解説|小倉山峰の紅葉葉心あらば いまひとたびのみゆき待たなむ|百人一首|貞信公の26番歌の意味、読み、単語

紅葉
Sponsored

小倉百人一首にも収録されている、貞信公の下記の和歌。

「小倉山峰の紅葉葉心あらば いまひとたびのみゆき待たなむ」

上記の貞信公の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。

Sponsored

百人一首の第26首目の読み方と意味

まずは小倉百人一首に収録されている貞信公の26番歌について、読み方と意味をみていきましょう。

小倉山峰の紅葉葉心あらば
いまひとたびのみゆき待たなむ

貞信公

【和歌の読み方】
をぐらやまみねのもみぢばこころあらば
いまひとたびのみゆきまたなむ

【和歌の意味】
小倉山の峰のもみぢ葉よ、お前に心があるのなら、もう一度行幸があるからそれまで散らずに待っていて欲しい。

【単語解説】
”小倉山”:京都市の嵯峨にある山で、紅葉の名所として知られる。
”みゆき”:天皇の行幸のこと。

百人一首の26番歌の解説

拾遣集雑秋に「亭子院の大井川に御幸ありて、行幸もありぬべき所なりと仰せ給ふに、このよし奏せむと申して」と詞書のある歌。
宇多上皇が大井川に御幸した際にその景色に感動し、「我が子(醍醐天皇)にも見せたいものだ」と仰せられたのを作者が耳にして作られた歌です。

作者について

作者は貞信公(ていしんこう)。[880年〜949年]
貞信公は死後につけられた諡(おくりな)で、藤原忠平(ふじわらのただひら)として知られます。
基経の息子で、時平、仲平の弟です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は百人一首の26番歌、貞信公の「小倉山峰の紅葉葉心あらば いまひとたびのみゆき待たなむ」の和歌について現代語訳と意味解説をさせて頂きました。
ご参考になれば幸いです。

[関連記事]
百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキングベスト20も!

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美