着物初心者さん必見!着物の種類と使い分けまとめ

ひとくくりにしてしまいがちな着物ですが、実は柄や素材、格などによってさまざまな種類があります。

これから着物を着てみたいというあなたは、ぜひ着物の使い分けを習得して、TPOに合わせた着物をチョイスしてみてください。
違いがわかってくると、着物への見方もより深くなり楽しめますよ。

【目次】
1.黒紋付(くろもんつき)
2.留袖(とめそで)
3.振袖(ふりそで)
4.訪問着(ほうもんぎ)
5.付け下げ(つけさげ)
6.色無地(いろむじ)
7.小紋(こもん)
8.紬(つむぎ)
9.浴衣(ゆかた)
10.まとめ

1.黒紋付(くろもんつき)

@tnkhrshkが投稿した写真


黒一色の無地に五つ紋が染め抜きにされている着物です。
一見地味にも見えますが、帯によって印象ががらっと変わります。

冠婚葬祭に着用するもので、着物の中で一番格上の礼服がこの黒紋付です。

2.留袖(とめそで)

留袖には黒留袖と色留袖があります。

黒留袖は既婚女性の礼装、色留袖は未婚既婚を問わず着ることができます。
紋付きのものも多く、黒紋付と違って裾に華やかな模様が入っているため結婚式などお祝い事に着用する礼装です。

3.振袖(ふりそで)


未婚女性の礼装で、他の着物と違って袖が長いのが特徴です。
カラフルで華やかな「絵羽模様」のものが多く、成人式の定番です。
それ以外にも礼装としてお祝い事に着用できます。

4.訪問着(ほうもんぎ)

着物全体に一続きの模様が描かれている「絵羽模様」が入っています。

一度仮で仕立てたあと模様を描いてから、一度ほどいて染めの作業を行います。
こちらも礼装として着用され、華やかな模様になっています。

5.付け下げ(つけさげ)

柄が全て上向きに入っているのが付け下げです。

こちらも訪問着と同格で礼装として、また柄によっては普段着としても着用できます。
訪問着と違い、反物のまま染めてから仕立てるものです。

6.色無地(いろむじ)

黒以外の色で一色に染められている無地の着物です。

紋がついているものは礼装として、ついていないものは普段着として着用できます。帯や小物によってさまざまな雰囲気を楽しむことができます。

7.小紋(こもん)

小さな模様が全体に繰り返し入れられています。
普段着用として代表的な着物です。

柄によって華やかなものもシックなものもあり、幅広いお出かけに着用できます。

8.紬(つむぎ)

染め物ではなく、染色した糸で織った生地で出来ている着物です。
大島紬や結城紬が特に有名です。

高価なものもありますが基本的には礼装には向いておらず、普段着として着用するのが一般的です。
最近では紬地に染めを入れたものもあり、こちらは礼装として使う場合もあります。

9.浴衣(ゆかた)

うちわ
普段和服に馴染みのない人でも着用する人の多い、主に夏に着用する和服です。
木綿のものが主流ですが、最近では時代に合わせてポリエステルや麻を混ぜたものなどもでてきています。

他の着物よりもやや目が粗い反物で作られています。現代的な柄も多く、最も気軽に取り入れられる和装です。

10.まとめ

代表的な着物の種類をあげてみました。
これ以外にも着物にはさまざまな種類があります。

しかし、現代では境界線が曖昧なものも多く、あまり堅苦しく考える必要はありません。

まずは礼装か普段着かのみに気をつけていればOKです。
気軽な小紋や紬、浴衣から着物に挑戦してみてはいかがでしょうか。


シェアする

フォロー

Twitterアイコン画像
googleplusアイコン画像
feedlyアイコン画像
follow us in feedly
RSSアイコン画像
RSS