書道はどのように発展してきた?国風文化のかかわりなど歴史をひも解いてみよう

書道用具
墨と毛筆で書を綴り、鑑賞する書道。現在でも小学校から授業に取り入れられていますね。

その起源はどこにあるのでしょうか?
今回は日本で書道が発展した経緯、歴史を大まかに紹介します。

【目次】
1.飛鳥時代から奈良時代「漢字の伝来から写経体へ」
2.平安時代「国風文化の隆盛とかな文字」
3.鎌倉時代から江戸時代「唐様と和様の成立」
4.近代以降

1.飛鳥時代から奈良時代「漢字の伝来から写経体へ」

寺
書道にはまず文字の発達が欠かせません。
中国から日本に漢字が伝わったのは弥生時代でしたが、文字として使われるようになったのは5世紀ごろになります。

きっかけは仏教伝来。
文字と書道は仏教とともに一気に広まっていきます。
その理由は、飛鳥時代の聖徳太子や奈良時代の聖武天皇によって写経が盛んに推奨されたから。
全国に写経所ができ、分業で経文を書き写しました。

当時は遣隋使や遣唐使によって中国の文化がもたらされ、中国で書道の黄金期を迎えていた唐代の影響を強く受けました。
日本でも晋唐の書風が流行したといわれます。

2.平安時代「国風文化の隆盛とかな文字」


平安時代初期、書道に優れた「三筆」と呼ばれる嵯峨天皇、空海、橘逸勢が登場します。
この三筆は唐の書風を模倣するにとどまらず、日本独自の書風を確立しようと試みました。
さらに平安中期になると唐が衰退をはじめていたため遣唐使が中止になり、中国の真似ではなく日本独自の文化が一斉に花開きます。
これが「国風文化」です。



国風文化はあらゆる分野に及びました。
建築では「寝殿造」、屏風絵や襖絵は「大和絵」、工芸では「蒔絵」、彫刻は「寄木造」。
そして書道は「かな文字」の発達により大きく様相を変えます。

かな文字と漢字を組み合せ、調和をとった「和様書道」が完成。
平和な時代であったことも後押しして、日本書道の黄金期を迎えました。

3.鎌倉時代から江戸時代「唐様と和様の成立」

筆文字
鎌倉時代になると武家と僧侶が台頭していきます。
書道は貴族だけでなく、武士や僧侶のたしなみとして重要視されました。
さらに中国から禅僧が来日したのも鎌倉時代。
禅様(墨跡)と呼ばれる書風が取り入れられ、広まったといわれます。

その後、室町時代から戦国時代は世が乱れ、書道は一時的に衰退します。
一方で茶の湯の普及により、茶室を古筆(平安時代から鎌倉時代に書かれた、かな文字の名筆)で装飾する文化が生まれました。
古筆の真贋や優劣を見極める鑑定家もいたそうです。
書道が建築や茶の湯とのかかわりがうかがえます。

再び書道が隆盛を迎えるのは、太平の江戸時代。
中国式の書風は「唐様」として儒教とともに普及します。一方で鎖国により、日本独自の和様も発展。
江戸時代の大きな特徴は、上流階級だけでなく庶民にも書道が広まった点です。

寺子屋では和様の1つ、御家流を教授していました。
儒教者や文人の間では唐様が使われ、貴族や武家、庶民の多くは和様が主流だったようです。

4.近代以降

明治政府の中心だった太政官の文書課で唐様が多く使われていたことから、官製の文書が唐様で記されるようになります。
また唐様、和様の粋を超えて芸術としての書道が自由に追求されました。
大正時代から昭和初期には大規模な書道団体の結成、書道刊行物の発行、展覧会が盛んにおこなわれます。

戦後は、書道が二科展に参加するなど芸術の1つとして認知されています。
「前衛書道」というジャンルも現れ、国内外で広く活動。
日本のアートで大きな位置を占めています。

日本の書道の発展には仏教と国の対外政策が寄与していたといえるでしょう。
書道が栄えた時代は平穏であった点も興味深いですね。
書道といえば、学校の授業や書初めの宿題でしか触れたことがない人も多いでしょう。

筆と墨、紙があれば書道を楽しめます。筆を持てば、すっと背筋が伸びる気分ですよ。
久しぶりにチャレンジしませんか?

シェアする

フォロー

Twitterアイコン画像
googleplusアイコン画像
feedlyアイコン画像
follow us in feedly
RSSアイコン画像
RSS