古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

国として世界最古の歴史を持つ、日本。
その長い歴史の中で、様々な文学作品が生まれてきました。

そこで今回は、日本を代表する主な古典文学作品を一覧でご紹介したいと思います。


[関連記事]
万葉集古今和歌集百人一首枕草子方丈記徒然草雨月物語養生訓お伽草子今昔物語集

日本の古典文学一覧

日本の古典文学作品を一覧でご紹介します。

作品一覧リスト(リンク)
  1. 風土記
  2. 万葉集
  3. 古事記
  4. 日本書紀
  5. 懐風藻
  6. 日本霊異記
  7. 竹取物語
  8. 伊勢物語
  9. 菅家文草
  10. 古今和歌集
  11. 土佐日記
  12. 後撰和歌集
  13. 平中物語
  14. 蜻蛉日記
  15. 往生要集
  16. 御堂関白記
  17. 落窪物語
  18. 枕草子
  19. 拾遺和歌集
  20. 源氏物語
  21. 和漢朗詠集
  22. 本朝文粋
  23. 俊頼髄脳
  24. 後拾遺和歌集
  25. 江談抄
  26. 金葉和歌集
  27. 詞花和歌集
  28. 千載和歌集
  29. 無名草子
  30. 古来風躰抄
  31. 紫式部日記
  32. 和泉式部日記
  33. 狭衣物語
  34. 宇津保物語
  35. 大和物語
  36. 更級日記
  37. 多武峰少将物語
  38. とりかへばや物語
  39. 夜の寝覚
  40. 浜松中納言物語
  41. 讃岐典侍日記
  42. 栄花物語
  43. 陸奥話記
  44. 大鏡
  45. 今昔物語集
  46. 梁塵秘抄
  47. 今鏡
  48. 宝物集
  49. 山家集
  50. 堤中納言物語
  51. 古本説話集
  52. 宇治拾遺物語
  53. 新古今和歌集
  54. 古事談
  55. 住吉物語
  56. 閑居友
  57. 海道記
  58. 建礼門院右京大夫集
  59. 新勅撰和歌集
  60. 小倉百人一首
  61. 正法眼蔵随聞記
  62. 今物語
  63. 東関紀行
  64. 続後撰和歌集
  65. 十訓抄
  66. 古今著聞集
  67. 立正安国論
  68. 続古今和歌集
  69. 続拾遺和歌集
  70. 水鏡
  71. 愚管抄
  72. 方丈記
  73. 発心集
  74. 海道記
  75. 将門記
  76. 源平盛衰記
  77. 撰集抄
  78. 平家物語
  79. 保元物語
  80. 平治物語
  81. 沙石集
  82. うたたね
  83. 承久記
  84. とはずがたり
  85. 十六夜日記
  86. 歎異抄
  87. 曾我物語
  88. 徒然草
  89. 新後撰和歌集
  90. 玉葉和歌集
  91. 続千載和歌集
  92. 続後拾遺和歌集
  93. 風雅和歌集
  94. 菟玖波集
  95. 新千載和歌集
  96. 新拾遺和歌集
  97. 新後拾遺和歌集
  98. 新続古今和歌集
  99. 狂雲集
  100. 太平記
  101. 増鏡
  102. 神皇正統記
  103. 秋夜長物語
  104. 神道集
  105. 義経記
  106. お伽草子
  107. 風姿花伝
  108. 醒睡笑
  109. 五輪書
  110. 御伽婢子
  111. 好色一代男
  112. 野ざらし紀行
  113. 猿蓑
  114. 世間胸算用
  115. おくのほそ道
  116. 養生訓
  117. 誹風柳多留
  118. 江戸生艶気樺焼
  119. 通言総籬
  120. 新花摘
  121. うひ山ぶみ
  122. 東海道中膝栗毛
  123. 浮世風呂
  124. 骨董集
  125. おらが春
  126. 春色梅児誉美
  127. 雨月物語
  128. 南総里見八犬伝

風土記

名称 風土記
作者 不詳
年代 奈良時代
種別 報告書
概要 地方の文化風土や地勢等を国ごとに記録編纂して、天皇に献上させた報告書。
60程の国から提出されたといわれているが、現在伝わっているのは常陸・播磨・出雲・豊後・肥前の5カ国のみ。
さらに完本は出雲国風土記のみ。

万葉集

名称 万葉集(まんようしゅう)
作者 不詳
年代 7世紀後半から8世紀後半
種別 和歌集
概要 日本最古の歌集。約4500もの和歌が収められている。

古事記

名称 古事記(こじき)
作者 編者:太安万侶
年代 712年(和銅5年)
種別 歴史書
概要 日本最古の歴史書で、上巻・中巻・下巻の三つから成る。
上巻は神話の世界、中巻は神武天皇から応神天皇まで、下巻は仁徳天皇から推古天皇までの事が記されている。

日本書紀

名称 日本書紀(にほんしょき)
作者 舎人親王ら
年代 720年(養老4年)
種別 歴史書
概要 日本最古の正史。全三十巻から成り、神代より持統天皇までの歴史を漢文で叙述している。

懐風藻

名称 懐風藻(かいふうそう)
作者 不詳
年代 752年頃
種別 漢詩集
概要 現存する最古の日本漢詩集

日本霊異記

名称 日本霊異記(にほんりょういき)
作者 景戒
年代 822年頃
種別 説話集
概要 伝承された最古の説話集。奈良の薬師寺の僧である景戒が執筆したとされる。雄略天皇から嵯峨天皇までの因果応報の説話116篇を3巻に分け、ほぼ年代順に日本風の漢文で記している。正式名称は日本国現報善悪霊異記。

竹取物語

名称 竹取物語(たけとりものがたり)
作者 不詳
年代 平安時代初期
種別 物語
概要 日本最古の仮名物語。竹から生まれたかぐや姫の地球での暮らしと月への帰還を描く。

伊勢物語

名称 伊勢物語(いせものがたり)
作者 不詳
年代 平安時代初期
種別 歌物語
概要 在原業平がモデルと思われる男を主人公とした和歌にまつわる短編歌物語集。小編125段から成る。

菅家文草

名称 菅家文草(かんけぶんそう)
作者 菅原道真
年代 900年(昌泰3年)
種別 漢詩文集
概要 菅原道真が醍醐天皇に献上した家集。自分の作品を集めて時代順に配列したもの。

古今和歌集

名称 古今和歌集(こきんわかしゅう)
作者 下命者:醍醐天皇 撰者:紀友則、紀貫之、凡河内躬恒、壬生忠岑
年代 913-4年頃
種別 勅撰和歌集
概要 1100首が収められた最古の勅撰和歌集

土佐日記

名称 土佐日記(とさにっき)
作者 紀貫之
年代 935年(承平5年)頃
種別 日記
概要 紀貫之が土佐国から京に帰る55日間の出来事を綴ったもの。当時女性が使っていた仮名文字で女性が書いたようにしている。

後撰和歌集

名称 後撰和歌集(ごせんわかしゅう)
作者 下命者:村上天皇 撰者:大中臣能宣、清原元輔、源順、紀時文、坂上望城
年代 957-959年頃
種別 勅撰和歌集
概要 1425首が収められた勅撰和歌集

平中物語

名称 平中物語(へいちゅうものがたり)
作者 不詳
年代 959-965年頃
種別 歌物語
概要 恋愛説話38段から成り、平中と呼ばれた平貞文を主人公とした歌物語

蜻蛉日記

名称 蜻蛉日記(かげろうにっき)
作者 藤原道綱母
年代 975年(天延3年)前後
種別 日記
概要 藤原兼家との結婚から21年間のことを記した日記

往生要集

名称 往生要集(おうじょうようしゅう)
作者 恵心僧都源信
年代 985年(寛和1年)
種別 仏教書
概要 念仏往生の入門書。凄惨な地獄描写でも有名。

御堂関白記

名称 御堂関白記(みどうかんぱくき)
作者 藤原道長
年代 998~1021年
種別 日記
概要 998年から1021年に至る日記。2013年、UNESCOの世界記憶遺産に国際登録された。

落窪物語

名称 落窪物語(おちくぼものがたり)
作者 不詳
年代 10世紀末頃
種別 物語
概要 継子いじめ譚。皇族の血を受けながらも母親がいない為に落窪(落ちてくぼんだところ)に追いやられて継母にいじめられている姫君のシンデレラストーリー。

枕草子

名称 枕草子(まくらのそうし)
作者 清少納言
年代 1001年(長保3年)頃
種別 随筆
概要 一条天皇の妃である中宮定子のもとに仕えていた清少納言が、宮中での出来事や思ったことなどを綴った随筆。約300の章段から成り、類聚的章段、日記的章段、随想的章段に分けられる。

拾遺和歌集

名称 拾遺和歌集(しゅういわかしゅう)
作者 下命者:花山院 撰者:花山院
年代 1005-7年頃
種別 勅撰和歌集
概要 1351首が収められた勅撰和歌集

源氏物語

名称 源氏物語(げんじものがたり)
作者 紫式部
年代 1008年(寛弘五年)
種別 物語
概要 主人公の光源氏を通して、恋愛や権力闘争など、平安時代の貴族社会を描いた作品。世界最古の長編小説で、日本文学史上の最高傑作。

和漢朗詠集

名称 和漢朗詠集(わかんろうえいしゅう)
作者 編者:藤原公任
年代 1013年(長和2年)頃
種別 歌謡集
概要 貴族や女房たちに朗詠されていた漢詩や和歌を収めた歌謡集。藤原教通を婿にしたときの引出物として編纂したとされる。

本朝文粋

名称 本朝文粋(ほんちょうもんずい)
作者 編者:藤原明衡
年代 1058〜1065年頃
種別 漢詩文集
概要 嵯峨天皇から後一条天皇まで17代約200年間の詩文432編を集めた漢詩文集。後世の文章規範となるようにという編集意図で作られた。

俊頼髄脳

名称 俊頼髄脳(としよりずいのう)
作者 源俊頼
年代 1112年(天永3年)頃
種別 歌学書
概要 歌体を20体に分けて善歌・悪歌の例を示した平安時代の歌学書。別名「俊頼口伝」「俊秘抄」。

後拾遺和歌集

名称 後拾遺和歌集(ごしゅういわかしゅう)
作者 下命者:白河天皇 撰者:藤原通俊
年代 1086年
種別 勅撰和歌集
概要 1218首が収められた勅撰和歌集

江談抄

名称 江談抄(ごうだんしょう)
作者 大江匡房の談話を藤原実兼が記録
年代 1104~1108年
種別 説話集
概要 公事や摂関家事などの有職故実・故事・説話などを収めたもの

金葉和歌集

名称 金葉和歌集(きんようわかしゅう)
作者 下命者:白河院 撰者:源俊頼
年代 1126年
種別 勅撰和歌集
概要 650首が収められた勅撰和歌集

詞花和歌集

名称 詞花和歌集(しかわかしゅう)
作者 下命者:崇徳院 撰者:藤原顕輔
年代 1151年頃
種別 勅撰和歌集
概要 415首が収められた勅撰和歌集

千載和歌集

名称 千載和歌集(せんざいわかしゅう)
作者 下命者:後白河院 撰者:藤原俊成
年代 1188年
種別 勅撰和歌集
概要 1288首が収められた勅撰和歌集

無名草子

名称 無名草子(むみょうぞうし)
作者 未詳
年代 1196年(建久7年)~1202年(建仁2年)頃
種別 物語評論
概要 物語・歌集・女流作家などをとりあげて批評したもの。著者は藤原俊成女説が有力

古来風躰抄

名称 古来風躰抄(こらいふうていしょう)
作者 藤原俊成
年代 1197年(建久8年)
種別 歌論書
概要 和歌観や和歌の歴史を述べ、秀歌を例示しつつ評言を加えた歌論書

紫式部日記

名称 紫式部日記(むらさきしきぶにっき)
作者 紫式部
年代 平安時代中期
種別 日記
概要 宮中の様子を中心に描いた日記

和泉式部日記

名称 和泉式部日記(いずみしきぶにっき)
作者 和泉式部
年代 平安時代中期
種別 日記
概要 1003年(長保5年)4月から翌年正月までの、敦道親王との恋愛の経過を記した歌物語

狭衣物語

名称 狭衣物語(さごろもものがたり)
作者 ばい子 (ばいし) 内親王
年代 平安時代中期
種別 物語
概要 狭衣大将の源氏宮との遂げられぬ恋を中心とした物語

宇津保物語

名称 宇津保物語(うつほものがたり)
作者 不詳
年代 平安時代中期
種別 物語
概要 琴(きん)の名人一家の繁栄、皇位継承争いなどが描かれた物語。源氏物語もこの作品の影響を受けている。

大和物語

名称 大和物語(やまとものがたり)
作者 不詳
年代 平安時代中期
種別 物語
概要 和歌を主とし、恋愛・伝説などが主題の170余編の説話を収録した物語

更級日記

名称 更級日記(さらしなにっき)
作者 菅原孝標女
年代 平安時代中期
種別 回想録
概要 作者の13歳から52歳頃までの約40年間が綴られた日記

多武峰少将物語

名称 多武峰少将物語(とうのみねしょうしょうものがたり)
作者 不詳
年代 平安時代中期
種別 日記文学
概要 藤原師輔の八男である高光の出家から多武峰に草庵を結ぶまでの経緯を和歌を交えながら描いたもの

とりかへばや物語

名称 とりかへばや物語
作者 不詳
年代 平安時代後期
種別 物語
概要 天狗のたたりによって男児は「姫君」として、女児は「若君」として育てられた2人のきょうだいの物語

夜の寝覚

名称 夜の寝覚(よわのねざめ)
作者 不詳
年代 平安時代後期
種別 王朝物語
概要 中君と中納言の恋愛を描いた物語

浜松中納言物語

名称 浜松中納言物語(はままつちゅうなごんものがたり)
作者 不詳
年代 平安時代後期
種別 王朝物語
概要 日本と唐土にまたがる恋や転生を中心とする浪漫的な物語

讃岐典侍日記

名称 讃岐典侍日記(さぬきのすけにっき)
作者 讃岐典侍藤原長子
年代 平安時代後期
種別 日記文学
概要 上巻は堀河天皇の看護、下巻は鳥羽天皇に関する内容を主に書いた日記

栄花物語

名称 栄花物語(えいがものがたり)
作者 不詳
年代 平安時代後期
種別 歴史物語
概要 1092年(寛治6年)までの15代約200年間の時代を描いた歴史物語

陸奥話記

名称 陸奥話記(むつわき)
作者 不詳
年代 平安時代後期
種別 軍記物語
概要 奥州の安部氏討伐の前九年の役(1051-1062)を扱った軍記物語

大鏡

名称 大鏡(おおかがみ)
作者 不詳
年代 平安時代後期
種別 歴史物語
概要 藤原氏の繁栄と政権争奪等を描いた歴史物語。鏡物と呼ばれる4つの歴史書である四鏡の一つ。

今昔物語集

名称 今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)
作者 不詳
年代 平安時代末期
種別 説話集
概要 天竺(インド)、震旦(中国)、本朝(日本)で構成される日本最大の説話集。全31巻、1000話以上の和漢混合文で書かれた説話が収められている。各話が「今は昔」で始まる事からこの書名になった。

梁塵秘抄

名称 梁塵秘抄(りょうじんひしょう)
作者 編者:後白河法皇
年代 平安時代末期
種別 歌謡集
概要 一条天皇の頃から約 150年に及ぶ今様 (いまよう) の歌詞と口伝を集めたもの

今鏡

名称 今鏡(いまかがみ)
作者 藤原為経(寂超)
年代 平安時代末期
種別 歴史物語
概要 後一条天皇から高倉天皇の間 (1025~1170) の朝廷および藤原、村上源氏両氏の歴史を主に記した歴史物語。鏡物と呼ばれる4つの歴史書である四鏡の一つ。

宝物集

名称 宝物集(ほうぶつしゅう)
作者 平康頼
年代 平安時代末期
種別 仏教説話集
概要 僧俗の対話形式で説話を援引した仏教説話集。説話ごとに作者の批評感想が付されている

山家集

名称 山家集(さんかしゅう)
作者 不詳
年代 平安時代末期
種別 西行法師の歌集
概要 3巻から成り、1569首が収められた西行法師の歌集。自撰か他撰かは不明

堤中納言物語

名称 堤中納言物語(つつみちゅうなごんものがたり)
作者 不詳
年代 平安時代後期以降
種別 短編物語集
概要 10篇の物語と1篇の断章を含んだ短編物語集

古本説話集

名称 古本説話集(こほんせつわしゅう)
作者 不詳
年代 平安末期から鎌倉初期
種別 説話集
概要 上巻は世俗説話46編,下巻は仏教説話24編を収める

宇治拾遺物語

名称 宇治拾遺物語(うじしゅういものがたり)
作者 不詳
年代 13世紀前半頃
種別 説話文学
概要 序文に、「宇治大納言物語に漏れた話やその後について書き集めた」とある説話文学。当時の口語を含む和文で書かれた約200の説話を収める。

新古今和歌集

名称 新古今和歌集(しんこきんわかしゅう)
作者 下命者:後鳥羽院 撰者:源通具、藤原有家、藤原定家、飛鳥井雅経、寂蓮(実際には後鳥羽院の親撰)
年代 1205年
種別 勅撰和歌集
概要 1978首が収められた勅撰和歌集

古事談

名称 古事談(こじだん)
作者 源顕兼
年代 1212~1215年(建暦2~建保3年)
種別 説話集
概要 奈良時代から鎌倉初期までの説話を集めたもの。王道后宮・臣節・僧行・勇士・神社仏寺・亭宅諸道の6編に分類される。

住吉物語

名称 住吉物語(すみよしものがたり)
作者 不詳
年代 1221年ごろ
種別 擬古物語
概要 継子いじめ譚

閑居友

名称 閑居友(かんきょのとも)
作者 慈円とされる
年代 1222年(承久4年)
種別 仏教説話集
概要 上巻21話・下巻11話から成る仏教説話集

海道記

名称 海道記(かいどうき)
作者 不詳
年代 1223年
種別 紀行文
概要 京都から鎌倉まで下り、帰京するまでを記した紀行文。中世三大紀行文の1つ。

建礼門院右京大夫集

名称 建礼門院右京大夫集(けんれいもんいんうきょうのだいぶしゅう)
作者 建礼門院右京大夫
年代 1232年(貞永元年)頃
種別 歌集
概要 女流歌人の藤原伊行の自叙伝的歌日記。平家の栄華と没落、源平争乱、平重盛の次男資盛(すけもり)との恋愛と死別などを記している。

新勅撰和歌集

名称 新勅撰和歌集(しんちょくせんわかしゅう)
作者 下命者:後堀河天皇 撰者:藤原定家
年代 1235年
種別 勅撰和歌集
概要 1374首が収められた勅撰和歌集

小倉百人一首

名称 小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)
作者 撰者:藤原定家
年代 1235年
種別 秀歌撰
概要 飛鳥時代から鎌倉時代初期までの代表的な歌人百人の和歌を一人一首ずつ集めて作られた秀歌撰

正法眼蔵随聞記

名称 正法眼蔵随聞記(しょうぼうげんぞうずいもんき)
作者 道元の弟子(懐奘)
年代 1235~1238年(嘉禎年間)
種別 仏書
概要 曹洞宗の開祖である道元の法談を弟子の懐奘(えじょう)が記録したもの。修行に対する覚悟や生活のあり方などが記されている。

今物語

名称 今物語(いまものがたり)
作者 藤原信実
年代 1239〜41年(延応1〜仁治2年)
種別 説話集
概要 平安末期から鎌倉時代にかけての説話53編を収めたもの

東関紀行

名称 東関紀行(とうかんきこう)
作者 不詳
年代 1242年
種別 紀行文
概要 京都東山から鎌倉までの道中について記した紀行文。中世三大紀行文の1つ。

続後撰和歌集

名称 続後撰和歌集(しょくごせんわかしゅう)
作者 下命者:後嵯峨院 撰者:藤原為家
年代 1251年
種別 勅撰和歌集
概要 1371首が収められた勅撰和歌集

十訓抄

名称 十訓抄(じっきんしょう)
作者 六波羅二臈左衛門入道こと湯浅宗業
年代 1252年(建長4年)
種別 説話集
概要 10箇条の教戒を立てて、およそ280の説話を集めた説話集

古今著聞集

名称 古今著聞集(ここんちょもんじゅう)
作者 橘成季
年代 1254年
種別 世俗説話集
概要 20巻、726話から成る説話集

立正安国論

名称 立正安国論(りっしょうあんこくろん)
作者 日蓮
年代 1260年(文応1年)
種別 仏教書
概要 天変地異を法華経にそむいた結果と断じて、正法・法華経を信じなければ安国にならないと述べた仏教書

続古今和歌集

名称 続古今和歌集(しょくこきんわかしゅう)
作者 下命者:後嵯峨院 撰者:藤原為家、藤原基家、藤原行家、藤原光俊、藤原家良
年代 1265年
種別 勅撰和歌集
概要 1915首が収められた勅撰和歌集

続拾遺和歌集

名称 続拾遺和歌集(しょくしゅういわかしゅう)
作者 下命者:亀山院 撰者:二条為氏
年代 1278年
種別 勅撰和歌集
概要 1459首が収められた勅撰和歌集

水鏡

名称 水鏡(みずかがみ)
作者 不詳
年代 鎌倉時代初期
種別 歴史物語
概要 神武天皇から仁明天皇まで、57代の間の出来事を記した歴史物語。鏡物と呼ばれる4つの歴史書である四鏡の一つ。

愚管抄

名称 愚管抄(ぐかんしょう)
作者 慈円
年代 鎌倉時代初期
種別 史論書
概要 全7巻から成り、皇帝年代記、神武天皇から順徳天皇までの歴史などが記されている。

方丈記

名称 方丈記(ほうじょうき)
作者 鴨長明
年代 鎌倉時代初期
種別 随筆
概要 作者が生きた時代の災禍や人生訓などが書かれた随筆

発心集

名称 発心集(ほっしんしゅう)
作者 鴨長明
年代 鎌倉時代初期
種別 仏教説話集
概要 鴨長明による仏教説話集。流布本は全8巻、102話から成る。

海道記

名称 海道記(かいどうき)
作者 不詳
年代 鎌倉時代初期
種別 紀行文学
概要 京都白河の隠士が1223年鎌倉に下って帰るまでを記した紀行文学

将門記

名称 将門記(しょうもんき)
作者 不詳
年代 鎌倉時代
種別 軍記物語
概要 平将門の乱を描いた軍記物語

源平盛衰記

名称 源平盛衰記(げんぺいせいすいき/げんぺいじょうすいき)
作者 不詳
年代 鎌倉時代
種別 軍記物語
概要 源氏、平家の盛衰興亡を描いた軍記物語

撰集抄

名称 撰集抄(せんじゅうしょう)
作者 不詳
年代 鎌倉時代
種別 説話集
概要 全9巻、121話の西行に仮託された説話集。

平家物語

名称 平家物語(へいけものがたり)
作者 不詳
年代 鎌倉時代
種別 軍記物語
概要 平家の興亡を描いた軍記物語

保元物語

名称 保元物語(ほうげんものがたり)
作者 不詳
年代 鎌倉時代前期
種別 軍記物語
概要 保元の乱を扱った軍記物語

平治物語

名称 平治物語(へいじものがたり)
作者 不詳
年代 鎌倉時代前期
種別 軍記物語
概要 平治の乱を扱った軍記物語

沙石集

名称 沙石集(しゃせきしゅう / させきしゅう)
作者 無住道暁が編纂
年代 鎌倉時代中期
種別 仏教説話集
概要 約130編の仏教説話集

うたたね

名称 うたたね
作者 阿仏尼
年代 鎌倉時代中期
種別 日記紀行文学
概要 青年貴族との恋愛と、恋に傷ついた作者の姿を描いた自伝小説風の回想記。

承久記

名称 承久記(じょうきゅうき)
作者 不詳
年代 鎌倉時代中期
種別 軍記物語
概要 承久の乱の経過を記し、論評を加えたもの

とはずがたり

名称 とはずがたり
作者 後深草院二条
年代 鎌倉時代中後期
種別 紀行文日記
概要 作者の14歳から49歳頃までの境遇や旅の記録などが綴られている

十六夜日記

名称 十六夜日記(いざよいにっき)
作者 阿仏尼
年代 鎌倉時代後期
種別 紀行文日記
概要 旅行記、鎌倉滞在記、鶴岡八幡宮奉納長歌の3部から成る。中世三大紀行文の1つ

歎異抄

名称 歎異抄(たんにしょう)
作者 唯円
年代 鎌倉時代後期
種別 仏教書
概要 18条から成る、浄土真宗の聖典

曾我物語

名称 曾我物語(そがものがたり)
作者 不詳
年代 鎌倉時代末頃
種別 軍記物語
概要 曾我兄弟の仇討ちを題材とした軍記物語

徒然草

名称 徒然草(つれづれぐさ)
作者 兼好法師
年代 鎌倉時代末期
種別 随筆
概要 兼好法師が自身の経験から得た考えや逸話などを書き綴った、244段から成る随筆

新後撰和歌集

名称 新後撰和歌集(しんごせんわかしゅう)
作者 下命者:後宇多院 撰者:二条為世
年代 1303年
種別 勅撰和歌集
概要 1607首が収められた勅撰和歌集

玉葉和歌集

名称 玉葉和歌集(ぎょくようわかしゅう)
作者 下命者:伏見院 撰者:京極為兼
年代 1312年
種別 勅撰和歌集
概要 2800首が収められた勅撰和歌集

続千載和歌集

名称 続千載和歌集(しょくせんざいわかしゅう)
作者 下命者:後宇多院 撰者:二条為世
年代 1320年
種別 勅撰和歌集
概要 2143首が収められた勅撰和歌集

続後拾遺和歌集

名称 続後拾遺和歌集(しょくごしゅういわかしゅう)
作者 下命者:後醍醐天皇 撰者:二条為藤、二条為定
年代 1326年
種別 勅撰和歌集
概要 1353首が収められた勅撰和歌集

風雅和歌集

名称 風雅和歌集(ふうがわかしゅう)
作者 下命者:花園院監修、光厳院 撰者:光厳院(親撰)
年代 1349年
種別 勅撰和歌集
概要 2211首が収められた勅撰和歌集

菟玖波集

名称 菟玖波集(つくばしゅう)
作者 二条良基・救済(ぐさい)共撰
年代 1356年(正平11=文和5年)
種別 連歌集
概要 准勅撰の連歌集。全20巻に付合2000余と発句190句が収められている。

新千載和歌集

名称 新千載和歌集(しんせんざいわかしゅう)
作者 下命者:後光厳天皇 撰者:二条為定
年代 1359年
種別 勅撰和歌集
概要 2365首が収められた勅撰和歌集

新拾遺和歌集

名称 新拾遺和歌集(しんしゅういわかしゅう)
作者 下命者:後光厳天皇 撰者:二条為明、頓阿
年代 1364年
種別 勅撰和歌集
概要 1920首が収められた勅撰和歌集

新後拾遺和歌集

名称 新後拾遺和歌集(しんごしゅういわかしゅう)
作者 下命者:後円融天皇 撰者:二条為遠、二条為重
年代 1384年
種別 勅撰和歌集
概要 1554首が収められた勅撰和歌集

新続古今和歌集

名称 新続古今和歌集(しんしょくこきんわかしゅう)
作者 下命者:後花園天皇 撰者:飛鳥井雅世
年代 1439年
種別 勅撰和歌集
概要 2144首が収められた勅撰和歌集

狂雲集

名称 狂雲集(きょううんしゅう)
作者 一休宗純
年代 1481年(文明13年)以前
種別 漢詩集
概要 室町時代の禅僧である一休宗純の詩集。没後に弟子たちによって増補されたと考えられている。

太平記

名称 太平記(たいへいき)
作者 不詳
年代 南北朝時代
種別 歴史文学
概要 鎌倉時代末期から南北朝中期までの約50年間の争乱を描いた歴史文学

増鏡

名称 増鏡(ますかがみ)
作者 不詳
年代 南北朝時代
種別 歴史物語
概要 1180年(治承4年) の後鳥羽天皇誕生から後醍醐天皇の隠岐からの還幸までの154年間の事跡を記した歴史書。鏡物と呼ばれる4つの歴史書である四鏡の一つ。

神皇正統記

名称 神皇正統記(じんのうしょうとうき)
作者 北畠親房
年代 南北朝時代
種別 歴史書
概要 日本建国の由来から後村上天皇までの事跡を記した歴史書

秋夜長物語

名称 秋夜長物語(あきのよのながものがたり)
作者 不詳
年代 南北朝時代
種別 御伽草子
概要 比叡山の桂海律師と三井寺の稚児、梅若の愛欲を描いたもの。

神道集

名称 神道集(しんとうしゅう)
作者 安居院唱導教団
年代 南北朝時代中期
種別 説話集・神道書
概要 諸国の神社の由来や縁起などを収めた説話集

義経記

名称 義経記(ぎけいき)
作者 不詳
年代 室町時代初期
種別 軍記物語
概要 源義経とその主従を中心に描いた軍記物語

お伽草子

名称 お伽草子(おとぎぞうし)
作者 不詳
年代 室町時代
種別 お伽草子
概要 14世紀から17世紀のあいだに誕生した400種類程の物語群。短編の絵入り物語

風姿花伝

名称 風姿花伝(ふうしかでん)
作者 世阿弥
年代 15世紀の初め頃
種別 能の理論書
概要 能楽の芸術論を述べた秘伝書

醒睡笑

名称 醒睡笑(せいすいしょう)
作者 安楽庵策伝
年代 1623年(元和9年)
種別 咄本
概要 仮名草子の笑話集。戦国末期から近世にかけての笑話を、全編42に分類し集めたもの。

五輪書

名称 五輪書(ごりんのしょ)
作者 宮本武蔵
年代 1643年(寛永20年)頃
種別 兵法書
概要 剣豪の宮本武蔵による兵法書。地水火風空の5巻に分かれ、地は兵法の大意、水は兵法の利、火は合戦の理、風は他流の評論、空は兵法の奥義について述べている。

御伽婢子

名称 御伽婢子(おとぎぼうこ)
作者 浅井了意
年代 1666年(寛文6年)
種別 仮名草子
概要 13巻67話から成る仮名草子の怪異奇談集

好色一代男

名称 好色一代男(こうしょくいちだいおとこ)
作者 井原西鶴
年代 1682年(天和2年)
種別 文芸作品
概要 主人公である世之介の54年にわたる好色生活を描いた文芸作品

野ざらし紀行

名称 野ざらし紀行(のざらしきこう)
作者 松尾芭蕉
年代 1685年(貞享2年)
種別 俳諧紀行
概要 芭蕉初の俳諧紀行文。江戸を出立して関西を遊歴し、帰るまでが記録されている。

猿蓑

名称 猿蓑(さるみの)
作者 去来・凡兆共編
年代 1691年(元禄4年)
種別 俳諧集
概要 芭蕉七部集(冬の日、春の日、あらの、ひさご、猿蓑、炭俵、続猿蓑)の一つ。発句・歌仙のほか幻住庵記・几右日記などを収められている。

世間胸算用

名称 世間胸算用(せけんむねさんよう)
作者 井原西鶴
年代 1692年(元禄5年)
種別 浮世草子
概要 大晦日に時間を絞り、商人や庶民の姿を描いた浮世草子

おくのほそ道

名称 おくのほそ道
作者 松尾芭蕉
年代 1702年(元禄15年)
種別 紀行及び俳諧
概要 江戸から奥州・北陸道を巡った旅行記

養生訓

名称 養生訓(ようじょうくん)
作者 貝原益軒
年代 1712年(正徳2年)
種別 教訓書
概要 健康長寿の秘訣を具体的な方法と精神論を合わせて説いた教訓書

誹風柳多留

名称 誹風柳多留(はいふうやなぎだる)
作者 呉陵軒可有(ごりょうけんあるべし)ほか
年代 1765~1840年(明和2~天保11年)
種別 川柳集
概要 万句合から、前句なしでも句意がわかるものを集め出版された。

江戸生艶気樺焼

名称 江戸生艶気樺焼(えどうまれうわきのかばやき)
作者 山東京伝
年代 1785(天明5年)
種別 黄表紙
概要 色男気取りの艶二郎が金に飽かせて浮き名を広めようとし、失敗するさまを滑稽に描いた作品

通言総籬

名称 通言総籬(つうげんそうまがき)
作者 山東京伝
年代 1787年(天明7年)
種別 洒落本
概要 「江戸生艶気樺焼」の続編の体裁で新吉原の大籬(おおまがき)での通のあり方を描いた洒落本

新花摘

名称 新花摘(しんはなつみ)
作者 与謝蕪村
年代 1797年(寛政9年)
種別 俳書
概要 与謝蕪村の俳諧句文集。随筆には怪異談が多く、俳論・見聞録なども収録されている。

うひ山ぶみ

名称 うひ山ぶみ(ういやまぶみ)
作者 本居宣長
年代 1798年(寛政10年)
種別 国学書
概要 国学の入門書として、研究の心構えや方法を記している。

東海道中膝栗毛

名称 東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)
作者 十返舎一九
年代 1802~1809年(享和2~文化6年)
種別 滑稽本
概要 洒落本の表現形式を使った滑稽本。弥次郎兵衛と喜多八の江戸から京坂までの珍道中を描く。人気となり、20年にわたって続編を出した。

浮世風呂

名称 浮世風呂(うきよぶろ)
作者 式亭三馬
年代 1809~1813年(文化6~10年)
種別 滑稽本
概要 銭湯に集まる江戸庶民の会話を通して、当時の生活の様子を描いた滑稽本。

骨董集

名称 骨董集(こっとうしゅう)
作者 山東京伝
年代 1813年(文化10年)
種別 随筆
概要 3巻4冊から成る考証随筆。近世の風俗などについて、その起源などを解説したもの。

おらが春

名称 おらが春(おらがはる)
作者 小林一茶
年代 1819年(文政2年)
種別 俳諧俳文集
概要 小林一茶による句文集。57歳の年の元旦から歳末までの見聞などを、長女の死を中心に発句を交えて記したもの。

春色梅児誉美

名称 春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)
作者 為永春水
年代 1832年-1833年
種別 人情本
概要 美男子の丹次郎と女たちとの三角関係を描いた人情本

雨月物語

名称 雨月物語(うげつものがたり)
作者 上田秋成
年代 江戸時代後期
種別 読本作品
概要 怪異幻想短編9編を収めた読本

南総里見八犬伝

名称 南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)
作者 曲亭馬琴
年代 江戸時代後期
種別 長編読本
概要 八犬士が力を合わせて里見家を再興する物語

まとめ

いかがでしたでしょうか。
名前は知ってるけど、読んだことは無い!という古典作品も多いと思います。
読みやすい現代語訳の本などもありますので、一度読んでみると新しい発見があるのでオススメですよ!


[関連記事]
万葉集古今和歌集百人一首枕草子方丈記徒然草雨月物語養生訓
作家、文豪人物年表|日本文学

Sponsored Link

シェアする

関連

関連