中部地方の伝統工芸品一覧

菅笠
Sponsored
Sponsored

福井県の伝統工芸品

福井県の国指定伝統的工芸品を一覧でまとめてご紹介します。

越前焼

福井県の越前町で主に作られている伝統工芸品、越前焼(えちぜんやき)。

今から約850年ほど前の平安時代、もともと須恵器を焼いていたものが、常滑の技術を導入し、焼き締め陶を作り始めたのが越前焼のはじまりといわれています。
硬くて丈夫な越前焼は、北海道南部から日本海沿岸地域などに船で運ばれ、水や穀物の貯蔵や藍染め、銭瓶などに重宝されました。

[産地情報]

名称 越前焼工業協同組合
住所 〒916-0273
福井県丹生郡越前町小曽原5-33

越前漆器

福井県で主に生産される伝統工芸品、越前漆器(えちぜんしっき)。

越前漆器の歴史は古く、6世紀まで遡ります。
後の継体天皇がまだ皇子の頃、冠の修理を越前の職人に命じると、その出来栄えに感動した皇子が漆器生産の奨励を行ったことが起源とされています。

越前漆器は渋下地を用いている為に非常に丈夫で、業務用の漆器としても高いシェアを誇り、旅館や飲食店などでも多く用いられています。

[産地情報]

名称 越前漆器協同組合
住所 〒916-1221
福井県鯖江市西袋町37-6-1

若狭塗

福井県で主に生産される伝統的工芸品、若狭塗(わかさぬり)。
卵殻や松葉、菜種やモミ殻などを用いる独特の模様が特徴的な漆器で、17世紀に小浜藩の塗師が大陸の「存星(ぞんせい)」という技法から着想を得て作り始めたのが起源とされています。

独特の模様は唯一無二の個性的なもので、とくに若狭塗の塗箸は人気となっています。

[産地情報]

名称 若狭漆器協同組合
住所 〒917-0061
福井県小浜市小浜玉前57-1

越前打刃物

福井県越前市で主に生産される伝統的工芸品、越前打刃物(えちぜんうちはもの)。
越前打刃物は14世紀、京都で刀匠をしていた千代鶴国安が移住し生産を始めたのがルーツとされています。

その後は藩の保護もあり、生産が拡大していきました。
主に包丁などの調理用具を生産していますが、その他にも農業や漁業の道具など、様々な製品が生産されています。

[産地情報]

名称 越前打刃物産地協同組合連合会
住所 〒915-0873
福井県越前市池ノ上町49-1-3

越前和紙

福井県越前市で主に生産される伝統的工芸品、越前和紙(えちぜんわし)。
多種多様な製品が生産されており、高品質な和紙として定評があります。

越前和紙の歴史は古く、6世紀頃まで遡ります。
室町時代には公家や貴族の公用紙として使用され、江戸時代には日本一の紙として「御上天下一」の印を押される程になりました。

その品質の高さから、横山大観などの日本画家にも使用されています。
また、越前和紙は原料の楮や三椏の繊維を丁寧に洗って不純物を取り除く為、虫が寄り付きにくいとされます。

[産地情報]

名称 福井県和紙工業協同組合
住所 〒915-0232
福井県越前市新在家町8-44

若狭めのう細工

福井県小浜市で主に生産される伝統的工芸品、若狭めのう細工(わかさめのうざいく)。
瑪瑙(めのう)の原石を加工して作られる工芸品で、置物やアクセサリーとして人気となっています。

[起源]
若狭めのう細工は8世紀の奈良時代、鰐族という渡来人が神社の前の街道で玉を作る仕事を始めたのがルーツとされています。
現在では、美術工芸品としての価値も高まっており、1976年には経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されました。

[特徴]
若狭めのう細工は原石に熱を加えて赤くし、研磨を行っていきます。
めのうは古くから七宝の一つに数えられ、その美しい赤色は広く愛されてきました。

[産地情報]

名称 (若狭めのう細工)小浜市 商工観光課
住所 〒917-8585
福井県小浜市大手町6-3

越前箪笥

福井県越前市や鯖江市で主に生産される伝統的工芸品、越前箪笥(えちぜんたんす)。
18世紀の後期頃から生産されており、欅や桐、檜や松といった良質な原料で作られます。

越前箪笥の塗装には拭き漆、春慶塗、呂色塗りが用いられます。

[産地情報]

名称 越前指物組合
住所 〒915-0827
福井県越前市平和町1-29

山梨県の伝統工芸品

山梨県の国指定伝統的工芸品を一覧でまとめてご紹介します。

甲州水晶貴石細工

山梨県で主に生産される伝統的工芸品、甲州水晶貴石細工(こうしゅうきせきざいく)。
水晶を加工して置物や装飾品が主に作られています。
1976年には経済産業省指定伝統的工芸品に指定されています。

[起源]
甲州水晶貴石細工は11世紀頃、御嶽昇仙峡から水晶の原石が発見されたのが起源とされています。
19世紀には鉄板の上に金剛砂をまき、水晶を磨く方技法が考案されました。

[特徴]
甲州水晶貴石細工は天然石を用いているため、素材となる石の形を活かした製品作りも行われます。
また、水晶はガラスの倍以上の硬度になっている為、加工には硬度の技術が必要になります。

産地情報

名称 山梨県水晶美術彫刻協同組合
住所 〒406-0032
山梨県笛吹市石和町四日市場1569
山梨県伝統産業会館内

甲州印伝

山梨県で生産されている伝統工芸品、甲州印伝(こうしゅういんでん)。
印伝とは、羊や鹿の皮をなめし、染色し表面に漆で模様を描いたものです。
昔は馬具・胴巻き・武具・巾着・銭入れなどに用いられていました。

現在では札入れ・印鑑入れ・ハンドバッグ・がま口など主にファッションアイテムとして印伝が使われています。

甲州手彫印章

山梨県で主に生産される伝統的工芸品、甲州手彫印章(こうしゅうてぼりいんしょう)。
高品質で名高い印章で、長く使える逸品として人気です。

2000年には経済産業省指定伝統的工芸品に指定されています。

[起源]
甲州手彫印章は既に江戸時代には生産されていたといわれています。
明治に入ると個人にも印章が必要になり、生産も拡大していきました。

[特徴]
甲州手彫印章は付近で良質な材料が採れる地の利を活かし、高品質な製品が生産されています。

産地情報

名称 山梨県印章店協同組合
住所 〒400-0053
山梨県甲府市大里町422-1
武山堂内

長野県の伝統工芸品

長野県の国指定伝統的工芸品を一覧でまとめてご紹介します。

信州紬

信州紬とは長野県で主に生産される伝統織物です。
長野県の全域で織られている織物(松本紬、上田紬、飯田紬、伊那紬、山繭紬)を総称して”信州紬”といいます。

1982年には経済産業省指定伝統的工芸品に指定されました。

[起源]
信州紬は奈良時代頃から織られていた「あしぎぬ」という織物が起源とされています。
そして江戸時代には信州全域で産地として栄え、京都などにも出荷されるようになりました。

[特徴]
信州紬は、真綿の手つむぎ糸を用いた素朴な風合いが特徴です。

[産地情報]

名称 長野県織物工業組合
住所 〒399-4106
長野県駒ヶ根市東町2-29
久保田織染工業株式会社内

木曽漆器

長野県で主に生産される伝統的工芸品、木曽漆器(きそしっき)。
17世紀頃、元々生産していた木製品を丈夫にする為に漆塗りを施したことが起源とされます。
その後は土産品としても人気となりました。

[特徴]
木曽漆器は豊富で良質な木材が採れる産地の特性を活かし、美しい木目を生かした塗りが施されます。
透漆を用いる木曽春慶(きそしゅんけい)といった技法が代表的で、シンプルな見た目と使いやすい木地とあいまって、用の美の漆器として人気となっています。

[産地情報]

名称 木曽漆器工業協同組合
住所 〒399-6302
長野県塩尻市木曽平沢2272-7

松本家具

松本家具とは長野県松本市、塩尻市、木曽郡木祖村、東筑摩郡明科町で主に生産される家具の総称で、伝統的工芸品にも指定されています。

[歴史]
松本家具は16世紀末頃に生産が始まったといわれています。
江戸時代には生産が拡大し産地として形成され、様々な製品が作られるようになりました。

また、松本家具は熟練した職人技によって手作業で作られる為、細かい部分まで精巧な作りとなっています。
木目の美しさを活かした作りで、日本人の生活に馴染む家具です。

[産地情報]

名称 松本家具工芸協同組合
住所 〒390-0811
長野県松本市中央4-7-5

松本家具の動画


Youtube上の「伝統工芸 青山スクエア」チャンネルでは、松本家具など様々な動画が公開されています。

南木曽ろくろ細工

長野県木曽郡南木曽町、下伊那郡清内路村で主に生産される伝統的工芸品、南木曽ろくろ細工(なぎそろくろざいく)。
美しい木目を活かした製品作りが特徴の木工品です。

18世紀頃には生産が始まっており、主に関西方面に輸出されていました。

木材をろくろで回転させながらカンナ等を用いて成形する南木曽ろくろ細工は、欅や栃などの良質な木材が用いられ、美しい木目を活かした製品が作られます。

[産地情報]

名称 南木曽ろくろ工芸協同組合
住所 〒399-5302
長野県木曽郡南木曽町吾妻4689

信州打刃物

長野県長野市、千曲市、上水内郡信濃町及び飯綱町で主に生産される伝統的工芸品、信州打刃物(しんしゅううちはもの)。
19世紀の前半に産地として形成されました。

片刃型で作られる為、薄くて軽い為、日常使いに最適とされます。

[産地情報]

名称 信州打刃物工業協同組合
住所 〒389-1312
長野県上水内郡信濃町富濃143-イ

飯山仏壇

長野県飯山市で主に生産される伝統的工芸品、飯山仏壇(いいやまぶつだん)。
飯山仏壇は17世紀頃から生産されていたとされ、仏教信仰の篤い土地柄も後押しして発展していきました。

良質な木材を用いてその上に蒔絵や金箔を施すため、豪華絢爛な美しい仏壇になります。
中の宮殿が見やすいように作られた弓長押も特徴とされます。

[産地情報]

名称 飯山仏壇事業協同組合
住所 〒389-2253
長野県飯山市大字飯山1436-1
飯山市伝統産業会館 内

内山紙

長野県飯山市、下高井郡野沢温泉村、下水内郡栄村で主に生産される伝統的工芸品、内山紙(うちやまがみ)。
戸籍台帳の用紙としても使われる程、丈夫な紙です。

[起源]
内山紙は17世紀、萩原喜右ヱ門という人物が美濃で技術を習得し、帰郷後に生産を始めたのが起源とされます。

[特徴]
内山紙は原材料に楮を用いている為、強度もあり保温性や通気性、通光性にも優れています。
楮を雪の上に晒す”雪晒し”によって生まれる白さは日焼けにも強く、戸籍台帳の用紙としても使われているほか、障子紙に使われる内山障子紙も有名です。

[産地情報]

名称 内山紙協同組合
住所 〒389-2322
長野県飯山市大字瑞穂6385

岐阜県の伝統工芸品

タイトルとURLをコピーしました