丹波焼陶器まつり2018年の開催情報|交通アクセス&駐車場|篠山市の陶器市

兵庫県篠山市で開催される、丹波焼陶器まつり。
2018年は10月20日(土)、21日(日)の2日間に開催されます。

今回は丹波焼陶器まつりについてご紹介します。

【目次】
丹波焼陶器まつりとは
アクセス情報
周辺おすすめスポット
まとめ

関連記事:日本の焼き物の一覧。陶器と磁器の違いから、産地別の特徴まとめ

丹波焼陶器まつりとは

2018年に第41回目を迎える、丹波焼陶器まつり。
兵庫県篠山市の今田町一帯で開催され、毎年多くの来場者が訪れています。

メインイベントはなんといっても陶器市。
窯元40軒ほどが集まり、様々な丹波焼が展示・販売されます。

また陶器市だけではなく、地元の農産物の販売や飲食コーナー、そして特産品の抽選会も行われるなど、家族で楽しめるイベントとなっています。

丹波焼陶器まつりへのアクセス

丹波焼陶器まつりの交通情報をご紹介します。

電車でのアクセス

丹波焼陶器まつりへ電車で行く場合は、JR「相野駅」を目指しましょう。
相野駅から会場の立杭陶の郷へは臨時シャトルバス(有料)が出ています。

一度会場へ着いてしまえば、それぞれのイベント会場は無料循環バスで巡る事が出来ます。

車でのアクセス

丹波焼陶器まつりへ車で行く場合のルートは下記の通りです。

・舞鶴若狭自動車道「三田西IC」から約10分、「丹南篠山口IC」下車から約20分
・中国自動車道「滝野社IC」から国道372号線を東へ約30分
・阪神方面から国道176号線を北上、三田市「四ツ辻信号」左折し約10分

なお、丹波焼陶器まつり期間中は交通規制も行われており、道も混雑して渋滞の可能性もありますので、その点も考慮しておきましょう。

駐車場

スムーズに楽しむためには車ではなく、公共交通機関の利用がおすすめです。
それでも車で行くしかないという方もいると思いますので、そういう場合は満車で車を駐車出来ないという事態を避けるためにも、早めに会場に到着した方が良いと思います。

今田小学校駐車場をはじめ、いくつかの駐車場が用意されていますが数は限られています。

周辺おすすめスポット

せっかく丹波焼陶器まつりに行くのなら、周辺観光も楽しみたい!という方の為におすすめスポット&宿泊施設情報をご紹介します。

丹波篠山渓谷の森公園
丹波篠山渓谷の森公園は大自然の中で遊べる緑豊かな公園です。
篠山城跡


篠山城跡は慶長14年(1609年)に徳川家康が天下普請で築いたお城です。
初代城主は、松平康重。現在、建物は残っていませんが石垣や外堀が残っています。

こんだ薬師温泉ぬくもりの郷
こんだ薬師温泉ぬくもりの郷は大きな露天風呂が魅力の温泉施設です。地元の農産物やジェラート販売なども行っています。

丹波焼陶器まつり周辺の宿泊施設

丹波焼陶器まつりに行くのなら、宿泊してしまうのもオススメです。
色々な観光スポットも巡れますし、丹波焼陶器まつりもゆっくり楽しむ事が出来ます。

丹波焼陶器まつり周辺の宿だと、ホテル メルクスプラザホテル三田さんだサンライズホテルなどが近くてオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
兵庫県の篠山市で開催される、丹波焼陶器まつり。
是非一度行ってみて下さいね。

関連記事:日本の焼き物の一覧。陶器と磁器の違いから、産地別の特徴まとめ

Sponsored Link

シェアする

関連

関連