今物語「やさし蔵人」原文と現代語訳・解説・問題

ダイモンジソウ
Sponsored

今物語(いまものがたり)は画家・歌人の藤原信実が編んだといわれる説話集で、鎌倉時代に成立しました。
五十三話からなる全一巻の本で、簡潔な和文体で記されています。

今回は高校古典の教科書にも出てくる今物語の中から「やさし蔵人(くらうど)」について詳しく解説していきます。

Sponsored

今物語「やさし蔵人」の解説

今物語でも有名な、「やさし蔵人」について解説していきます。

「やさし蔵人」の原文

大納言なりける人、小侍従ときこえし歌詠みに通はれけり。

ある夜、もの言ひて、暁帰られけるに、女の門を遣り出だされけるが、きと見返りたりければ、この女、名残を思ふかとおぼしくて、車寄せの簾に透きて、一人残りたりけるが、心にかかりおぼえてければ、供なりける蔵人に、

「いまだ入りやらで見送りたるが、ふり捨てがたきに、何とまれ、言ひて来。」

とのたまひければ、ゆゆしき大事かなと思へども、ほど経ふべきことならねば、やがて走り入りぬ。
車寄せの縁の際にかしこまりて、

「申せと候ふ。」

とは、さうなく言ひ出でたれど、何と言ふべき言の葉もおぼえぬに、折しもゆふつけ鳥、声々に鳴き出でたりけるに、「あかぬ別れの」と言ひけることの、きと思ひ出でられければ、

[物かはと君が言ひけむ鳥の音の 今朝しもなどか悲しかるらん]

とばかり言ひかけて、やがて走りつきて、車の尻に乗りぬ。
家に帰りて、中門に下りてのち、

「さても、何とか言ひたりつる。」

と問ひ給ひければ、「かくこそ。」と申しければ、いみじくめでたがられけり。

「さればこそ、使ひにははからひつれ。」

とて、感のあまりに、しる所などたびたりけるとなん。
この蔵人は内裏の六位など経て、「やさし蔵人」と言はれける者なりけり。

「やさし蔵人」の現代語訳

大納言であった人が、小侍従と申しあげた歌詠みの所にお通いなさっていた。

ある夜、契りを交わして、(大納言が)朝方お帰りになった時に、(車を)女の家の門からお出しになられたが、何気なく振り返って見ていると、この女が、名残を惜しむかのように、車寄せの簾に透けて、一人残っているのが、気になるように思われたので、供であった蔵人に、

「まだ(家に)入らずに見返っているのが、振り捨てて帰りにくいので、なんでもよいから、言って来なさい。」

とおっしゃったので、大変なことだなあと思ったけれど、時間がたってはならないことだったので、すぐに(家に)駆け入った。
車寄せの縁の端にかしこまって、

「(私から)申しあげなさいと言うことです。」

とは、あれこれ考えることなく言い出したけれど、何を言ってよいものか言葉もわからなかったが、ちょうどその時に鶏が、声々に鳴き出したので、「あかぬ別れの」と言った(小侍従の歌の)ことが、ふと思い出されたので、

[なんということもないと貴方が言っていた鳥の声が、今朝はどうして悲しいのでしょうか。]

とだけ(歌を)伝えて、(蔵人は)すぐに走って追いついて、車の後方に乗った。
(大納言)の家に帰って、中門に降りた後、

「それにしても、なんと言ったのか。」

と尋ねなさったところ、「このようです。」と申しあげたので、とても感心なさった。

「だからこそ、(おまえを)使いにと思ったのだ。」

と言って、感動のあまりに、統治していた領土などを授けたということだ。
この蔵人は内裏の六位などを経て、「風流心のある蔵人」と言われた者であった。

「やさし蔵人」の単語・語句解説

[きこえし]
申しあげた。

[もの言ひて]
契りを結んで。ともに一晩を過ごして。

[何とまれ、言ひて来]
なんでもよいから何か言って来なさい。

[ほど経べきことならねば]
時間がたってはならないことなので。

[何とか言ひたりつる]
なんと言ってきたのか。

[かくこそ]
このようです。

[いみじくめでたがられけり]
たいそう感心なさった。

[使ひにははかられつれ]
使いにしようと思った。

[感のあまりに]
感心のあまりに。

[しる所]
領土。

[たびたりける]
お与えになった。

*「やさし蔵人」でテストによく出る問題

○問題:「申せと候ふ。」とはどういう事か。
答え:女性との別れの悲しさを供の蔵人から申しあげよと、大納言から言われたということ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は今物語(いまものがたり)でも有名な、「やさし蔵人(くらうど)」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました