暖簾の世界をのぞいてみよう~意外と奥深い暖簾の伝統とは

暖簾
暖簾が登場するのは平安時代。
日除け、風除け、埃除け、人目を避けるために軒先に掛けられていました。

暖簾に家紋を入れるようになったのは鎌倉時代のことです。
また店の屋号や業種などの文字が書かれるようになったのは、江戸時代初期と言われています。

染色が難しい麻から木綿へと素材も変化し、同時に様々な色が用いられるようになりました。
ちなみに縄暖簾は天保年間に居酒屋の蠅除けとして使われたのが最初だとされています。
そんな暖簾のアレコレについて調べてみました。

暖簾のサイズとその特徴

暖簾の標準サイズは、その丈(高さ)が113cmとなっています。
それ以外には次のような暖簾があります。

半暖簾 (56cm)
店内の様子や品物を見せるため
長暖簾 (160cm)
目隠しや日除けの役割
水引暖簾(40cm)
間口いっぱいに張る暖簾 営業時間に関係なくずっと付けられている
日除け暖簾
切り込みを入れず大きな風呂敷のような一枚布の暖簾
上下を固定し風にあおられるとバターンと音をたてるため、太鼓暖簾という別称もある

暖簾の横幅は34cm程度を一布として、三枚布が最も多く用いられていました。
布数に決まりはありませんが、「余りが出る」のは商人にとって縁起が良いとされ、五枚布や七枚布などの奇数の枚数が好まれていたそうです。

また関東と関西では暖簾の作りにちょっとした違いがあり、
関西…暖簾の上部をトンネル状に加工したタイプ
関東…布を輪にして暖簾の上部に縫い付けるタイプ
関西風は暖簾を下げる棒が見えない手法が取られていますが、関東は見えるように作られています。
隠すことが良いとする関西風と、見せることが良いとする関東風の違いがこんなところにも表れています。

暖簾の色には決まりがあった!?

営む業種によって暖簾の色も違っていた時代もありました。
例えば、

[紺色・藍色]

堅実な商法を表す色の代表  日本で最も古く長く愛されてきた色
藍のにおいは虫が嫌がるとされていたことから呉服商や酒造業に多い
[白]
砂糖が白であることから菓子店、薬種商などが使っていた
(当時、砂糖は非常に貴重で薬にも使われていたから)
[茶色]
主に煙草商、種苗商が使っていたとされる
[柿色]
この色の暖簾は花街では最高位の遊女「太夫」がいる店、もしくはそれを招くことが
出来る料亭にだけ許された
[紫色]
借金が完済していない店が掛けておく色

これらの暖簾の色での業種分けは主に江戸時代の頃までの約束事で、それ以降は様々な色を自由に用いて商いを行なうようになったとされています。

暖簾の生地にもいろいろある

暖簾の生地についても御紹介しましょう。
生地を選ぶことも重要なポイントです。

バンテン…綿独特の柔らかさ、手触りの良さに加え高級感がある
ポプリン…バンテンよりやや安価  白衣や割烹着のような肌触り
麻風スラブ…風情ある京暖簾のような質感  落ち着いた風合い

このほかにも厚手の綿生地から麻風の綿生地、そして本麻生地などもあります。
日除け幕には柔らかく光を遮る帆布、また遮光性が高く耐久耐水性にも優れたビニールのような素材のターポリンなどといった生地もいいでしょう。

シワになりにくく、お手入れも簡単なものが人気となっています。
暖簾は店の顔だけに、生地にも気を配りたいものですよね。

暖簾の染め方や加工について

染め方も両面を染める「染め抜き」と片面加工があり、片面加工は裏側が白なので目隠しや壁付けに使用する暖簾向きと言えます。
暖簾の伝統的な染め方といえば、
引き染…生地を広げ、染液を刷毛で引いて染め上げる技法
ぼかし染…濡れている生地に染液を刷毛で何度も擦り付け、濃い色から淡い色へとぼかしていく技法
ろうけつ染め…溶かした蝋を使って予め文字を書き、その部分が染まらずに白く残る技 法
などがあります。

また防炎加工や撥水加工といったオプションが付いている場合もあります。
最近の暖簾は、データのやり取りのみで簡単に短期間で仕上がります。

ちなみに「オーダーのれんドットコム」さんでは通常で7日、特急便だと3日程度で仕上げてくれるそうです。
色も書体も種類が豊富で、ロゴマークや家紋などを入れることが可能です。

自分にとってベストな暖簾をきっと手に入れられることでしょう。
店舗用に限らず、自宅用に作ってみるのもおススメですよ。

進化と伝統を共存させて

様々な店の顔として、また役者や歌手の楽屋の入り口に、そしてインテリアとしても幅広く活躍する暖簾。

古くからある日本の伝統文化のひとつであり、普段の生活の中でも触れることの多い非常に身近なものでもあります。
時代と共に、「扱いやすく」「手に入れやすく」進化してきた暖簾のこれからが楽しみであると同時に、その歴史と伝統も大事に守り続けていきたいものです。

シェアする

フォローする

関連