解説|やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな|百人一首|赤染衛門の59番歌の意味と読み、現代語訳、単語

お月見
Sponsored

小倉百人一首にも収録されている、赤染衛門の下記の和歌。

「やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな」

今回は上記の赤染衛門の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。

Sponsored

百人一首の第59首目の読み方と意味

まずは小倉百人一首に収録されている赤染衛門の59番歌について、読み方と意味をみていきましょう。

やすらはで寝なましものをさ夜更けて
かたぶくまでの月を見しかな

赤染衛門

【和歌の読み方】
やすらはでねなましものをさよふけて
かたぶくまでのつきをみしかな

【和歌の意味】
ためらわずに寝てしまえばよかったのに貴方をお待ちして、夜明けが来て沈むまで月を見ておりました。

【単語解説】
”やすらはで”:躊躇せずに。ためらわずに。
”寝なましものを”:寝てしまえばよかったのに。
”さ夜”:夜に同じ。「さ」は接頭語。
”かたぶく”:かたむくの古形。

百人一首の59番歌の解説

後に関白になる藤原道隆が作者の姉妹のもとに逢いに来ると約束していたのに来なかった為、作者が姉妹の気持ちになって詠んだ歌です。

作者について

作者は赤染衛門(あかぞめえもん)。[生没年不明]
平安中期の女流歌人で、中古三十六歌仙・女房三十六歌仙の一人です。
栄花物語の作者とされ、良妻賢母としても有名でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は百人一首の59番歌、赤染衛門の「やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな」の和歌について現代語訳と意味解説をさせて頂きました。
ご参考になれば幸いです。

[関連記事]
百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキングベスト20も!

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする

関連

四季の美