古事記「倭建命」原文と現代語訳・解説|日本最古の歴史書

シコンノボタン
Sponsored

古事記(こじき)は712年(和銅5年)に書かれた歴史書で、編者は太安万侶です。
今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる古事記の中から「倭建命」について詳しく解説していきます。

Sponsored

古事記「倭建命」の解説

古事記でも有名な、「倭建命」について解説していきます。

古事記「倭建命」の原文

そこより入り出でまして、走水の海を渡りし時に、その渡りの神、波を起こし、船を巡らせば、進み渡ること得ず。
しかして、その后、名は弟橘比売命、申しく、

「我、御子に代はりて、海の中に入らむ。御子は遺はさえし政を遂げ、返り言申すべし。」

と申しき。
海に入らむとするときに、菅畳八重、皮畳八重、絁畳八重をもつて波の上に敷きて、その上に下りましき。

ここに、その荒波おのづからなぎて、御船進むこと得たり。
しかして、その后の歌ひて言はく、

さねさし相模の小野に燃ゆる火の火中に立ちて問ひし君はも

故、七日の後に、その后の御櫛、海辺に寄りき。
すなはち、その櫛を取り、御陵を作りて納めおきき。

そこより入り出でまし、ことごとく荒ぶる蝦夷どもを言向け、また、山川の荒ぶる神たちを平らげ和して、帰り上り出でましし時に、足柄の坂本に至りて、御粮を食む所に、その坂の神、白き鹿となりて来立ちき。

しかして、すなはち、その食ひ残せる蒜の片端をもちて、待ち打ちしかば、その目に当てて、すなはち打ち殺しき。
故、その坂に登り立ちて、三度嘆きて、詔り給ひて言ひしく、

「あづまはや。」

と言ひき。
故、その国を名づけて、あづまといふ。
そこより出でまして、三重の村に至りし時に、また詔り給ひしく、

「我が足は三重に曲がれるがごとくして、はなはだ疲れたり。」

と詔り給ひき。
故、そこを名づけて、三重といふ。
そこより出でまして、能煩野に至りし時に、国を偲ひて、歌ひて言はく、

倭は国のまほろばたたなづく青垣山隠れる倭しうるはし

また、歌ひて言はく、

命の全けむ人はたたみこも平郡の山の熊樫が葉を髻華に挿せその子

この歌は、国偲ひ歌ぞ。
また、歌ひて言はく、

はしけやし我家の方よ雲居立ち来も

これは、片歌ぞ。
この時に、御病、いとにはかなり。
しかして、御歌に言はく、

乙女の床の辺にわが置きし剣の太刀その太刀はや

歌ひ終はりて、すなはち、崩りましき。

古事記「倭建命」の現代語訳

そこ(焼遣)から入って行かれて、走水の海を渡った時に、その海峡の神が、海を起こし、(倭建命の乗った)船を回転させたので、(海峡を)進み渡ることができない。
そこで、その(倭建命の)后で、名は弟橘比売命(という方が)、申し上げたことには、

「私が、御子(倭建命)に代わって、海の中に入りましょう。御子は、(景行天皇から)遣わされた政務を成し遂げ、(天皇に)ご報告申し上げねばなりません。」

と申し上げた。
海に入ろうとするときに、菅で編んだござを何枚も、毛皮の敷物を何枚も、粗く織った絹の敷物を何枚も(重ねて)それで海の上に敷いて、その上にお下りになった。
それで、その荒波は自然と静まって、御船は進むことができた。

相模の野原に燃える火の、その火中に立って呼びかけてくれたあなたよ。

それで、七日の後に、その后の御櫛が、海辺に流れ着いた。
そこで、その櫛を取り、御簾を作って(その中に櫛を)納め置いた。

(倭建命は)そこから奥に入って行かれ、ことごとく暴れる蝦夷たちを言葉によって従わせ、また、山川の暴れる神々を平定し帰順させて、(大和に)帰り上っておいでになる時に、足柄峠の坂の下に至って、お食事を食べている所に、その坂の神が、白鹿となってやって来た。

そこで、すぐに、その食べ残してあった野蒜の片隅で、待ち構えて打ったところ、その(白鹿の)目に当てて、たちまち打ち殺した。
そこで、(倭建命は)その坂に登り立って、三度嘆息して、おっしゃって言うことには、

「わが妻よ。」

と言った。
そこで、その国を名づけて、あづま(東)という。
そこからお出になって、三重の村に至った時に、またおっしゃったことには、

「私の足は三重に折れ曲がってしまったようになって、ひどく疲れてしまった。」

とおっしゃった。
それで、そこを名づけて、三重と言う。
そこからお出になって、能煩野に至った時に、(故郷である大和の)国を懐かしんで、歌って言うには、

大和は優れた国よ。重なり合った青い垣根のような木々の生い茂った(大和の)山々、その山々に囲まれた大和の国は美しい。

また、歌って言うには、

(私と違って)命の完全な人は、(たたみこも)平郡の山の大きな樫の木の葉を髪飾りにして挿せ。お前たちよ。

この歌は、望郷の歌である。
また、歌って言うには、

懐かしいよ。我が家の方から、雲が立ち上ってくることよ。

これは、片歌である。
この時に、ご病気が、急変して危篤状態になった。
そうして、(詠んだ)御歌に言うには、

乙女(美夜受比売)の寝床の辺りに、私が置いてきた太刀(草那芸の剣)、その太刀よ。

歌い終わって、たちまち、お亡くなりになった。

古事記「倭建命」の単語・語句解説

[入り出でまして]
(奥へと)入って行かれて。

[進み渡ること得ず]
進み渡ることができない。

[しかして]
そこで。

[后]
本来は天皇の夫人をさす語。

[申ししく]
申し上げたことには。

[遣はさえし政]
遣わされた政務。

[返り言]
使者が、帰ってからする報告。

[八重]
幾重にも重なっている様子を表す。

[下りましき]
(后が海の上に)お下りになった。

[荒波おのづからなぎて]
荒波が自然と静まって。

[言はく]
言うことには。

[小野]
野原。地名ではない。

[故]
それで。さて。

[海辺に寄りき]
(櫛が)海辺に流れ着いた。

[すなはち]
①即座、そのころ(名詞)、②つまり、そこで(接続詞)、③すぐに、たちまち(副詞)、の用法があるが、ここでは②の意で用いられている。

[御陵]
天皇・皇后の墓。

[荒ぶる]
暴れる。

[平らげ]
平定して。治めて。

[帰り上り出でましし時に]
(東国を平定して倭建命が)大和に帰り上っておいでになる時に。

[食む]
飲食する。

[来立ちき]
やって来た。

[待ち打ちしかば]
待ち構えて(蒜で白鹿を)打ったところ。

[詔り給ひて]
おっしゃって。

[言ひしく]
言ったことには。

[あづまといふ]
東国、の意の「あづま」は、倭建命が入水した弟橘比売命を想って発した「わが妻よ。」という言葉が起源である、ということ。

[また詔り給ひしく]
またおっしゃったことには。

[三重に曲がれるがごとくして]
三重に折れ曲がってしまったようになって。

[国を偲ひて]
「国」は倭建命の故郷である大和の国をさす。

[まほろば]
優れた場所の意。

[山隠れる]
山々に囲まれた。

[倭しうるはし]
大和の国は美しい。

[その子]
お前たちよ。

[国偲ひ歌]
望郷の歌。

[雲居立ち来も]
雲が立ち上ってくることよ。

[にはかなり]
突然だ。急だ。

[床の辺にわが置きし剣の太刀]
「床」は、ここでは寝床のこと。(美夜受比売の)寝床の辺りに、私が(自分で)置いてきた太刀(草那芸の剣)。

[すなはち]
ここでは副詞で、すぐに、たちまちに、…するやいなや、の意。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は古事記でも有名な、「倭建命」についてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
古典作品一覧|日本を代表する主な古典文学まとめ

参考/おすすめ書籍


タイトルとURLをコピーしました