民陶むら祭!春&秋2019年の開催情報|交通アクセス&駐車場|小石原焼

福岡県朝倉郡東峰村で開催される、民陶むら祭。
「春の民陶むら祭」と「秋の民陶むら祭」の年2回開催され、毎年多くの焼き物ファンが訪れます。

今回はそんな民陶むら祭についてご紹介します。

[関連記事]
陶器市開催情報一覧まとめ|日本全国の有名陶器市
日本の焼き物の一覧。陶器と磁器の違いから、産地別の特徴まとめ

民陶むら祭とは

民陶むら祭とは福岡県朝倉郡東峰村で開催される陶器市です。
約50程の窯元が参加し、期間中は小石原焼や高取焼が通常価格よりも2割以上安く買えるという事で、春の民陶むら祭期間中には10万人もの人が訪れます。

また、焼き物の販売だけでなく、地元のグルメや絵付け体験など様々な催しも行われています。

2017年の九州北部豪雨では半数以上の窯元が被災しましたが、現在ではほぼ元通りの生産体制に戻っています。
更に産地を応援していく為にも、是非足を運んで製品を買う事で応援しましょう!

今年の開催情報

民陶むら祭は「春の民陶むら祭」と「秋の民陶むら祭」があり、開催情報は下記の通りです。

[春の民陶むら祭]
2018年:5月3日~5日
2019年:5月3日~5日
2020年:5月3日~5日

[秋の民陶むら祭]
2018年:10月6日~8日
2019年:10月12日〜14日
2020年:10月開催予定

民陶むら祭へのアクセス

民陶むら祭の交通情報をご紹介します。

電車・バスでのアクセス

民陶むら祭へ電車で行く場合は、JR添田駅を目指しましょう。
春にはJR添田駅から無料送迎バスが運行していますが、秋には無いので注意が必要です。
(JR添田駅からはバスで1時間かかります)

福岡市内からの直行臨時バスは春・秋共に運行しています。
詳しくは東峰村観光情報サイトをご覧下さい。

車でのアクセス

民陶むら祭へ車で行く場合は、杷木ICを目指しましょう。
杷木ICから20分程で会場に到着します。
なお、民陶むら祭期間中は道も混雑して渋滞の可能性もありますので、その点も考慮しておきましょう。

駐車場

期間中は会場周辺に臨時駐車場が用意されています。
しかし満車で車を駐車出来ないという事態を避けるためにも、早めに会場に到着した方が良いと思います。

周辺おすすめスポット

せっかく民陶むら祭に行くのなら、周辺観光も楽しみたい!という方の為におすすめスポット&宿泊施設情報をご紹介します。

道の駅 小石原


地元の農産物や名産品を購入する事が出来る、道の駅 小石原
休憩がてら寄るのもオススメです。
焼き物はもちろん、柚子胡椒も有名です。

行者杉・行者堂


林野庁の森の巨人たち百選に指定されるほどの巨木をみる事が出来る、行者杉・行者堂
修験者たちが峰入修行の際に植栽したものが行者杉となっています。

棚田親水公園


地元住民の方々の飼育・保護活動によって、今でもたくさんの蛍をみる事が出来る、棚田親水公園
陶器市期間中ではないですが、毎年夏には河川プールが整備される人気のレジャースポットです。

民陶むら祭周辺の宿泊施設

民陶むら祭に行くのなら、宿泊してしまうのもオススメです。
色々な観光スポットも巡れますし、民陶むら祭もゆっくり楽しむ事が出来ます。

民陶むら祭周辺の宿だと、筑後川温泉 虹の宿 ホテル花景色原鶴温泉 ビューホテル平成が近くてオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
福岡県朝倉郡東峰村で開催される、民陶むら祭。
是非一度行ってみて下さいね。

[関連記事]
陶器市開催情報一覧まとめ|日本全国の有名陶器市
日本の焼き物の一覧。陶器と磁器の違いから、産地別の特徴まとめ

Sponsored Link

シェアする

関連

関連