解説|白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける|百人一首|文屋朝康の37番歌の意味と読み、現代語訳、単語

秋のすすき
Sponsored

小倉百人一首にも収録されている、文屋朝康の下記の和歌。

「白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける」

今回は上記の文屋朝康の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。

Sponsored

百人一首の第37首目の読み方と意味

まずは小倉百人一首に収録されている文屋朝康の37番歌について、読み方と意味をみていきましょう。

白露に風の吹きしく秋の野は
つらぬきとめぬ玉ぞ散りける

文屋朝康

【和歌の読み方】
しらつゆにかぜのふきしくあきののは
つらぬきとめぬたまぞちりける

【和歌の意味】
白露に風がしきりに吹きつける秋の野は、まるで緒でつなぎとめていない玉が散り乱れているようだ。

【単語解説】
”白露”:露のこと。
”吹きしく”:しきりに吹くこと。
”つらぬきとめぬ”:緒を通してつなぎとめていない。
”玉”:真珠のこと。

百人一首の37番歌の解説

草の上の露を玉に見立てて、風で散らばる玉の美しさを詠んだ歌です。

作者について

作者は文屋朝康(ふんやのあさやす)。[生没年不明]
平安前期の歌人、官人です。
文屋康秀(22番歌)の子にあたります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は百人一首の37番歌、文屋朝康の「白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける」の和歌について現代語訳と意味解説をさせて頂きました。
ご参考になれば幸いです。

[関連記事]
百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキングベスト20も!

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美