常滑焼まつり2018年の開催情報|交通アクセス&駐車場

tsuneさん(@nawh5)がシェアした投稿


2018年で第51回を迎えた、愛知県の常滑焼まつり。
例年は夏に開催されていましたが、2017年から秋の開催に変更されています。
2018年は10月13日(土)、14日(日)の2日間に開催されます。

今回は常滑焼まつりについてご紹介したいと思います。

【目次】
常滑焼まつりとは
アクセス情報
 電車
 
おすすめスポット&宿泊情報
まとめ

[関連記事]
急須と言えば常滑焼、日本一のシェアを誇るその秘訣とは?
日本の焼き物の一覧。陶器と磁器の違いから、産地別の特徴まとめ

常滑焼まつりとは


常滑焼まつりは焼き物の里として有名な愛知県常滑市で開催される陶器市です。
特に急須が常滑焼では有名ですよね。
常滑焼まつりは主要4会場で開催され、常滑駅から各会場を巡る無料シャトルバスも運行されています。

常滑焼まつりの開催期間中は焼き物の窯元や問屋、陶芸作家が出店しており、通常価格の2〜5割引で販売されているものもあります。

また、常滑焼まつりの陶器市としての特色として、ボートレースとこなめが会場の一つになっている点があります。
常滑焼まつりの開催に合わせて、ボートレースに乗る事が出来るボートレーサー体験会なども行われるんです!

この他にも伝統工芸士による実演や、イオンモール常滑では陶芸体験会など、楽しいイベントも盛りだくさんとなっています。

常滑焼まつりへのアクセス情報

ここで、常滑焼まつりの交通情報をご紹介します。

電車で行く場合

電車で行く場合は、名鉄「常滑」駅を目指しましょう。
常滑駅から各会場への無料シャトルバスが運行しておりますので、歩きすぎて疲れた!という心配も不要ですよ。

無料シャトルバスについて

常滑焼まつりの無料シャトルバスは約30分間隔で運行していますので、気軽に利用する事が出来ます。
運行時間は朝の9時〜17時まで。

【無料シャトルバス運行箇所】
・名鉄常滑駅
・ボートレースとこなめ
・南駐車場
・イオンモール常滑
・セラモール

車で行く場合

車で行く場合は、常滑ICで降りましょう。
そこから「常滑インター入り口」信号を右折して5分ほどです。

駐車場

常滑焼まつり周辺の駐車場で一番大きいのは、イオンモール常滑の駐車場です。
およそ4000台が停める事が出来ます。
駐車料金は6時間以内なら無料、以降は30分/200円です。

次に大きい駐車場は、ボートレースとこなめの駐車場
およそ3000台が駐車可能です。
駐車料金は無料です。

この他にもセラモール、やきもの散歩道にも駐車場はありますが、セラモールは300台、やきもの散歩道は50台ほどなので満車や渋滞についても考慮した方が良さそうです。

おすすめスポット

せっかく常滑焼まつりに行くのなら、周辺観光も楽しみたい!という方の為におすすめスポット&宿泊施設情報をご紹介します。

中部国際空港 セントレア
中部国際空港 セントレアは、飛行機に乗らなくても楽しめる空港です。
食事処やショッピング施設はもちろん、風の湯という入浴施設もあります。
めんたいパークとこなめ
めんたいパークとこなめは、かねふくが運営する明太子工場です。
工場見学や直売店などがあります。
INAXライブミュージアム
INAXライブミュージアムは、文化展示やワークショップで楽しむ事が出来る体感・体験型ミュージアムです。

常滑焼まつり周辺の宿泊施設

常滑焼まつりに行くのなら、宿泊してしまうのもオススメです。
色々な観光スポットも巡れますし、常滑焼まつりもゆっくり楽しむ事が出来ます。

常滑焼まつり周辺の宿だと、ホテルルートイン常滑駅前スプリングサニーホテル名古屋常滑が駅からも近くてオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
焼き物の里で開催される常滑焼まつりは、焼き物好きにはたまらない陶器市の一つです。
是非一度行ってみて下さいね。

[関連記事]
急須と言えば常滑焼、日本一のシェアを誇るその秘訣とは?
日本の焼き物の一覧。陶器と磁器の違いから、産地別の特徴まとめ


Sponsored Link

シェアする

関連

関連