大分県の伝統工芸品一覧

竹
Sponsored

九州地方東部に位置し、”おんせん県”としても有名な大分県。
今回はそんな大分県にある伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介します。

Sponsored

大分県の伝統工芸品

大分県の国指定伝統的工芸品を一覧でまとめてご紹介します。

別府竹細工

大分県大分市、別府市、日田市、杵築市、由布市、速見郡日出町で主に生産される伝統的工芸品、別府竹細工(べっぷたけざいく)。
原料に良質な竹を用い、素材の良さを生かした製品が作られます。

[起源]
別府竹細工は14世紀頃、行商に用いられる籠作りを始めたのが起源とされています。
原料にはマダケ、ハチク、クロチクといった竹が用いられます。

塗装などは行わず、竹の美しさを生かした製品が作られます。

産地情報

名称 別府竹製品協同組合
住所 〒874-0930
大分県別府市光町1-5
岩尾竹籃内

その他の伝統工芸品

経産大臣指定の伝統的工芸品以外も含めると、大分県には下記の伝統工芸品もあります。

箭山紬、小鹿田焼、神埼瓦、日田漆器、別府つげ細工、日田下駄、唐木製品、別府竹細工、田染石塔、姫ダルマ、キジ車、長州御殿灯籠、い草工芸品

大分県の伝統工芸品動画


Youtube上の「伝統工芸 青山スクエア」チャンネルでは、別府竹細工など様々な伝統工芸品を紹介する動画を公開しています。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は大分県の伝統工芸品を一覧でまとめてご紹介しました。

その他については下記の関連記事をご覧下さい。

[関連記事]
日本の伝統工芸品まとめ

タイトルとURLをコピーしました