古典文学年表(詩歌編)文学史|上代・中古・中世・近世

カトレアの写真|冬に咲く花
Sponsored

日本ではこれまで様々な文学作品が生まれてきました。
中でも江戸時代頃までの文学作品を”古典文学”といいます。

今回はそんな古典文学作品一覧の中から、詩歌をピックアップして年表にまとめています。

Sponsored

古典文学年表(詩歌編)

西暦 年号 作品名
701年 大宝元年 柿本朝臣人麿歌集
739年 天平11年 高橋連虫麻呂歌集
751年 天平勝宝3年 懐風藻
759年 天平宇治3年 万葉集
785年 延暦4年 大伴家持集
809年 大同4年 琴歌譜
814年 弘仁5年 凌雲集(小野岑守ら)
818年 弘仁9年 文華秀麗集(藤原冬嗣ら)
827年 天長4年 経国集(良岑安世ら)
性霊集(空海)
879年 元慶3年 都氏文集
884年 元慶8年 民部卿家歌合
893年 寛平5年 新撰万葉集(菅原道真か)
寛平御時后宮歌合
894年 寛平6年 句題和歌(大江千里)
900年 昌泰3年 菅家文草(道真)
903年 延喜3年 菅家後集
905年 延喜5年 古今和歌集(紀貫之ら)
913年 延喜13年 亭子院歌合
940年 天慶3年 貫之集
951年 天暦5年 後撰和歌集(源順ら)
960年 天徳4年 天徳四年内裏歌合
976年 貞元元 古今和歌六帖
995年 長徳元年 扶桑集(紀斉名)
1001年 長保3年 曽丹集(曾禰好忠)
1005年 寛弘2年 拾遺和歌集(花山院か)
1010年 寛弘7年 本朝麗藻(高階積善)
1012年 寛弘9年 和漢朗詠集(藤原公任)
1037年 長暦元年 本朝文粋(藤原明衡)
1086年 応徳3年 後拾遺和歌集(藤原通俊)
1119年 元永2年 新撰朗詠集(藤原基俊)
1127年 大治2年 金葉和歌集(源俊頼)
1129年 大治4年 散木奇歌集(俊頼)
1178年 治承2年 長秋詠藻(藤原俊成)
1182年 寿永元年 鴨長明集
1187年 文治3年 千載和歌集(俊成)
1190年 建久元年 山家集(西行)
1194年 建久5年 六百番歌合(藤原俊成判)
1201年 建仁元年 千五百番歌合(後鳥羽院ら判)
1204年 元久元年 秋篠月清集(藤原義経)
1205年 元久2年 新古今和歌集(藤原定家ら)
1213年 建保元年 金槐和歌集(源実朝)
1216年 建保4年 拾遺愚草(定家)
1235年 文暦2年 新勅撰和歌集(定家)
1235年 嘉禎元年 小倉百人一首(定家)
1245年 寛元3年 壬二集(藤原家隆)
1251年 建長3年 続後撰和歌集(藤原為家)
1265年 文永2年 続古今和歌集(為家ら)
1271年 文永8年 風葉和歌集(為家ら)
1278年 弘安元年 続拾遺和歌集(藤原為氏)
1296年 永仁4年 宴曲集(明空)
1303年 嘉元元年 新後撰和歌集(二条為世)
1310年 延慶3年 夫木和歌集(藤原長清)
1312年 正和元年 玉葉和歌集(京極為兼)
1320年 元応2年 続千載和歌集(為世)
1326年 嘉暦元年 続後拾遺和歌集(二条為定ら)
1349年 正平4年 風雅和歌集(光厳院)
1356年 正平11年 菟玖波集(二条良基・救済)
1359年 正平14年 新千載和歌集(為定)
1364年 正平19年 新拾遺和歌集(二条為明・頓阿)
1381年 弘和元年 新葉和歌集(宗良親王)
1384年 元中元年 新後拾遺和歌集(二条為遠ら)
1439年 永享11年 新続古今和歌集(飛鳥井雅世)
1488年 長享2年 水無瀬三吟百韻(宗祇ら)
1495年 明応4年 新撰菟玖波集(宗祇ら)
1518年 永正15年 閑吟集
1532年 天文元年 犬筑波集(山崎宗鑑)
1540年 天文9年 守武千句(荒木田守武)
1593年 文禄2年 隆達小歌(高三龍達)
1643年 寛永20年 新増犬筑波集(松永貞徳)
1649年 慶安2年 挙白集(木下長囃子)
俳諧御傘(松永貞徳)
1672年 寛文12年 貝おほひ(松尾芭蕉)
1673年 延宝元年 西翁十百韻(西山宗因)
1675年 延宝3年 談林十百韻(田代松意)
1683年 天和3年 虚栗(榎本其角)
1684年 貞享元年 冬の日(山本荷兮)
1686年 貞享3年 春の日(荷兮)
晩花集(下河辺長流)
1689年 元禄2年 曠野(荷兮)
1690年 元禄3年 ひさご(浜田珍碩)
幻住庵記(芭蕉)"
1691年 元禄4年 猿蓑( 向井去来・野沢凡兆)
1694年 元禄7年 炭俵(志太野坡ら)
1698年 元禄11年 続猿蓑
1703年 元禄16年 松の葉(秀松軒)
1765年 明和2年 排風柳多留(呉陵軒可有)
1768年 明和5年 明和十五番狂歌合(唐衣橘洲ら)
1772年 安永元年 太祇句選(三宅嘯山ら)
秋の日(加藤暁台)
1777年 安永6年 夜半楽(与謝蕪村)
1783年 天明3年 万載狂歌集(四方赤良・朱楽菅江)
1784年 天明4年 蕪村句集
鶉衣(〜1823・横井也有)
1797年 寛政9年 新花摘(蕪村)
1798年 寛政10年 鈴屋集(〜1800・本居宣長)
1802年 享和2年 うけらが花(加藤千蔭)
1806年 文化3年 賀茂翁家集(賀茂真淵)
藤簍冊子(上田秋成)
1807年 文化4年 天降言(田安宗武)
1811年 文化8年 六帖詠草(小沢蘆庵)
1813年 文化10年 琴後集(〜14・村田春海)
1830年 天保元年 桂園一枝(香川景樹)
1848年 嘉永元年 一茶発句集(小林一茶)
1852年 嘉永5年 おらが春(一茶)
1864年 文久4年 草怪集(大隈言道)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は古典文学作品一覧の中から、詩歌をピックアップして年表にまとめてご紹介しました。
高校古典などの勉強にも役立てて頂ければ幸いです。

[関連記事]
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました