当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

解説|花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり|百人一首|入道前太政大臣の96番歌の読みと意味、単語と和歌現代語訳

フジバカマ
Sponsored

小倉百人一首にも収録されている、入道前太政大臣の下記の和歌。

「花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり」

今回は上記の入道前太政大臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。

Sponsored

百人一首の第96首目の読み方と意味

まずは小倉百人一首に収録されている入道前太政大臣の96番歌について、読み方と意味をみていきましょう。

花さそふ嵐の庭の雪ならで
ふりゆくものはわが身なりけり

入道前太政大臣

【和歌の読み方】
はなさそふあらしのにはのゆきならで
ふりゆくものはわがみなりけり

【和歌の意味】
花を誘って散らす嵐の庭は、花が雪のように降るが、ふりゆくのはわが身なのだなあ。

【単語解説】
”花さそふ”:花をさそって散らす。
”雪ならで”:雪ではなくて。
”ふりゆくもの”:「降りゆく」と「旧りゆく(老いてゆく)」をかけている。

百人一首96番歌の解説

小野小町の「花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに」を本歌とした歌です。

作者について

作者は入道前太政大臣。[1171〜1244年]
西園寺公経(さいおんじきんつね)として知られる、平安末期から鎌倉前期にかけての歌人・公卿です。
藤原定家の義弟にあたります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は百人一首の96番歌、入道前太政大臣の「花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり」の和歌について現代語訳と意味解説をさせて頂きました。
ご参考になれば幸いです。

[関連記事]
百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキングベスト20も!

参考/おすすめ書籍


古典
Sponsored
シェアする
四季の美をフォローする
Sponsored

関連

四季の美