【和歌解説】鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける|中納言家持の百人一首6番歌の意味、読み、単語

夜更け
Sponsored

小倉百人一首にも収録されている、中納言家持の下記の和歌。

「鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける」

上記の中納言家持の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。

Sponsored

百人一首の第6首目の読み方と意味

まずは小倉百人一首に収録されている中納言家持の6番歌について、読み方と意味をみていきましょう。

鵲の渡せる橋に置く霜の
白きを見れば夜ぞ更けにける

中納言家持

【読み】
かささぎのわたせるはしにおくしもの
しろきをみればよぞふけにける

【意味】
鵲が渡したという橋に置いた霜が真っ白になっているのを見ると、夜もふけたということだろう。

【単語解説】
”鵲”:カラス科の鳥のこと。

百人一首の6番歌の解説

この和歌はかささぎが七夕の夜、天の川に翼を連ねて橋を掛け、織女を渡したという伝説を元にしています。

作者について

作者は大伴家持(おおとものやかもち)です。
ちなみに父は政治家で歌人の大伴旅人です。

小倉百人一首では中納言家持となっています。
三十六歌仙の一人で、万葉集を最終的に編集したのは家持とも言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は百人一首の6番歌、中納言家持の「鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける」の和歌について現代語訳と意味解説をさせて頂きました。
ご参考になれば幸いです。

[関連記事]
百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキングベスト20も!

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美