. 「しぼ取り」をする場合には、地糸に使用するよこ糸の「追ねん」及び「湯もみ」によること。

原材料

使用する糸は、真綿の手つむぎ糸とすること。

3. 特徴

経糸、緯糸ともに真綿の手紡ぎ糸を使用しています。
また、糸に撚りをかけない為、絹の持つ良さをより実感できる着心地となっています。

4. 産地情報

名称 茨城県本場結城紬織物協同組合
住所 〒307-0001
茨城県結城市大字結城3018-1
電話 0296-32-1108

シェアする

フォローする