解説|月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど|大江千里の百人一首23番歌の意味、読み、単語

お月見
Sponsored

小倉百人一首にも収録されている、大江千里の下記の和歌。

「月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど」

上記の大江千里の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。

Sponsored

百人一首の第23首目の読み方と意味

まずは小倉百人一首に収録されている大江千里の23番歌について、読み方と意味をみていきましょう。

月見ればちぢにものこそ悲しけれ
わが身ひとつの秋にはあらねど

大江千里

【読み方】
つきみればちぢにものこそかなしけれ
わがみひとつのあきにはあらねど

【和歌の意味】
月を見ると、色々な物事が悲しく感じられる。私一人だけに来た秋ではないのだけれど。

【単語解説】
”月見れば”:月を見上げれば。
”ちぢに”:色々に。様々に。
”ものこそ悲しけれ”:物事が悲しい。

百人一首の23番歌の解説

秋の夜長に月を見上げ、悲哀に満ちた気分を詠んだ歌です。
漢詩の対句の技法で、「月」と「我が身」、「千々」と「ひとつ」が対応し、孤独感をより深めています。

作者について

作者は大江千里(おおえのちさと)。[生没年不明]
平安前期の歌人、貴族で、中古三十六歌仙の一人です。
在原行平・業平の甥にあたります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は百人一首の23番歌、大江千里の「月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど」の和歌について現代語訳と意味解説をさせて頂きました。
ご参考になれば幸いです。

[関連記事]
百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキングベスト20も!

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美